« 青函トンネル内140km/hが改めて言われたけども・・・・・ | トップページ | 小柳-道路の行き先表示が無いし、これから景観に配慮したらどうよ? »

2011年12月17日 (土)

これからの帰省はE5系に主に世話になりそう。

来春のダイヤ改正の概要が発表されましたね。

パッと見すると、来春の帰省からE5系に主に世話になりそうだな、という感じです。

E5系はこれまで6編成稼働しており、下記の列車に充当されています。

はやぶさ1~6号(うち、2号と5号は仙台発着)
はやて19号、23号、32号、36号(東京-新青森間。東京-盛岡間はE3系併結)
はやて111号、102号(盛岡発着、E3系併結)
やまびこ223号、204号(仙台発着、E3系併結)

ダイヤ改正までに4編成追加投入して計10編成になり、E5系はやてが大増殖。次の列車に充当され、東京-新青森間15往復中7往復がE5系となるそうです。

下り-はやて93号(盛岡発)、95号(仙台発)、15号、19号、21号(2012年4月27日~)、
        23号、29号、33号、35号、37号
上り-はやて16号、20号、22号、24号、30号(2012年4月27日~)、32号、36号、40号、
        96号(仙台着)、98号(盛岡着)

ちなみに、間合い運用でE5系なすのも誕生します。

自分は帰省をするとき、午前中~昼すぎあたりの列車を多用するので、E5系のまったり走行を楽しみにしときます。

さて話はかわりますが、山形新幹線つばさ16往復中9往復が併結相手をE2系に変更し、275km/h化しますね。これについてはもともと可能性を指摘されていたことですが、いよいよ実現か、といったところ。
ただ、意外に時間短縮されないじゃないかという意見はあるかもしれませんが、275km/h出せる距離が約146kmであることと福島、郡山、宇都宮の各駅に停車する際の加減速ロスがあるため、しょうがないでしょう。
上越新幹線越後湯沢以北に16両編成(E4系2編成併結)の列車が乗り入れるなどのトピックがあるそうで。

話し戻って東北新幹線、これからE5系を目にする機会がどんどん増えてきますが、逆にE2系の姿を見かけることが少なくなってきます。E2系ファン、特に盛岡以北にお住まいの方、載ったり撮ったりは早めにしといたほうがいいかもです。

|

« 青函トンネル内140km/hが改めて言われたけども・・・・・ | トップページ | 小柳-道路の行き先表示が無いし、これから景観に配慮したらどうよ? »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/43407815

この記事へのトラックバック一覧です: これからの帰省はE5系に主に世話になりそう。:

« 青函トンネル内140km/hが改めて言われたけども・・・・・ | トップページ | 小柳-道路の行き先表示が無いし、これから景観に配慮したらどうよ? »