« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »

2010年12月5日 - 2010年12月11日

2010年12月11日 (土)

東北新幹線八戸−新青森間開業レポート~まとめ

東北新幹線八戸−新青森間開業レポートのまとめとして、青森県民・青森市民は「新幹線」という乗り物をどう考えるべきか、キッツい激励の意味を込めて述べてみます。

NHKの報道(秋に放映されたものを手直ししたもの?)を見たり、開業時のテレビ番組などを可能な限りチェックしましたが、正直、青森県民・青森市民は交通機関の基本ってのをわかっているのか?と疑いたくなってしまいます。
どうも青森県民は「新幹線が来れば自動的に人が来てくれて万事目出度し」という心情をもっている様子が垣間見え、それは傲慢さ・油断などにつながり、きわめて危険です。

「新幹線が出来れば自ずと人が来る」っていう考え方、今すぐ捨ててください。

さっそく開業3日間の利用者数がJR東日本から発表されましたが、初の平日となった12/6の数字はほぼ平年並みです。これについては、私個人の感想は「まあ、こんなもんだろう」です。一部では開業前の青森駅とあまり変わらないとお嘆きの方がいるようですが、甘いです。

人は目的が無ければ青森に来ません。その目的を持ってもらうことが重要ですが、新青森開業でどんな目的を利用者に持ってもらうか、きちんと考えたのか?ってわけです。特に平日に青森に新幹線で訪れ、逆に青森から新幹線で出かける目的を創り出せていたか?私には全く見えません。

正直、まずは年末年始まで、特に平日はお寒い状況が続くでしょう。

傲慢さ・油断と言えば、ビジネスの面でのいい例が駅前保留地の売れ残り問題

買い手にノーリスクハイリターン感を味わってもらわなければなりませんが、果たしてうまくいってるでしょうか?

聞いたところによると、市は単純に現地の評価額を基準に値段を設定したそうですが、正直甘いです。なぜか?買い手の立場としては値段が高すぎるという話を良く聞きますが、この評価が本当だとすればノーリスクではないからです。さらに用途をあらかじめ限定してしまっており、この面でも買い手すら選んでしまいます。

不景気のせい?いや、それだけではないと思います。「使い勝手のいい土地を安く買いたい。」という買い手のニーズが解ってなかったからではないかと。

つまり、青森のお役人さんは、民間人との感覚が時折ズレている様子を表出しますが、こいつが傲慢さ・油断ってワケですね。私は今後結構長い間、ああいう風景は変わらないと思います。

「にぎわいの創出」と言う点では、私個人的には、七戸十和田周辺の方が好感が持てます
七戸十和田はこの駅を中心とした一大区画で道の駅、美術館、スーパー、産直品販売所が集約され、これから賑わうぞと予感させてくれます。良し悪しとか意図の有無を別として、生活の中に新幹線駅が入っているとも感じられ、人が来る根拠を見出せるのが、新青森との違いと思いますね。
ただし新幹線の利用客の増加に結びつくやり方ってワケでもなさそうですが・・・。

話は戻って、新青森は周辺の土地を売り、しかもその土地が値段が少々高く用途も限定されているなど、つまるところどうなって欲しいのかが簡単にわからないのが問題です。そもそも根本的なことを言うと、中継地としての色合いが濃いがゆえに駅周辺への集客力が無いし、必ずしも必要としない新青森はそういう駅です。駅前に何にも無ければそれはそれでよし

その代わりこの区域に賑わいをもたらしたければ、それこそ抜本的な開発計画の見直しが必要になってしまいます。

東北新幹線の誘致が青森県・青森市にとって成功と言えるかどうかは、これからある程度時間が経つのを待たなければなりませんが、開業したてであるからこそ、基本中の基本から見直して誘致成功に結びつける根拠を見出すべきではないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日 (水)

東北新幹線八戸−新青森間開業レポート~その7

まずは写真アップのお知らせ。
東北新幹線八戸−新青森間開業レポート~その3と6に写真アップ及び関連追記しました。ご覧くださいね。

さて、本日は私が見たというか関わったというか、そういう「人」について。

やっぱりいましたいわゆる「ヲタ」

開業日の12/4、八戸ではやて23号待ちのホームで「フザケンナよ」ってでっかく独り言言ってみたり、特急料金の払い戻しを受けるべく、みどりの窓口へ行ったんですが、別窓口の旅客カウンターで対応してもらってるにもかかわらず、手を休めずに食いモン食いまくってったり・・・・・・・。
(こいつ↑にはとりあえず食うの止めとけやannoyannoyannoyって心の中で何回突っ込んだことかdown

開業初日から特急料金払い戻し対応を、ひどいヤツの対応込みでさせられると思っていなかっただろう窓口対応の男性に、「初日から大変ですね。頑張ってくださいね。」と労いの言葉を掛けさせていただきました。

本音を言うと、できれば隣のカウンターの女性に言いたかったんですが・・・・・・、まあいいや(笑)

日付変わって12/5、帰ってくる直前、旬味館でお土産を買い、ざっとホームの様子を撮影。体感的には開業日の12/4ほどではないにしろ、それなりに混んでました。
やはりかなりの本数の新幹線が発着する上りホーム(11・12番線)、特に七戸十和田・八戸方は大人気スポットで、人が集まってましたね。

ホームの様子を撮りながら人気の無い下りホームをダラダラ歩いていると、とあるおじ様に、「撮影場所に詳しいですか?」とたずねられました。聞くと、「いえ、時刻表に写ってる場所で写真を撮りたくて・・・・・」と。

おじ様が撮りたい場所は思いっくそ三内丸山架道橋じゃないすかsign03

一応私もジモティー、かつ撮影スポットに関しては結構把握してるわけで、さらに年上の方なので、これは教えんわけにはいかんでしょ(笑)shine

移動手段はタクシーだそうでしたが、タクシーの運ちゃんはあまり撮り鉄スポットまで客を乗せないとの予想もし、タクシー運ちゃんに解ってもらえるようなご案内を差し上げました。

※はやて24号車中から紹介した撮り鉄スポットに1人いらしてたのを発見しましたが、時間的にちょっとキツかったはずで、同一人物かはわかりません。

ここで、撮り鉄の方々に申し上げますが・・・・・・、

皆さんは撮影場所はご自分で見つけましょう(爆)

もう少し述べたいこともあるんですが、あと一言述べさせていただくと、新青森、いろんな人にとって優しい駅になって欲しいもんだな、と思いました。

さて、次回は結構キッツ~いことを言ってレポートの締めとしたいと思います。

青森県民の皆さん、ご覚悟を(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 7日 (火)

東北新幹線八戸−新青森間開業レポート~その6

今回は新青森と八戸の両駅の違いについて。
七戸十和田は時間的余裕が無く、立ち寄りませんでしたので省略。

さて、多くの方が初めて中に足を踏み入れた新青森駅ですが、「大きい」といった感想をよく聞きます。しかし、ここで一言・・・・・・。

騙されてはいけません。新青森駅は、大きい駅ではありません。

やっぱり高架駅という形態がそう感じさせてしまうんでしょうね。

まずホームが、盛岡以南よりも約150m、八戸・二戸・いわて沼宮内よりも約50m短いという点。
実はフル規格新幹線の中では九州の8両対応に続いての小規模です。ただ、これは10両よりも長い編成の入線実績が無いし、運用の都合上とりあえずは必要無いということで適切な判断です。

そしてちょっとしたイベント事に使用できそうな広いスペースが、駅舎内には存在しない点が違います。

Dsc_0134 ←新青森駅ガイドマップ

八戸は橋上駅でさらに12mの自由通路があるので、個人的には鉄道利用客以外でも多くの方に使ってもらう機能としては八戸の方が優れているような印象を持っています。
新青森では南北自由通路の幅が6mで、さらに新幹線改札-南口間の通路がスロープ状になっているため小規模イベントスペースとしては使いにくそうです。

Dsc_0027 Dsc_0121
上3枚の写真は南北自由通路。左が12/3撮影、右が12/4撮影。
左写真は南側から新幹線改札東口方面、右写真は観光情報センター(東口と新幹線改札との間)から南口を撮ったもの。

東口までフラットが理想的でしたが、そうするとコンコース内の高さを確保するため「だけ」に高架橋の高さから車両基地の盛土の高さまで上げることになってしまい、かなりのコスト高となるでしょう。いかにもコストをケチる整備新幹線らしい割り切りと思いますが、何にしろイベントごとは新青森駅舎外でやるべきでしょう。

新青森は行政が謳うように、「中継地点」としての機能が重要視される駅だと私は思っています。要は新幹線から最終目的地への移動がしやすければ機能が成立し、駅舎内の施設は必ずしも大きくする必要は無いんです。なので私個人的には、極端な話八戸よりも小さく見えてもOKと思っています。

そういった意味でJR東日本発表の「乗車人員」の数字が必ずしも大きくなるとは限らず、びっくりするくらい少ない数字が出ても慌てないでください。

さて、ホームに上がってみますと、やはりと言うべきか、ホーム全体幅は同じはずなのに人が移動できる幅は八戸より狭いです。

Dsc_0074 ←上りホーム(11・12番線)

副本線側(上りホーム11番線と下りホーム14番線側)に設けられた可動式ホーム柵のせいですね。しかし、これは乗客の安全を確保するためには止むを得ないでしょう。

まあざっと八戸と新青森の違いを書きなぐってみましたが、皆さんはどういったご感想をお持ちでしょうか?

あ、そうそう、写真ですがただ今撮ったものからどれをアップするか選定中です。
早ければ明日アップします。

~12/8追記。
何点かアップの上、追記しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 5日 (日)

東北新幹線八戸−新青森間開業レポート~その5

たっだいま~~sign03

本日はやて24号で関東に戻って参りました、青湘遊郎です。正直、グリーン車が気持ちよくて、眠気で何度か意識を失ってしまってました(爆)

しかし、頑張って起きるようにしましたよ。

何でかって言うと、各駅の通過時刻をメモしてたからなんですね。

下記にその結果を載せてみます。太字以外すべて通過です。

新青森 11:43:00
七戸十和田 11:55:25
八戸 12:05:45
12:06:45
二戸 12:15:35
いわて沼宮内 12:23:50
盛岡 12:34:55
12:41:50
新花巻 12:50:55
北上 12:54:10
水沢江刺 12:58:00
一ノ関 13:03:30
くりこま高原 13:08:15
古川 13:13:25
仙台 13:24:35
13:26:40
白石蔵王 13:38:25
福島 13:45:20
郡山 13:54:30
新白河 14:02:25
那須塩原 14:08:35
宇都宮 14:18:55
小山 14:26:25
大宮 14:41:40
14:43:05
上野 15:01:40
15:03:10
東京 15:07:45

恐らくですが、新青森発は20~30秒くらい延発してたんでしょう。でもこれはどうも普通のことのようで、前面展望DVDあたりを見ると、駅からの発車はこのくらいの秒数の延発はむしろ当たり前のようです。これらの他、駅への停車は基本的に恐らくすべて早着だったのではないかと思わされてしまってます。

それにしても栃木県に入ってからの「余裕ぶちかまし走行」は健在でしたね(笑)
275km/hのところ240km/hで走ったり、240km/hのところ230km/hなどで走ったりとか。

何にしろ色々あった開業レポート、まだまだ書きたいことがあります。
「暫定版」は手直してレポートをまとめていきますんで、乞うご期待up

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月28日 - 2010年12月4日 | トップページ | 2010年12月12日 - 2010年12月18日 »