« 悩ましいきっぷの選択~東北新幹線八戸-新青森間開業に向けて | トップページ | ぼちぼち出始めている開業版の路線概要 »

2010年11月13日 (土)

E5系はやぶさ、ダイヤ発表されましたが・・・・・・。

上りはいざとなったらE2系で代走もできるな(笑)

E5系はやぶさのダイヤを詳しく見てみての感想です。

仙台-盛岡間の所要時間上り43分(12/4からのはやて32号比)は変わらず大宮-仙台間は70分と短縮はされましたが、東京-(上野通過)-大宮間の25分は、他形式の上野停車より1分しか短縮されておらず、12/4~3/4までのはやて12号に比べて逆に所要時間が増加しています。

ここで、上下短縮の内訳を整理します。
まず上り
・八戸通過の4分(八戸通過の新青森-盛岡間の所要時間はもちろんE2系と同一。)
・盛岡停車の5分(併結6分を1分へ)
・盛岡-仙台間の0分(デイタイムパターン比では1分短縮。)
・仙台-大宮間の3分(上り73分から同70分へ。パターンは76分。)
・大宮-東京間の2分増加(12/4~のはやて12号の最速23分から25分へ。パターンは上野停車で26分)

次に下り。12/4からのはやて21号・25号・29号比で計算。
・八戸通過の4分(八戸通過の盛岡-新青森間の所要時間はもちろんE2系と同一。)
・盛岡停車の3分(分割4分を1分へ。)
・仙台-盛岡間の2分
・仙台-大宮間の3分(74~75分から71分へ。パターンは75分。)
・東京-大宮間の1分ただし、はやて41号の24分から1分増加の25分へ。パターンは上野停車で26分)

東京-大宮間は、先行列車と後発列車がこの両駅に停まる以上、これ以上の短縮は130km/h化されない限り、無理なんだろうなぁ

いずれにしろ他形式も混在するのでE5系の性能を活かしきれない感がモロに出てますが、これからはまず「新青森-盛岡-仙台間は、八戸停車とE6系分割併合時間を含めても所要時間が変わらないか?」に注目ですね。

|

« 悩ましいきっぷの選択~東北新幹線八戸-新青森間開業に向けて | トップページ | ぼちぼち出始めている開業版の路線概要 »

ダイヤ」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

結局最大のネックは大宮以南だということを再確認させられましたね・・・。
(どうせ最速スジ組めないなら上野に停めてほしかったというのが常磐線上野口ユーザーの本音ですがw)
適当に計算してみた感じだと、八戸停車とこまち併結のどちらか1つなら東京~新青森3時間10分(320km/h解禁後3時間5分)で走れそうですね。

投稿: パキラ | 2010年11月13日 (土) 17時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1052017/37628884

この記事へのトラックバック一覧です: E5系はやぶさ、ダイヤ発表されましたが・・・・・・。:

« 悩ましいきっぷの選択~東北新幹線八戸-新青森間開業に向けて | トップページ | ぼちぼち出始めている開業版の路線概要 »