« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年1月~その13 | トップページ | 奥津軽いまべつ駅~すんなりまとまりそう »

2013年3月21日 (木)

北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年1月~その14

前回から2週間以上放たっらかしてしまいましたが、今回で1月分のラスト、奥津軽路盤です。

まずはおことわり。
撮影当時に限って降雪が激しくなってしまい、写真の出来があんまりよくありません。お見苦しいものも多々ありますが、ご了承ください。

20131456 ←奥津軽(仮称)駅イメージ図
道の駅半島ぷらざアスクル(津軽線・津軽二股駅)内にあったものです。

さて、土木工事はというと、
20131413 20131414
保守基地南端より。
奥津軽信通機器室はすでに建設済み。

付近にある海峡線のガードをくぐって上り線側へ移動し、
20131415
重機で路盤工事中。

さらに線路沿いに北側へ移動しつつ、
20131416 20131417 20131418
この建物の詳細は調べていませんが、路盤工区の南端付近ではないかと。


20131420 20131421 20131422
さらに北へ移動して、盛土改良工事部。
道路に沿って盛土もカーブしてます。

20131423
上の写真の撮影位置から本線に近づいて撮影。

さて、津軽今別駅ホームに上がり、
20131426 20131425 20131424
実はホーム外側に当たる位置で路盤工事、やってます。
(まあ御覧の通り雪に埋もれて状況がわからなかったわけですが。)

上り線ホームから下り線側を撮影。
20131428 20131429 20131430 20131431

上りホーム待合室付近。
20131433 20131434


駅構内踏切付近より。
20131438 20131437 20131436 20131435_2

20131440
↑木古内方を拡大

下り線側へ移動して。
20131441 20131443
新青森側を撮影。

20131444 20131446
木古内方を撮影。

20131447
津軽今別駅構内築堤より駅前広場を撮影。
なぜか中途半端な位置に重機が。

津軽今別駅出入り口階段付近より。
20131451 20131450 20131449 20131448
左が木古内方面、右が新青森方面。

20131452 20131453
↑木古内方の拡大。

営林署踏切より。
20131461 20131460 20131459 20131458

20131464
↑一番左の写真の拡大です。


20131465←下り側線単線高架橋の基礎部分。

営林署踏切を渡って、
20131466 20131468 20131469
左が新青森方、右が木古内方。

20131471←上3枚のうち、3枚目の拡大。


さらに北へ移動して、
20131472 20131473 20131474
同じく左が奥津軽(仮称)方面、右が木古内方面。


よりによって最後に撮る時点で雪がさらにひどくなってますが、20131475 ←既存高架橋との接続部。

20131476←奥に見えるのは下り線側の単線高架橋橋脚。

さて、今回も結局ダラダラグダグダになってしまいましたが、1月のレポートは以上です。

次回はいつも通り5月にできればと画策中。

|

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年1月~その13 | トップページ | 奥津軽いまべつ駅~すんなりまとまりそう »

工事レポート」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました。
津軽今別駅構内では、まだ3線軌になっていないようですね。土木工事が終わってから敷設するのでしょうか。
大平高架橋には驚きました。線路橋部分を、あの位置と高さで組み立てることには意味があるのでしょうけど、どのように設置工事をするのか興味津々です。
次回も楽しみにしております。よろしくお願い申し上げます。

投稿: たぬき | 2013年3月23日 (土) 21時12分

>たぬき さん
コメント、ありがとうございます。
レポート完成までやたら時間食ってしまって申し訳ございませんでした。

さて、大平高架橋は恐らく本線方向へスライドさせて設置するのではないでしょうか。

奥津軽(仮称)構内については、新幹線本線部は3線軌とはならない予定です。
新幹線本線の外側に設けられる側線が在来線本線扱いとなり、新幹線本線部と重複しないんです。
しかし新幹線本線部の改軌は必要なわけで、改軌後は在来線を通す計画ではないわけですから、
まず側線(在来線本線扱い)部を完成させて今後は列車はそこを通すようにし、その間に駅構内部の改軌、
ポイント部分だけは短時間で一挙に交換するという手順を踏むと予想しています。

投稿: 青湘遊郎 | 2013年3月23日 (土) 23時23分

 奥津軽(仮称)構内の配線についてご指摘いただき、どうもありがとうございました。「そういえば・・・」と今さらながら思い出し、『鉄道ファン』2011年12月号で確認しました。興味のあることのはずなのにすっかり忘れていました。自分は結構、間が抜けているようです。
 ご指摘のように、どのような線路切り替え手順を踏むのか興味深いですね。

 木古内まで往復して、先ほど戻って参りました。走っている列車の中から大平高架橋の線路橋部分を見上げ、併用区間では津軽今別・知内駅構内以外のほとんどの場所で3線軌化が終了しているのを確認しました。北海道側の新在分岐部分を見下ろして来ましたが、あちらでは海峡線高架橋が元々低いので、大平高架橋ほどのインパクトはありません。後日、拙HPで公開させていただきますが、土木工事はほとんど終了していました。
 本州側は、青湘遊郎様に完全にお任せです。

投稿: たぬき | 2013年3月25日 (月) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/49804337

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年1月~その14:

« 北海道新幹線青森県内部分レポート 2013年1月~その13 | トップページ | 奥津軽いまべつ駅~すんなりまとまりそう »