« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月22日 (日)

E5系と東日本復興~その2

仕事が遅く終わることが多くてなかなか更新できませんでしたが、前回の続き。

E5系はやっぱり震災からの復興へのシンボルで、営業開始から1週間で長期運休した悲劇を持つことが影響してか、4/29の東京、5/1の新青森ともにかなり注目されてましたね。

201104290834dsc_0004 201104291256dsc_0018
左が4/29東京・1号車、右が同じく新青森・10号車

5/1の様子は後述。

5/1は時間が余ったので七戸十和田を訪れ、何本か列車を撮影しました。

201105011156dsc_0105 ←はやて124号(通過)、新青森方。

201105011219dsc_0119 ←はやて119号の停車時の様子。

201105011238dsc_0130 ←はやぶさ501号(通過)

はやて119号停車時はもっと閑散としているのかと思いきや、思った以上にホームに人がいました。
はやぶさ501号はさすがにシャッタースピードが足りず、被写体ブレしてしまいましたね(泣)

5/1にはやぶさ506号乗り込む前、新青森で入線風景を取るべくスタンバってたところ、E5系を撮りにだったり、見に訪れた方に声を掛けられました(照)

お一人は遠方からいらした男性でもうお一人は青森市内在住の女性。
いずれも盛岡新幹線車両センター青森派出所から新青森に入線して来るのを待ってました。
(もちろん私もそのうちの1人)

女性の方はスカイブリッジでも見てきたそうですが、車両があっと言う間に通過してしまったため満足感が得られず、新青森にも来てみたそうです。もっとゆっくり走ってる様子を見られないのかを聞かれましたが、私は細越トンネル~三内丸山架道橋付近をお奨めしました。

青森市民は新幹線のスピードにまだ慣れていないんでしょうかね?って思っちゃいました。
まだまだ260km/hは非日常のようでしたが、時間の経過とともに日常になっていくでしょう。

っと思ってるうちにE5系の入線時刻が迫ると、さすがに人だかりが出来始めました。
入線直後の様子はこちら。

201105011608dsc_0161 201105011612dsc_0169
左が新青森・10号車、右が同じく車外からグランクラスのシート。

新青森でもそれなりの数の乗客・見物客がいました。

あとは何と言ってもこれ。

201104290834dsc_0005 201104291255dsc_0013

左が1号車「つながろう日本」、右が10号車の「がんばろう日本!がんばろう東北!」のステッカー。
(ともに4/29、左を東京、右を新青森で撮影)

何だかんだ言って、人々は新幹線が走り出すのを待っていたんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月15日 (日)

E5系と東日本復興~その1-2

前回に引き続き、5/1のはやぶさ506号の通過時刻と平均速度を。

所定
時刻
確認時刻 駅間
距離
駅間
所要時間

(分:秒)
駅間
平均速度
新青森 16:17 16:17:50
45.70 12:10 225.3699
七戸十和田 16:30:00
36.10 08:30 254.8235
八戸 16:38:30
30.90 07:15 255.7241
二戸 16:45:45
34.60 08:30 244.2353
いわて沼宮内 16:54:15
31.10 11:45 158.8085
盛岡 17:07 17:06:00
17:08 17:08:55
33.40 12:15 163.5918
新花巻 17:21:10
14.50 05:35 155.8209
北上 17:26:45
17.30 06:40 155.70
水沢江刺 17:33:25
25.00 09:02 166.0517
一ノ関 17:42:27
20.60 07:43 160.1728
くりこま高原 17:50:10
21.90 08:45 150.1714
古川 17:58:55
38.40 17:50 129.1963
仙台 18:17 18:16:45
18:19 18:19:45
39.20 16:50 139.7228
白石蔵王 18:36:35
31.10 12:15 152.3265
福島 18:48:50
41.20 15:35 158.631
郡山 19:04:25
35.50 14:10 150.3529
新白河 19:18:35
26.00 09:30 164.2105
那須塩原 19:28:05
43.40 10:10 256.1311
宇都宮 19:38:15
28.70 06:50 252.00
小山 19:45:05
49.00 13:50 212.5301
大宮 19:59 19:58:55
20:00 20:00:10
27.70 18:45 88.64
上野 20:18:55
3.60 04:30 48.00
東京 20:24 20:23:25

とまあこんな感じになりました。

現在も一部区間で速度規制中ですが、これを見ると一部区間とは下りで那須塩原-盛岡間で基本的な規制速度は160km/h、古川-水沢江刺間で最高速度210km/hまで許容されているものかと思われます。
一方の上りはさらにいわて沼宮内-盛岡間でも規制が掛かっているようで、暫定ダイヤの所要時間が同区間で2分延びています。210km/hまで許容されていると思われる区間は盛岡-新花巻間の一部と水沢江刺-くりこま高原と新白河-那須塩原間と思われますね。

前回記事のはやぶさ501号とまとめて感想を述べると、低速走行でも一部区間で変な揺れが出ており、E5系の300km/hおよびE2系・E3系の275km/h走行が出来るようになるまでには少々待たなければならないという印象を受けました。恐らく軌道の状態が「低速での安全走行」という最低限のレベルに留まっており、通常時の「乗り心地の維持」というレベルまで回復していないためと考えます。

それから2週間経っていますが、現在ではもう少し軌道の状態が改善されているかも知れません。

さて、車両そのものについての感想ですが、E5系はやはり静粛性が格段に上がってますね。
当日は275km/hが最高速度ではなかったかと思いますが、トンネル進入時の騒音量と音質が違うのがわかりますね。あとはちょっと感想を言いづらいです。何せ本気モードじゃないですからね。

通常ダイヤに戻ったらもう1回乗ってもう1度感想を述べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

E5系と東日本復興~その1-1

いや~、2週間も放っておいてすいません、青湘遊郎です。
仕事と動画拾いまくりのせいです。

まあ動画拾いまくり作業が終わったので、更新回数増やしたいところです、ハイ。

さて、前回の続きですが、恒例となってきている(?)、駅間平均速度の確認、E5系でもやってみました。
まずは4/29のはやぶさ501号から。

駅名 所定
時刻
確認時刻 駅間
距離

駅間
所要時間

(分:秒)

駅間
平均速度
東京 8:44 8:45:15
3.60 03:30 61.71429
上野 8:48:45
27.70 18:10 91.48624
大宮 9:08 9:06:55
9:09 9:09:45
49.00 14:05 208.7574
小山 9:23:50
28.70 07:35 227.0769
宇都宮 9:31:25
43.40 09:45 267.0769
那須塩原 9:41:10
26.00 08:45 178.2857
新白河 9:49:55
35.50 13:25 158.7578
郡山 10:03:20
41.20 16:40 148.32
福島 10:20:00
31.10 12:15 152.3265
白石蔵王 10:32:15
39.20 16:00 147.00
仙台 10:50 10:48:15
10:51 10:51:55
38.40 16:25 140.3452
古川 11:08:20
21.90 08:05 162.5567
くりこま高原 11:16:25
20.60 07:05 174.4941
一ノ関 11:23:30
25.00 09:10 163.6364
水沢江刺 11:32:40
17.30 06:50 151.9024
北上 11:39:30
14.50 05:50 149.1429
新花巻 11:45:20
33.40 14:10 141.4588
盛岡 12:00 11:59:30
12:01 12:01:50
31.10 09:55 188.1681
いわて沼宮内 12:11:45
34.60 08:10 254.2041
二戸 12:19:55
30.90 07:25 249.9775
八戸 12:27:20
36.10 08:50 245.2075
七戸十和田 12:36:10
45.70 13:25 204.3727
新青森 12:49 12:49:35

次回は5/1のはやぶさ506号を載せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

E5系と東日本復興~序章

本日無事戻って参りました、青湘遊郎です。

今回は東日本大震災という未曾有の大災害によってメチャクチャ痛めつけられた東北新幹線が全線運転再開する4/29に、しかも復興への象徴の1つであるE5系に運よく乗ることが出来たし、5/1までの3日の旅程の中で撮ることもできたと、書きたいことが結構あります。

全線運転再開だけでも喜ばしいことですが、飛ぶ場所を失っていたはやぶさが東日本の復興を願いつつ再び飛び始める・・・・・・。クサい表現ですが、E5系の運転再開はシンボリックな意味を持ちます。

国民の皆さんもそう感じているらしく、数箇所の駅では結構なことになってました。

次回以降は数回にわたってその様子をレポートしてみます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »