« くたびれてきたか、E2系0番台? | トップページ | 鉄道の存続ってのは、決して甘いモンじゃない!~本論 »

2011年8月21日 (日)

鉄道の存続ってのは、決して甘いモンじゃない!~序章

十和田観光電鉄(以下:十鉄)が「財政支援してくれよ」と言ってきましたね。

http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2011/20110819111032.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f

予想される利用者減と東日本大震災によりホテル・観光バス事業の収益が上がらない、ビルの中に入居している形で存在する十和田市駅が再開発をするというのでビルの所有者から駅の撤退(十和田市駅の移転)を求められていたりと、かなり大変そうです。

ちなみに私、十和田市駅がビルの中に入居している形で存在していたのを初めて知りました。

今後地元で説明会などは開かれるんでしょうが、ここで一つ言わせていただきましょう。

普段鉄道に乗らないくせに「無くなりゃ困る」と騒ぎ立てるのは、身勝手以外の何者でもありません。

先日、私某書店で雑誌を立ち読みしてきた際、鉄道の存続の疑問に対するヒントになりそうな記事を見つけ、この雑誌を買ってきました。
その疑問ってのは「鉄道は、どういう実績が上がれば成り立っていくのか?」というものです。

この記事には、とある鉄道ジャーナリストが独自に算出した「営業係数」と、収支の様子がわかる関連数字が載っています。

実は私、以前から「どういう規模の鉄道が何人利用したら黒字になるのか?」ということを知りたいと思っていましたし、当blogの読者にもお伝えしたいと思っていました。そんな中、この記事を見つけたわけです。
ジャーナリスト個人の独自算出であるため情報の信頼性がどこまであるかが問題ですが、この手の資料を探しても自分は意外に見つけられないままだったので、当blogの読者(特に青森県の方)に鉄道の存続ってのは甘くはないという雰囲気でも味わっていただけたらと思い、テーマにしてみることにしました。

本論は次回に。

|

« くたびれてきたか、E2系0番台? | トップページ | 鉄道の存続ってのは、決して甘いモンじゃない!~本論 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/41298528

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の存続ってのは、決して甘いモンじゃない!~序章:

« くたびれてきたか、E2系0番台? | トップページ | 鉄道の存続ってのは、決して甘いモンじゃない!~本論 »