« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »

2010年3月14日 - 2010年3月20日

2010年3月20日 (土)

やっぱり6両編成対応だったんだ・・・・・。

本日も北海道新幹線の話題。ここ数回にしては珍しくリアルタイムです(笑)

まずはこの記事をご覧ください。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/221643.html

あれ?奥津軽と木古内、新函館って6両編成対応に過ぎなかったのか?

・・・・と思われる方も多いと思いますが、こちらにそれをうかがわせる情報が載っています。

http://www.imabetsu.net.pref.aomori.jp/shinkansen/pdf/team/part4.pdf
(今別町HP内 北海道新幹線情報  URL:http://www.imabetsu.net.pref.aomori.jp/shinkansen/index.html

そう、これまでの設計計画はフル規格車両6両編成対応だったわけですね。

東北新幹線八戸-新青森間のときもそうでしたが、沿線自治体や鉄道・運輸機構が駅ホーム長の情報を出し渋りましたから、意外と正確な情報を掴んだ方が多くないと思います。

さて、話は戻りますが、JR北海道の要望を受け、奥津軽以北の各駅6両編成対応のホーム東北新幹線直通目的で10両編成対応に設計計画変更しようというのが冒頭リンクの記事。やること自体は当然として、6両編成のままだったとしたらどうするつもりだったんでしょうね?

私は6両編成対応という駅ホーム長規模は、新青森-新函館間の需要予測を単純に想定、設計計画盛り込みをしたと考えます。
そして運用はJR北海道単独として新青森以北のみのフル規格車両6両編成単独運転とせざるを得なかったのではないかと。あるいはJR東日本のミニ新幹線用編成(E3系やE6系)の盛岡以北→新函館まで乗り入れ、奥津軽以北は各駅停車(ただし、可動式ホーム柵の位置の問題がある)とも考えられます。

しかしこの変更は、ひょっとしたらいわて沼宮内以北~新青森の各駅(特に新青森)が路盤基準で12両編成対応なのが要因かもしれません。16両編成対応の路盤で設計しなかったことによって実質フル規格車両10両編成しか使えなくなってしまっており、短編成の車両を用意するのが効率が悪くなってくるからです。もしいわて沼宮内の全駅が16両編成対応となっていれば、少ない需要に対する両数の適正化という意味で、フル規格用6両編成を用意する価値も出てきていたでしょうが。

さて、この変更によって東北・北海道新幹線直通の確実性が高まったわけなので、喜ぶべきではあるでしょう。

北海道にもE5系、上陸しますよ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

新在共用~これからも尾を引きそう

みなさん、更新が長引いてしまってスミマセン、青湘遊郎です。如何お過ごしでしょうか?
ちなみに私、風邪を引いてしまいまして、何とか快方に向かっているところです。

本日は再び北海道新幹線の新在共用問題について。
先日の記事を書いてからも、数度にわたって新聞記事にされているようで。

国だけでなくJR貨物も現状では140km/hへの減速案(9日に国土交通省で行われた整備新幹線問題調整会議でのヒアリングにて)が望ましいとしました

このところはTOTがこの問題解決の切り札という情勢です。

JR北海道は国からの支援を求めていくとしていますが、私は支援を求めるのは当然であるとして、自腹を切ってでもやって欲しいと思います。TOTは現時点ではJR北海道単独の研究で、国や鉄道・運輸機構、JR総研はノータッチのため、国側がTOT採用の追加投資を支払うとは考えにくいからです。

それともう1つ、以前にも申し上げたことかつ最も基本的なことなんですが、新幹線対貨物列車のすれ違い時リスクに関する実験・シミュレーションの明確な結果が全く公表されておらず、お役人の言葉だけで騒がれているという点です。

実験とかシミュレーションくらいやったらどうなんだ?とおもいますがね。

まあ一口に実験と言っても様々な方法がありますが、実車までやらないと。ではどこで実車実験するか。妄想を批判覚悟で申し上げます(笑)

青森市内です。雲谷平トンネル-横内トンネル-松森トンネル新青森側坑口付近が最適でしょうかね。周辺環境の安全性はもちろんですが、新幹線車両の速度、貨車や実験機材の運搬効率、トンネル区間と明かり区間の比較データ採取の容易性などの諸条件を考えるとこうなるかなと。

新函館開業直前の北海道新幹線区間でもいいじゃないかという意見も出るでしょうが、あえてこうしました。その理由は新幹線の実車走行試験開始から本開業前までの期間が1年未満であるため、試験結果が北海道新幹線のダイヤに反映されないからです。

まあ妄想はこれくらいにして、しかしこの問題、解決しないまま工事だけが粛々と進む・・・・・。これでいいのかしら?誰かウルトラC出してくんないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月28日 - 2010年3月6日 | トップページ | 2010年3月28日 - 2010年4月3日 »