« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

津軽鉄道へDMV?~アイディアとしては面白い

久しぶりに超タイムリーな話題です。

どうも津軽鉄道が北海道新幹線の奥津軽(仮称)駅の二次交通の手段として、DMV(Dual Mode Vehicle)導入を検討しているようです。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/462178.html

この構想には青森県も乗り気で、調査費が今年度予算に盛られたとか。

奥津軽(仮称)から西北五地域へのアクセスは確かに課題で、バス交通あたりが主役となると見込んでましたが、DMVに目を付けるまでだったとはちょっと意外。

津軽半島西側から津軽沿線までのあたりは、鉄道の空白地帯となっています。かつて津軽線が計画された時代に、一説には津軽半島を環状するルートも構想されていたとの話もありますが、これを思い起こさせるようなプランです。

また、津軽鉄道はある種アイディアで固定ファンを得ている鉄道で、DMVがそのアイディアの一端となれば、面白味は増すとは思います。

なお、中小私鉄にとって車両の導入は結構な投資となってしまうのでどうしても気になってしまうお値段は、一説には1台3,500~4,000万円ほどと言われており、純粋な鉄道のディーゼルカーのおよそ4~5分の1程度です。

実現には雪対策や運転手の確保などといった課題が少なくありませんが、試験導入をやるくらいまではしてほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

次回は5月下旬でございます。

え~、ご無沙汰しております、青湘遊郎でございます。

碌に記事もアップせず何やってたんだお前はと思ってらっしゃる方も多いかと思いますが、ダラダラやってるうちに次回の北海道新幹線青森県内部分の取材の日程が決めましたよ~。

5月17日からの4泊5日で青森へ参ります。

今回は往復ともに320km/hを体験するべく往路:はやぶさ5号(5B)と復路:はやぶさ4号(4B)を指定してます。

北海道新幹線工事の様子については、本線の土木工事が一部を除きほとんど終了しているので電化工事や軌道工事のほか、奥津軽(仮称)駅付近の様子が注目点かと思います。

さて、往復ともに朝早い列車なので、寝坊だけは絶対にしないようにしないと・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

さらば200系新幹線電車!

本日2013年4月14日、初代東北・上越新幹線電車である200系新幹線電車がラストランを終えました。

リニューアル工事をされながら開業時から31年弱走り続けてきた系式ですが、ついに完全引退、これによって旧国鉄の新幹線車両が全廃となったわけです。

ふと思い返すと、私が初めて乗った新幹線系式です。
その当時はまだ物心つく前のガキんちょだったので乗車の感想は覚えてなんかいませんが、当時撮った写真は今でも手元に残しています。

なんとなく記憶しているのは、青森の地元のニュースでたま~に新幹線やら新青森やらの言葉が聞かれたことです。東北新幹線大宮-盛岡間開業時は青森市の新幹線駅を新青森とすることで決定済みで、当時は整備新幹線建設が凍結されるかされないかの時期だったんですね。この車両との出会いと青森での新幹線誘致の動きを知ったことが、当blogの存在の本当の起源なのかもしれません。

話は戻りますが、200系という車両、初代東海道新幹線車両・0系に基本的には似ていますが、写真などを見比べてみると、200系のほうがスッキリしています。デザインは0系を基本にしているとはいえ、やはり製造開始時期が17~18年も違うとフェイスリフトくらいはされるよといったところでしょうか。

いきなり話は飛びますが、実は私、上越新幹線での定期運用を終了する前に200系で東京-新潟を往復してきました(実は長野にも足を延ばしたんですがね)。

普段E2系やE5系に乗ってるため久しぶりだったんですが、現代の標準系列に比べると、あらゆる意味で「重厚」ですね。特に「音」が重厚で、モーター音をはじめ室内の空調音の重厚さが特に印象深いです。

走行そのものは乗車日も快調そのもので、もう少し乗っていたかったですね。

まだまだ走れそうな気がしますが、E5系が320km/hで走り始めているのに対して上り10‰で220km/hも維持できない(上り10‰均衡速度は216km/hとのこと)のでは、走り続けるのにはさすがに厳しいか。旧くなってきた車両はやはり引退をしていくわけですが、その分現在標準系列になりつつあるE5系に頑張っていただきましょう。
それと、1回くらい新青森に来てほしかったですが、仕方ないっすね。

200系、お疲れ様っした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

番外編~首都圏私鉄の工事区間に乗る。

新幹線ネタはあるにはあるんですが、今回は首都圏私鉄ネタでいきます。

皆さんもご存知かと思いますが、この1年くらいの間に首都圏私鉄の大工事が相次いで完成および暫定利用されています。

京急:京急蒲田駅付近連続立体交差事業による高架化

 

京王:調布駅付近連続立体交差事業による調布駅付近地下化

 

東急:東横線と営団13号線の相互直通運転

 

小田急:小田急小田原線(代々木上原駅~梅ヶ丘駅間)複々線化事業

と、ざっと4路線に乗ってきましたが、京急以外はすべて地下に潜っています。

私は今のところ通勤は相棒にがんばってもらっており、遊びに行くときしか電車を使わないのですが、なぜか工事が進んだ場所を通過するのって、いい年こいても気持ちが少し高まってしまいますね。
そう思うのは私だけでもないようで、明らかにヲタクじゃなさそうな人も会話のネタにしていたり、運転席付近で前方を眺めていたりしています。

これらの路線のうち小田急の3駅はまだじっくり見られていないので、機会があったらちょっと散策してみたいと思ってますね。

それにしても当り前の話ではありますが、線路切り替え前後の乗り心地の変化は、興味のない方にとっては全く気付かないように仕上げられているので、工事関係者にはやはり感謝ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

奥津軽いまべつ駅~すんなりまとまりそう

当blogにしては、久しぶりにタイムリーな話題。

昨日4/2に今別町が奥津軽(仮称)駅の正式駅名案を「奥津軽いまべつ」とすることで決定し、県に報告したそうです。

一部報道では周辺町村への根回しもしたという内容もあったと記憶してますが、他に有力案が見られないので、JR北海道が妥当と判断すればこのまま正式決定となるのではないでしょうか。
それにしても東北新幹線七戸十和田駅名が決定した時の騒ぎと比べると、えらい静かですよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »