« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

(無題)

ただ今青森市です。

昨日のはやぶさ501号で青森入りしましたが、思いがけず時間が空き、北海道新幹線青森県内部分の工事の様子をみれたので、関東に戻ったらレポ予定することにします。

お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

青湘遊郎、E5系に乗ります。

本日、4/29~5/1分のきっぷを購入してきました。

今回は往復ともE5系乗車できることになりましたよ

昨日4/26にえきねっとより指定席を確保して、乗車券本日MVで買いました。
下りはB席となりましたが、上りはE席。まあこんなもんでしょう。

正直言うと、E2系と同じ料金でなければ選んでませんでしたね。
今回の帰省の目的と運行時刻、暫定措置的な料金設定とがうまいこと噛み合った結果です。

一部区間での速度規制がありますが、今回はE5系の乗り心地と暫定ダイヤを楽しんで参ります、ハイ。

あとは4/29に俺が寝坊しないように気をつけねば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

いよいよ全線運転再開へ~さて、E5系を狙うか!

既にニュースをご覧になられた方も多いでしょうが、東北新幹線福島-仙台間本日運転再開されました。
まあ、停電が起きてしまい、それもケーブルのゆるみ・ショートという人為的ミスでちょっと不安にさせられた再スタートでしたが・・・・・。

そして残る仙台-一ノ関間運転再開による東北新幹線全線運転再開いよいよ4/29

少し前は4月末~5月始めごろと言われ、一旦は4/30ごろとしていましたが、さらに1日前倒し、明日からはヒューマンエラーによるトラブル無しで順調にいって欲しいものです。

そして東北新幹線は、東日本大震災の復興のシンボルの1つとしての役割を担っていただきたいモンですね。

さて、私は4/29~5/1まで3連休となったわけですが、ぢつは今回は往復E5系を狙っちゃおうかな~と。

今回は遊びで帰省するわけではなく、用事で帰省するんですが、暫定ダイヤを見ると、E5系はちょうど今回使いたい時間に設定されてます。

こりゃもうね、狙うしかないでしょう

明日仕事場で同僚の目を盗んでえきねっといじくりますが、E5系の指定席取れなかったら大人しくE2系に乗ります(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

痛!!!

あいたたた・・・・・。

青湘遊郎のゴールデンウイークの予定ですが、今年に限っては相当きついです。

今回は仕事上諸事情があって今日やっと休日3日間を確保できました。
震災後の非常時ということで、寝台特急あけぼのや高速バス、航空機も検討しましたが、当然「時既に遅し」で軒並み予約済みorz

というわけで、相棒(クルマ)に働いてもらうか東京-仙台間を新幹線、仙台-一ノ関間を在来線、一ノ関-新青森を新幹線で帰省することになりそうです。

普通の状況だったらこういう乗り継ぎは大歓迎なんですが、今回は私的な事情で、3日間の休日の中でも青森の滞在時間をなるべく確保したかったんですよね。そういった意味で今回の自分自身の状況と震災による旅客輸送のキャパシティダウンは痛すぎます。

まあ嘆くべきではないので、東北地方と東北新幹線の再起を願いながら帰省したいと思います。

北海道新幹線の工事状況については、5月中か6月にお伝えできれば・・・・・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

む~、落ち着かないなあ・・・。

記事内容、予定変更

皆さん、昨日大きな地震が発生しましたが、いかがお過ごしですか?

私が住む首都圏某市も揺れがきましたが、地震発生するとすぐに東北地方が震源かと思ってしまうほど頻発していることに改めて驚かされるとともに、今回はその中でも最大規模であったわけです。

本震が震源は三陸沖、マグニチュード9.0、最大震度7、震源の深さ24kmであるのに対し、今回は震源は宮城県沖マグニチュード7.1、最大震度6強、震源の深さは66kmだそうで。

さて、新幹線に話題を絞りますが、盛岡-一ノ関間が運転再開したと思ったら再度4/10まで運転見合わせということになってしまいました。今のところ出てきてる情報は、高架橋損傷数箇所、架線関係約80ヵ所の被害のみにとどまっているようですが、作業員の心中をお察しいたします。まさしく「せっかく直したのにまた同じとこ壊れたのか?」となればさぞかしやりきれないでしょう。

まあ少しくらい時間がかかってもいいです。作業員の皆さん、ゆっくりやってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »