« (予定・青い森セントラルパーク)-青森駅はここへ移転させるとおもしろい。 | トップページ | 東青森-どう行ったらいいか迷わされる上、自由通路に駅の存在感を喰われている! »

2011年12月 9日 (金)

(筒井新駅)-鉄道利用の利便性を県民市民に伝えられるか、注目の駅

今回はいわゆる筒井新駅

今年度中に着工されることが分かり、2013年度内開業予定の駅です。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2011/20111123090224.asp

市道の拡幅と10台程度の一時駐車スペースなど、後述の野内の考え方に近い整備内容です。それにしても交流電化の駅新設ってのはやはりお金が掛かりますね。単純に駅のホームを造るだけでも恐らく1億は下らないでしょう。

私は、ここが住宅街でかつバス通りに面し、さらに一時駐車スペースまで確保するという点で、かなり将来性を感じています住宅街の中にある駅は青森市内にもいくつかありますが、既存のもののそのほとんどが「ホームがそこにあるだけ」という成り立ちで、正直、まともな考え方で造られていません筒井新駅はその思想から脱却を図る可能性を感じさせます。バス停がここに追加・移転統合などされればなおいいですね。

例えば、前回のセントラルパーク新駅の部分で述べた内容と矛盾してしまう格好になりますが、筒井新駅と筒井中学校前バス停から中心市街地へ行く場合、青い森鉄道ならセントラルパーク新駅が出来たとしても青森まで6分程度で料金はたぶん220円バスは筒井地区20分弱で270円となります。バスはさらに4~5分は遅延するので、筒井地区にとっては使い方によっては相当に交通利便性は上がるわけです。

開業後は鉄道は使い方によっては便利なもんなんだということを、青森県民・市民に理解させる駅になることを願って止みません。

|

« (予定・青い森セントラルパーク)-青森駅はここへ移転させるとおもしろい。 | トップページ | 東青森-どう行ったらいいか迷わされる上、自由通路に駅の存在感を喰われている! »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

青い森鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: (筒井新駅)-鉄道利用の利便性を県民市民に伝えられるか、注目の駅:

« (予定・青い森セントラルパーク)-青森駅はここへ移転させるとおもしろい。 | トップページ | 東青森-どう行ったらいいか迷わされる上、自由通路に駅の存在感を喰われている! »