« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その6 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その7 »

2013年6月29日 (土)

弘南鉄道大鰐線、廃止検討

北海道新幹線工事レポートはいったん休憩して、久しぶりにタイムリーな話題。

いずれは出ると思っていましたが、弘南鉄道大鰐線(中央弘前-大鰐)が2016(平成28)年度末を以って廃止が検討されているとの報道です。

まずは所要時間と運賃をJRと比較します。

弘南鉄道大鰐線28分 420円(起終点含む14駅)
JR東日本奥羽線11分 230円(弘前-大鰐温泉間の途中駅は石川のみ)

私は弘南鉄道には乗ったことがないのですが、比較してみてみると弘前-大鰐間はJRのほうが速くて安いです。

弘南鉄道のほうは駅間距離が2km未満で、沿線には高校・大学が立地するのが特徴といえば特徴で、途中駅には経営安定化のカギとなる集客力のあるスポットが正直言って存在しません。これは十和田観光電鉄も同様でした。

弘前市や大鰐町は会社側からの説明がないなどと、不快感をしめしたり、戸惑っているそうですが、1970年に弘前電気鉄道から経営権の譲渡を受けた時点から赤字路線だったわけで、ピーク時比14.8%という利用客の少なさであれば廃止されて当たり前です。弘南鉄道はすでに行政補助を受けた経緯から、金が無い沿線自治体から補助はこれ以上受けられないヨという話をしていたようですが、かなり良心的な決断をしたと言わざるを得ません

弘南鉄道の社長は、公共交通の役割は理解しているとした一方で、経営者として職員(社員)とその家族の生活も守らなければならないとおっしゃっていましたが、私はこの考え方は100パーセント支持したいと思います。

経営者の理想像としては利用客の増加か一定の支援を恒久的に受けるなどで経営を安定させ、社員とのその家族を守るというところでしょう。
しかし、行政から一定の支援を受け続けるってのは私鉄ではなく第3セクターってことになっちゃうでしょうし、利用客を増やす方法ってのは見つかるもんなんでしょうか?私は見つかるとは到底思えません。

批判ばっかりしてもしょうがないんで私から適当感漂う一案出しますが、廃止された軌道敷地を使って行政支援で改修し、BRTあたりをやるのはどうでしょう?
弘南鉄道側では代替交通手段はすでにJRとバスがあるから十分としているようですから、行政側が「廃止されて困る」というのであれば、行政や民間支援でやるべきですね。

私はかつて十和田観光電鉄廃止の話が出始めた時、ゆくゆくは青森県の私鉄は全滅するかもしれないと申し上げましたが、残念ながら今回も青森県民の皆様には鉄道の存続ってのは決して甘いモンじゃないってことをご認識いただかざるを得ないのではないでしょうか?

|

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その6 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その7 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/52227022

この記事へのトラックバック一覧です: 弘南鉄道大鰐線、廃止検討:

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その6 | トップページ | 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年5月~その7 »