« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »

2011年7月17日 - 2011年7月23日

2011年7月21日 (木)

ふたたび、E5系はやぶさ~403号と406号のまとめ~

さて、改めてまとめてみます。

まずは徐行区間の比較から。

現行(7/9から):福島(東京起点255.140km)-一ノ関(同406.260km)間 151.120km
4/29~7/8:那須塩原(東京起点152.370km)-盛岡(同496.480km)間 344.110km

駅を基準にした数字にすると、半分以下の距離になりました。

さて、改めて調べた数字を見てみると、やっぱり大宮-宇都宮間でも最高275km/h運転しているという実感がありますね。小山-宇都宮間での速度が273km/h台ですし、同区間E2系で22分40秒程度掛かっていたものが、下りで18分30秒台に、上りで21分10秒台に短縮されています。
そして403号は宇都宮-郡山間は300km/hに近い速度で走り続けたようです。郡山手前での減速は、飛ばしすぎて(臨)Maxやまびこ・つばさ17号が待避する同駅に早く接近しすぎた影響でしょうか?

徐行区間に入ってからは加減速を割と細かくやっていた印象がありますね。これは上りも同様でした。

403号は一ノ関で徐行解除された後は一旦は300km/hまで速度が上がったようですが、その後はなぜか緩いスピードでの走行が続いてしまっていました。
乗ってる時は気付かなかったんですが、盛岡発着が2分ほど遅れてたんですね。
私、これに気付いたのは帰って時刻表を確認した時でした(笑)

乗ってる時は、新青森到着時のATCブレーキが掛かるタイミングに違和感を覚えてはいました。
普通なら細越トンネルに入ってからATCブレーキが掛かり始めていたのが、今回なぜかトンネルに入る直前からATCブレーキが掛かり始めてましたからね。

通常なら走行速度をもう少し低くして流していたところを、盛岡発着の遅れを回復すべく、255km/h以上の速度を維持した結果でしょう。それがいわて沼宮内-二戸-八戸-七戸十和田の各駅の通過平均速度の数字がいずれも255km/h以上となっていることに表れてます(上り406号は255km/hに届いていない)。

406号については、盛岡-新花巻間で一旦300km/hには上がったんですがその後スピードが下がったため、徐行区間に進入する一ノ関までの各駅通過平均速度が割と低めです。
福島付近で徐行が解除されてから宇都宮に至るまでは基本275km/hオーバーで走行できていたようですし、宇都宮以南もE2系に比べてしっかり速度が上がってることが見て取れました。

余談ですが、今回各駅通過時刻の調査と平均速度の計算をやってみて、GPS測定器でも買おうかと思い始めました。

いえね、さすが快適性も売りにしている車両なだけあって、今車両が何km/h出してるかの判断において、自分の感覚に自信が無いんですもん(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

ふたたび、E5系はやぶさ~406号各駅通過時刻と平均速度~

前回の続き。今回ははやぶさ406号を。

駅名 時刻表
所定
通過時刻 駅間
距離
駅間
所要時間
駅間
平均速度
備考
新青森 17:38 17:38:25
45.70 0:12:33 218.4861
七戸十和田 17:50:58
36.10 0:08:30 254.8235
八戸 17:59:28
30.90 0:07:17 254.5538
二戸 18:06:45
34.60 0:08:30 244.2353
いわて沼宮内 18:15:15
31.10 0:11:11 166.8554
盛岡 18:27 18:26:26
18:28 18:28:19
33.40 0:08:33 234.3860 300km/hアナウンスの後、すぐスピードダウン
新花巻 18:36:52
14.50 0:03:36 241.6667
北上 18:40:28
17.30 0:04:27 233.2584
水沢江刺 18:44:55
25.00 0:05:51 256.4103
一ノ関 18:50:46 270km/h程度で通過?第1有壁トンネルから減速開始。
20.60 0:06:04 203.7363
くりこま高原 18:56:50
21.90 0:08:25 156.1188
古川 19:05:15
38.40 0:16:20 141.0612 一旦210km/h程度まで上げ再び160km/hへ
仙台 19:22 19:21:35
19:24 19:24:28
39.20 0:15:02 156.4523 トンネル内で一旦200km/h程度まで速度向上
白石蔵王 19:39:30
31.10 0:11:05 168.3609 信夫山トンネルからスピードアップ。
福島 19:50:35
41.20 0:08:59 275.1763
郡山 19:59:34
35.50 0:07:36 280.2632
新白河 20:07:10
26.00 0:05:20 292.5000
那須塩原 20:12:30
43.40 0:08:53 293.1332
宇都宮 20:21:23
28.70 0:06:33 262.9008
小山 20:27:56
49.00 0:14:43 199.7735
大宮 20:43 20:42:39
20:44 20:44:29
27.70 0:18:19 90.7370
上野 21:02:48
3.60 0:05:11 41.6720 停まる寸前まで減速
東京 21:08 21:07:59

ざっとこんなもんです。次回の記事でまとめを・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月18日 (月)

ふたたび、E5系はやぶさ~403号各駅通過時刻と平均速度~

さて、お待たせしました。各駅通過時刻と平均速度です。

今回はまず下り、はやぶさ403号。

駅名 時刻表所定 通過時刻 駅間
距離
駅間
所要時間
駅間
平均速度
備考
東京 10:04 10:05:04
3.60 0:03:44 57.8571
上野 10:08:48
27.70 0:17:57 92.5905
大宮 10:28 10:26:45
10:29 10:29:23
49.00 0:12:19 238.7009
小山 10:41:42
28.70 0:06:18 273.3333
宇都宮 10:48:00
43.40 0:08:53 293.1332
那須塩原 10:56:53 あまりにも緩やかな加速で判らず。田園地帯に入ってから?
26.00 0:05:17 295.2681
新白河 11:02:10
35.50 0:08:48 242.0455 手前で減速。(臨)Maxやまびこ・つばさ17号追い抜き
郡山 11:10:58
41.20 0:10:06 244.7525 福島トンネル坑口付近より減速開始
福島 11:21:04
31.10 0:12:08 153.7912 一旦110km/hくらいに下げた後、160km/hくらいなど
白石蔵王 11:33:12
39.20 0:15:05 155.9337 一旦200km/hくらいに上げ、160km/hくらいに落とす
仙台 11:48 11:48:17
11:50 11:50:12
38.40 0:16:36 138.7952 160km/hくらいから少し加速、またスピードダウンし、110km/h程度へ
古川 12:06:48
21.90 0:08:47 149.6015 古川進入手前から160km/hくらいへ加速
くりこま高原 12:15:35 110km/hくらいに落として通過
20.60 0:08:35 144.0000 210km/hくらいに一旦上げ、160km/hくらいへ
一ノ関 12:24:10
25.00 0:05:15 285.7143
水沢江刺 12:29:25
17.30 0:04:20 239.5385 第2北上川橋梁付近で一旦160km/hくらいまで下げる
北上 12:33:45
14.50 0:04:33 191.2088 北上通過するとともに再加速
新花巻 12:38:18
33.40 0:08:47 228.1594
盛岡 12:45 12:47:05
12:46 12:48:45
31.10 0:09:53 188.8027
いわて沼宮内 12:58:38
34.60 0:08:06 256.2963
二戸 13:06:44
30.90 0:07:11 258.0974
八戸 13:13:55
36.10 0:08:29 255.3242
七戸十和田 13:22:24
45.70 0:12:34 218.1963
新青森 13:34 13:34:58 細越トンネルの手前からATCブレーキ作動

次回は、上り・はやぶさ406号を。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

ふたたび、E5系はやぶさ

ども、日帰りで東京-新青森をE5系で往復して参りました、青湘遊郎です。

まずは乗車レビューからいきます。

往復ともにU3編成、しかも同じ号車という、ちょっと気持ち悪いめぐり合わせになってしまいましたが(笑)、前回に比べて徐行区間が半減した分高速走行が堪能でき、東北新幹線の完全復活が待ち遠しく感じられましたね。

前回も少しは感じていたことですが、E2系に比べて圧倒的にキンキン・ヒュンヒュン言わなくなってて、心理的疲労が格段に減りました。空力特性を見直した結果ですね。確か車体間の全周ホロの効果じゃなかったかな?

今回は擦れ違い時の衝撃にも注意を払ってみましたが、空力特性に優れているだけに、衝撃がかなり減っていますただし、なぜかマバタキ区間(トンネルとトンネルの間のごく短距離の「地上(明かり)区間」のこと)では結構衝撃を感じました。マバタキ区間では車両の通過によって空気の流れがさらに複雑化してしまうからなんでしょうか?

かえりの406号でちょっとしたサプライズが。
盛岡-新花巻間走行中、「ただいま300km/h」アナウンスがあったんです。
JR東はこういうのはほとんどやらないイメージでしたから、「ご案内します」の出だしで「誰かなんかやらかしたか?」と一瞬予感してしまいました(笑)

放送ですと「異常ではない」という雰囲気創りが大切かつ意外に難しいと思います。代わりの案の一例として大昔のビュフェ車のようにスピードメーターをつけるってのがあります。
個人的には乗客すべて見れるスピードメーターの取り付けは反対ですが、かつての500系のぞみのような仕掛けはあったらうれしいのが本音です。

乗る人撮る人はどうだったかと言うと、乗る人については、7/16は通路をウロウロする人が意外に多く、車内販売がいつもなら2~3往復見かけるところを1往復しか見かけませんでした。東日本パスによる混雑、猛暑が原因でしょうかね?
ただ、幸い個人的に一定の距離を保ちたいと思うタイプの乗客と隣り合うことは無く、概ね快適な旅でした。
ちょっと面白かったのは、まだ地理を理解できそうに無い小さな子どもに、親が地名を教えていたこと。こういうやり取りは5~6年は続いて欲しいですね。

新幹線を撮る人については、特に新青森では4/29全線運転再開直後の506号には及ばないものの、撮影会状態となるのは相変わらずでしたね。

あと、こいつはいただけないと思わされる場面も。
新青森駅で可動式ホーム柵に赤ん坊を座らせ、自分の片腕で赤ん坊を支えながら新幹線車両をバックに写真撮影をする方が・・・・・
遠巻きに見ていて転落事故が非常に心配でした。可動式ホーム柵は高さ1.4m程度はあるでしょうから、頭から転落しようもんならただ事では済まないんじゃないかと。
こういうある種の過信が混じった危険行為、是非止めていただきたいもんです。

さて、次の帰省は10月になりそうですが、片道E2系にして片道E5系グランクラス使ってみようかな・・・・・。

次回は各駅間平均通過速度をアップしますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月10日 - 2011年7月16日 | トップページ | 2011年7月24日 - 2011年7月30日 »