« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月28日 (火)

2013年5月~はやぶさ4号各駅通過時刻と平均速度

今回は4B(はやぶさ4号)のデータです。U18編成が充てられました。                                                                                                                                                                                                                                                                

上り 駅間
    距離
時刻表所定 実際通過時刻 駅間
    所要時間
駅通過時GPS速度 駅間
    平均速度
備考
新青森 6:17 6:17:21
45.70 0:12:08 225.989011
七戸十和田 6:29:29 253
36.10 0:10:31 205.9587956
八戸 6:40 6:40:00
6:41 6:41:28
30.90 0:08:47 211.0815939
二戸 6:50:15 249
34.60 0:08:22 248.12749
いわて沼宮内 6:58:37 249
31.10 0:10:29 177.9968203
盛岡 7:10 7:09:06 S12、14番線に在線
7:11 7:11:16
33.40 0:08:21 240
新花巻 7:19:37 302
14.50 0:02:55 298.2857143
北上 7:22:32 299
17.30 0:03:27 300.8695652
水沢江刺 7:25:59 299
25.00 0:05:00 300
一ノ関 7:30:59 300 94B追い抜き
20.60 0:04:09 297.8313253
くりこま高原 7:35:08 299
21.90 0:04:21 302.0689655
古川 7:39:29 289
38.40 0:10:31 219.0808241
仙台 7:50 7:50:00
7:52 7:52:17
39.20 0:10:50 217.1076923
白石蔵王 8:03:07 316
31.10 0:06:47 275.0859951
福島 8:09:54 155 4124B追い抜き
41.20 0:09:25 262.5132743
郡山 8:19:19 316
35.50 0:06:47 314.004914
新白河 8:26:06 317
26.00 0:04:56 316.2162162
那須塩原 8:31:02 316
43.40 0:08:17 314.3661972
宇都宮 8:39:19 270
28.70 0:06:20 271.8947368
小山 8:45:39 270
49.00 0:13:07 224.1423126
大宮 8:59 8:58:46
9:00 9:00:09
27.70 0:18:48 88.40425532
上野 9:18:57 不明
3.60 0:04:48 45
東京 9:23 9:23:45 駅手前で一旦停止

こちらはGPSデータです。
201305214_2 ←距離は新青森起点。

次回から、北海道新幹線2013年5月分レポート開始です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月27日 (月)

2013年5月~はやぶさ5号各駅通過時刻と平均速度

今回も各駅通過時刻と平均速度を載せます。
新幹線乗車はダイヤ改正・320km/h運転開始後に初めてとなったので、前回2012年末~2013年始)と比較してみるのも面白いかもしれませんよ。

まずは5B(はやぶさ5号)です。この日はU6編成。                                                                                                                                                     

下り 駅間
    距離
  時刻表所定 実際通過時刻 駅間
    所要時間
駅通過時GPS速度 駅間
    平均速度
備考
東京   8:20 8:20:58    
  3.60       0:03:49   56.59388646  
上野       8:24:47   不明    
  27.70       0:18:30   89.83783784  
大宮   8:43 8:43:17   253B追い抜き
8:44 8:44:43
  49.00       0:14:15   206.3157895  
小山       8:58:58   142   小山手前で減速→加速
  28.70       0:06:47   253.8574939  
宇都宮       9:05:45   269   127B追い抜き
  43.40       0:08:24   310  
那須塩原       9:14:09   312    
  26.00       0:05:00   312  
新白河       9:19:09   315    
  35.50       0:06:47   314.004914  
郡山       9:25:56   314    
  41.20       0:07:51   314.9044586  
福島       9:33:47   315    
  31.10       0:05:56   314.494382  
白石蔵王       9:39:43   315    
  39.20       0:10:57   214.7945205  
仙台   9:51 9:50:40    
9:52 9:52:43  
  38.40       0:10:04   228.8741722  
古川       10:02:47   314   4103B追い抜き
  21.90       0:04:10   315.36  
くりこま高原       10:06:57   314    
  20.60       0:03:58   311.5966387  
一ノ関       10:10:55   314    
  25.00       0:04:46   314.6853147  
水沢江刺       10:15:41   314    
  17.30       0:03:19   312.9648241  
北上       10:19:00   314    
  14.50       0:02:46   314.4578313  
新花巻       10:21:46   317    
  33.40       0:09:07   219.8171846  
盛岡   10:31 10:30:53    
10:32 10:32:44  
  31.10       0:09:35   194.7130435  
いわて沼宮内       10:42:19   256    
  34.60       0:08:05   256.8247423  
二戸       10:50:24   255    
  30.90       0:07:13   256.9053118  
八戸       10:57:37   251    
  36.10       0:08:35   252.3495146  
七戸十和田       11:06:12   253    
  45.70       0:13:00   210.9230769  
新青森   11:19 11:19:12    

こっちはGPSログデータ。

201305175→距離は東京起点。

次回は4B(はやぶさ4号)のデータをアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月25日 (土)

E5系本気モード、乗車レポート

今回はE5系の乗車レポです。何と言っても320km/hですから、その乗り心地は3時間みっちり感じ取るつもりで行きました。もちろんGPSも大活躍です。

往路ははやぶさ5号に乗車しました。
東京-大宮間は書くことがないとして、大宮を出て上越新幹線との分岐・合流点付近では大体250km/hくらいで、その後すぐに270km/hへ到達します。
この日は小山市に入る直前から110km/hくらいまで減速、小山手前から再加速しましたが、おおむね大宮-宇都宮間は270km/hを維持し、宇都宮からさらに加速していよいよ最高速度320km/hとなりました。
かつて私は300km/hを少し切るくらいの速度を維持すれば東京-新青森間2時間59分で走破できると予測していましたが、実際は315km/h前後をキープしていました。停車時分が私の予想と実際が違っていたためですね。駅停車の実際は時刻表所定よりも相当の余裕を持って走らせているようです。

現行ダイヤが発表された時、私は盛岡-八戸間も余裕時間のカットがされていると指摘しましたが、実際はやはり平均通過速度が上がっています

復路ははやぶさ4号。
乗車前に時刻表を確認したんですが、仙台-大宮間で最速ダイヤよりも2分程度余裕を設けています。仙台のホーム使用の時刻と福島追い越しの関係でしょうかね。

盛岡-仙台間では、盛岡発車後に一旦315km/hまで速度が上がりましたが、すぐに300km/h程度まで下がり、以後は仙台到着までキープしてました。

仙台-大宮間においては、時間調整のためか、福島付近で一旦150km/hまで減速してしまいました。150km/hからの速度回復はかなりゆっくり行われ、310km/h超の速度となったのは本宮付近でした。

ここのほかは基本的には仙台‐宇都宮間315km/hと宇都宮-大宮間270km/hの維持はされていましたね。

乗り心地面では、特に下り列車において少々バタつくような揺れが目立ったような気がします。揺れを抑えるために何か軌道保守に関して変更点が出るんだろうか、E6系ベースのEast-iを造っちゃったりするんだろうか、などと勝手に想像してしまいましたね。といっても危険を感じるほどじゃあないんですが。台車や車体が音を出さずに揺れていたからでしょうか。
車内騒音は300km/h時と比べて、体感上ほとんど変わらないと思いました。揺れについては軌道側の問題なのか、アクティブサスの制御の問題なのかはわかりませんが、私個人的には前述したように乗客に危険・恐怖を感じさせる揺れではないように思っています。
乗り心地についてJR東日本自身も300km/hと320km/hではほとんど変わらないことを雑誌でコメントしてましたが、なるほど自賛していたのが納得できました。

今後320km/h運転の本数が増えてくるので、私としては軌道保守をどのように行い乗り心地がどう変わっていくのかに注目したいですね。

次回は今回の帰省の乗車データを載せたいと思いますのでお楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月21日 (火)

ただいま~

どうもです、青湘遊郎です。

今日の昼頃に関東の自宅に到着し、さっそく今回のレポートの準備を始めております。

今回はいつもの北海道新幹線工事レポートに加え、320km/h運転を開始したE5系の乗車レビュー「青い森鉄道に物申す」については青森市内2駅の追記もしたいと思いますので、お楽しみにどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月18日 (土)

すでに青森入りしてま〜す。

皆さんこんばんは、青湘遊郎でございます。

昨日、最高速度320km/hで北上し、青森入りが完了しております。3時間切りはやっぱり早い、と昨日のE5系の走りの余韻にひたりつつ、皆さんお待ちかねの北海道新幹線青森県内部分の取材準備中です。


E5系乗車レビューを含め、近日中にレポート開始したいと思っとりますので、お楽しみに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月11日 (土)

浅虫温泉-青森を経由せず、新青森方面へ直行する列車が欲しい!

青い森鉄道に物申すシリーズ、ふと気が付きゃ青森市を脱出しないまんま相当ほったらかしにしてました。
今さら感も漂いますが、いちおう最後までやり通すつもりではありますので、お付き合いください。

今回は浅虫温泉です。

青い森鉄道の主要駅の1つで、道の駅ゆ~さ浅虫が隣接しています。また、少しばかり名が通った温泉街であるためか、新幹線開業したての時期は一応の利用客増加があったようです。

ただ、個人的には新幹線で青森まで訪れた観光客が浅虫温泉に足を伸ばしやすいかといえば、そうとは言えないと思ってます。鉄道でのアクセスはムダに時間を食ってますからね。

そこで再度提案したいのは、奥羽貨物線の活用です。

青森の記事でも述べましたが、千刈踏切-青森-旭町地下道の通過だけで10分ロスしてしまっており、「新青森から浅虫温泉・野辺地・下北方面への観光輸送」の役割を青い森鉄道に担わせるのは酷な話です。

しかし、かつて青森-浅虫温泉間の区間快速などで485系やE751系が乗り入れており、浅虫温泉-青森-大館と走っていましたが、利用客低迷でこの3月のダイヤ改正で乗り入れがなくなってしまいました。なぜ利用客が低迷したのかをきちんと確認したいところですが、私は特急用車両を走らせる割には扱いを地味にしたのが原因の1つではないかと考えています。自社の車両ではないのが原因なんでしょうが、いまいち影が薄い特急用車両運用でしたからね。それと、青森駅における折り返しで結局のところ時間短縮が限られ、ありがたみが薄いこともあるかもしれません。

青森市に走る鉄道は、うまく使えば自動車に対しての競争力を持たせ、新幹線へのアクセスが改善されるでしょうが、ただ、残念なのは青森市民自体が鉄道を全く使いこなそうとしないことです。浅虫温泉は青森市内である種の拠点性を持った場所だと思うので、頑張ってほしいですが、さらに一言いわせていただく前に写真をどうぞ。

Dsc_0685 ←国道4号。前方は青森市街地方面。
左側に写ってるのは道の駅・ゆ~さ浅虫。

Dsc_0686 ←同じ撮影場所から。90度東側へパーン。
奥に青い森鉄道本線が走っており左側が目時方面、右が青森方面。この写真ではわかりにくいですが、これと並行して浅虫温泉駅前通りが青い森鉄道本線と並行して写真左右を横切るように走っています。
手前の交差点はゆ~さ浅虫の駐車場。

Dsc_0687 ←ゆ~さ浅虫の周辺地図
上記の説明、文章だけで説明するとわかりにくいでしょうから載せました。

Dsc_0688 ←ゆ~さ浅虫、浅虫温泉駅東側へ続く歩道橋から。
浅虫温泉駅舎全景です。


Dsc_0689 ←浅虫温泉駅前通り、青森市街地方面を撮影。

Dsc_0690 ←同じく、浅虫温泉駅前通り、平内方面を撮影。

Dsc_0691 Dsc_0693
上2枚は鉄道線真上より。青森方面を撮影。右は拡大。

Dsc_0692 Dsc_0698
この上2枚は、同じく鉄道線真上より。目時方面を撮影。

Dsc_0699 Dsc_0702
この2枚は本線から東側にズレて青森方面を撮影。
曲線がきついです。

Dsc_0703 ←浅虫温泉駅前通り。平内方面。



Dsc_0704 ←車両出入り口から駅前ロータリーを望む。

Dsc_0705 ←浅虫温泉駅舎。

Dsc_0711 ←駅の中はこのような感じ。

Dsc_0706 ←浅虫温泉駅前名物(?)、足湯

Dsc_0709 Dsc_0710←浅虫温泉駅前通り
青森市街地側、車両出口付近。クルマで駅舎へアクセスするには写真奥側の入り口からの進入が求められます。

改めて駅付近の様子の記事を書いてみて一言、

観光地を謳う割には寂しすぎやしませんか?

今後ここに賑わいをもたらすために必要なことは、現地の人たちの創意工夫が必要なのはもちろんですが、賑わいをもたらすための交通機関って、何なんでしょうね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »