« E5系と東日本復興~その2 | トップページ | 青湘遊郎、ふたたびE5系に乗ります。 »

2011年6月 3日 (金)

着々と、着々と・・・・・・。

ふと気がつきゃ6月になってしまってます。早いですねぇ。

さて、帰省してから1ヶ月くらい経ってしまいましたが、北海道新幹線の青森県内部分について。
諸事情につき写真はほとんど撮れなかったんですが、最近の状況をお伝えします。

やはりというべきか、高架橋の橋脚が増えてきていたほか、後潟高架橋の一部に採用されている開床式高架橋の姿が見え、青森市油川の盛岡新幹線車両センター青森派出所の近くも工事準備が進んでいる様子を確認しました。

実際5/12に阿弥陀高架橋(阿弥陀トンネル=177m含む)、5/16に岡町高架橋、羽白高架橋、飛鳥高架橋の3工区、5/24に大平高架橋が相次いで着工され、これをもって新設区間(新青森-新在共用区間始点)の全工区で着工済みとなりました

東日本大震災でひょっとしたら新幹線建設が中止となりはしないかとも思いましたが、そうはならないようです。
まあ北海道新幹線が不要不急なら延期でもいいと思うんですがね。

何はともあれ、土木工事が最盛期に入るので、国道280号バイパスやJR津軽(海峡)線から遠巻きに工事の様子を見ることが出来ますよ。現地に訪れた際は要チェックです。

一方、現在結構な区間で徐行運転中の東北新幹線についてです。

本日徐行区間の短縮・所要時間の短縮はやぶさ6本体制の復活などを柱とした7/9からの暫定ダイヤが発表されました。
徐行区間は現在は那須塩原-盛岡間ですが、このうち那須塩原-福島間と一ノ関-盛岡間の徐行規制を解除して、徐行区間を福島-一ノ関間とするというものです。こちらも着々と震災前の姿に近づきつつあります。

ただ、震災による全線徐行規制解除は秋頃とする情報が一部にありますね。でもこれ以上望むのは贅沢ってもんでしょう。
東北新幹線の完全復活を焦らずに待ちましょう。

|

« E5系と東日本復興~その2 | トップページ | 青湘遊郎、ふたたびE5系に乗ります。 »

総合」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/40253217

この記事へのトラックバック一覧です: 着々と、着々と・・・・・・。:

« E5系と東日本復興~その2 | トップページ | 青湘遊郎、ふたたびE5系に乗ります。 »