« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月17日 (土)

お疲れさんっした、300系

前回のアップからもう丸1週間経っているわけで、さらに300系新幹線電車も昨日3/16で引退と、時代の流れの早さも感じるわけで・・・・・。

あ、そういえば300系乗車記ってのをやってませんでしたね。今回はこのネタで。

結構前に、とてつもなく暇な休日を送っていた私は、そういえば300系に乗ったことが無かったな・・・・よ思い立ち、とにかく300系に乗っておこうということで、いきなり決めて行って来ました。

270km/h出してさらに自宅から近い・・・となると、新横浜-小田原間の1駅間を選びました。往復ともF編成だったのがちょっと残念。出来ればJ編成に乗りたかったんですが、廃車が結構なペースで進んでたようですから、まあこれ以上の贅沢は考えないようにしました。

300系といえば、私の中では現在の新幹線車両では当たり前になっている技術を初採用したという意味で、ある部分で「基本」を感じさせる系式です。

VVVFと交流モーター(当時はGTOサイリスタ。現在はIGBTへ進化)
ボルスタレス台車
アルミ合金車体(現在はダブルスキンが主流ですが、このときはシングルスキン)
楔形の先頭形状

と、大きなものだけでも4つほどあります。
まあ、交流モーターとVVVF制御および回生ブレーキについては、国鉄時代から北陸新幹線用として技術開発されていたものを先行採用したとか、ボルスタレス台車は東北新幹線で試験走行していたなどの経緯はありますがね。

前置きが長くなりましたが、起動時と停止時の磁励音を聞いて、ある種の懐かしさを感じてしまいましたね。東北新幹線E2系の0番台で聞いてきたためでしょうが、これに乗ることもなぜか少なくなってきましたし、300系自体1992年の登場から20年経ってるわけですからね。

シートに座って感じたオッサンくさい臭いも、懐かしさを感じた原因でしょうか。
いや、こっちは懐かしさていうか年期か(笑)

乗ってみての感想は、ノッチの切入時でしょうか?前後衝動が数回あった以外は、急いで廃車する必要があるのかと考えさせられるほど普通に乗れました。1駅間の往復のみだったので、もっと乗る機会があったら「アラ」も見えてきていたかもしれません。

そういえば、700系は昨年のうちに1回乗っておいてますが、まだN700系は乗ったことが無いので、そのうちリニア・鉄道館に行くときにでも乗ることにしましょう。

ともあれ300系、3/16のラストランは無事終了したようですね。

20年間、お疲れさんっした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

5時間36分、5時間14分、5時間1分

当blogで北海道新幹線工事レポートなどをやってる間、北海道新幹線札幌延伸についての動きが地味に進んでいたわけで・・・・・。

皆さんは、すでにこれをご覧になられてますよね?

http://www.mlit.go.jp/common/000193285.pdf

これの24ページ目に北海道新幹線の新函館(仮称)開業時と札幌開業時における東北・北海道新幹線の所要時間が設定されています

想定されたのは、緩行速達(平均的)と2通りです。
仙台は通常の停車時分を1分30秒とってますし、新青森でも乗務員交代のため1分30秒とる可能性もあるなど、少々実情を踏まえていないのではないかと思わされる部分もありますが、数字遊びをしやすくはなりましたね。

さて、ダラダラ述べてみますと、設定停車駅は

緩行-上野・大宮・仙台・盛岡・盛岡以北は各駅
速達(平均的)-上野・大宮・仙台・盛岡・八戸・新青森・木古内・新函館(仮称)・長万部・新小樽

となっており、所要時間は緩行5時間36分速達(平均的)5時間14分となっています。

この資料を使ってダラダラ数字遊びをしてみたところ、東北新幹線区間3時間5分、北海道新幹線区間の停車駅を新函館(仮称)のみとする条件下で5時間1分という数字が出てきました。

じっくり見てみて気になるのは、速達(平均的)の東北新幹線全線の所要時間が3時間7分30秒となっていること。
2013年3月より東北新幹線全線の最短所要時間は3時間5分程度とされていますが、E6系との分割・併合時分(上り5分下り3分)が含まれているかまでは明確になっていません。まあ、分割・併合時分が含まれていたとしても、ムリなく東京-新青森間3時間5分は可能なんですが。

ただ、八戸停車まで考慮してしまうと、余裕時間をほとんど完全カットとなってしまうので、実情はさらに八戸停車の4分加算、さらに上野も停車するとまた2分程度加算となります。

兎にも角にも、共用区間140km/h制限が札幌開業時でも解除されない場合東京-新青森-札幌間はだいたい5時間10分台とご理解いただけるのではないかと思います。

ちなみに、共用区間制限解除・最高速度260km/hの場合4時間40分程度となりました。

尚、こういった数字遊びは、各駅の実キロがわかっていれば誰でも出来ますので、お時間のある方はお試しいただくのもいいかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »