« 東北新幹線、9/23についに完全復活! | トップページ | くたびれてきたか、E2系0番台? »

2011年8月13日 (土)

番外編~変わりゆく街と変われない街

今回は番外編として、青森市民じゃないとわかりにくいネタを。

7/16新青森駅近辺をダラダラ回ってみました。
都市計画道内環状線石江工区の工事が着々と進んでいた他、パチンコ屋(オ○ガ、○ッ○ー)跡地にはC○bセンターの建設が始まり、さらにもともとはデン○ー○ーだったタ○○スポーツ跡地に某回転寿司屋が建てられる噂があるとか。

一昔前は国道7号(西バイパス)は片側1車線の道路だったし、今よりも田んぼが多かったのが、10数年の間に郊外型SCなどがつぎつぎと造られてきました。一方で新青森近辺は正直言って区画整理されただけで活力が感じられない。駅周辺の区画整理事業地以外のところがむしろ「活力を感じさせる変化」に富んでます

「活力のある変化」ってのは本来新青森周辺か中心市街地のいずれかに欲しいところなのに、その2つの地区から外れて、さらに近いところでこういう変化が現れ、しかも恐らく直接的な新幹線効果を狙ったものではないところが何とも皮肉な話です。

某鉄道アナリストは規制を撤廃して競争させたほうが発展すると言っていましたが、青森市の行政・商工関係者は恐らく新青森付近の開発撤廃によって企業規模の比較的大きいところが参入し、小規模企業・個人商店の多い中心街区が喰われてしまう危惧を持っているでしょうから、よほどのことが無い限り規制撤廃はしないでしょう。
つまりは青森は「自分達の街の顔」に対して決定的な自信を持っていないわけで、それが人通りが少ないまま変われない現状が物語っています。

こういう現状を見る度に、噛み合わなさを考えてしまいます。新青森と中心街区、この2地区から外れたところで企業は美味しい思いをしようとする(サン○の八食センターのパクリ施設計画もそうだったような)・・・・・・。

官民のタッグを協力にしないと、ヘタしたら市が力を入れている開発区以外のところがこれから美味しい思いをし続けちゃうかもね

|

« 東北新幹線、9/23についに完全復活! | トップページ | くたびれてきたか、E2系0番台? »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/40847284

この記事へのトラックバック一覧です: 番外編~変わりゆく街と変われない街:

« 東北新幹線、9/23についに完全復活! | トップページ | くたびれてきたか、E2系0番台? »