« この年末年始も行っときます。 | トップページ | 東京-新青森間、2時間59分の秘密を探る。 »

2012年12月22日 (土)

東京-新青森間、最短で2時間59分~ずいぶん早くなりました。

久しぶりに当blog、タイムリーな話題に乗っかります(笑)

12/21、平成25年3月16日ダイヤ改正の概要が発表されました。

なんと言っても注目は、

はやぶさ320m/h化(宇都宮-盛岡間)により、東京-新青森間が3時間切りとなることです。

ちょっと前に某新聞社がすっぱ抜いた記事が正式発表された格好です。
E5系による高速化が初めて発表された時には320km/hで3時間5分の見込みとしていたので疑問に思ってる方も多いでしょうが、私は「3時間5分」という時間は相当に余裕時間をとった、一種の保険的要素を持たせたものだったと思います。実際詳しく見てみると、2時間59分でも決して無理をしているわけではないと気づくことができます。この辺は次回にでも遊んでみましょう。

さて、かつて東京-青森を結ぶ列車といえば特急「はつかり」であり、上野-青森間を8時間30分で結んだこともありました(いわゆる「ヨンサントオ」改正時)。東北新幹線の開業によって盛岡乗り換えで約5時間、新幹線八戸延伸によって4時間となり、新幹線新青森開業を経てついに3時間を切るわけで、約30年間で5時間30分短縮をしてきたわけです。

30年は長いか短いか、あるいはまだ30代になっていらっしゃらない方もいるのかはいろいろでしょうが、感慨深いものがあります。

|

« この年末年始も行っときます。 | トップページ | 東京-新青森間、2時間59分の秘密を探る。 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京-新青森間、最短で2時間59分~ずいぶん早くなりました。:

« この年末年始も行っときます。 | トップページ | 東京-新青森間、2時間59分の秘密を探る。 »