« いよいよ開業まであと1ヶ月!!!!!! | トップページ | E5系はやぶさ、ダイヤ発表されましたが・・・・・・。 »

2010年11月11日 (木)

悩ましいきっぷの選択~東北新幹線八戸-新青森間開業に向けて

いよいよだな

MY FIRST AOMORIばりの出だしですが、12/3~12/5の東北新幹線八戸-新青森間開業レポートへ向けての計画が始動しました。

11/4の記事の通り、今回は行きはやて13号つがる13号、かえりははやて24号を使う旅程を組みましたが、悩んだのがきっぷ。

当然ながら、これまで帰省のたびに使用していた青森・函館フリーきっぷは使えません。しかもこのきっぷ、リニューアルフリーエリアが広がったのはまあいいとして、有効期間が7日間→5日間への短縮特急券別購入化がなされたうえ、繁盛期に使えないという大欠点があり、自分にとっては改悪です(泣)

往復乗車券えきねっと割引トクだ値の合わせ技で行くしかないかな~と思ってましたが、トクだ値で購入したグリーン車指定席が、1C(進行方向最前列通路側)となってしまいました。
せっかくグリーン乗るのに目の前が壁ってフザけんな

ってわけでボッタクリ払い戻し料金を払いつつ、指定を取り直すという大奮発をしました。正直、複雑な気持ちです(泣)今回のきっぷ購入、結構損な買い方になりましたね。

今後のために、改めて料金体系をチェック。

・正規運賃
東京⇔新青森間、普通車は運賃9,870円+指定席特急料金6,500円=16,370円
同じく、グリーン車は運賃9,870+グリーン料金10,900円=20,770円

・えきねっとトクだ値
東京⇔新青森間、普通車平日10%割引で14,730円、土休日20%割引で13,090円
同じく、グリーン車平日10%割引で18,770円、土休日20%割引で16,680円

・モバイルSuica
東京⇔新青森間、普通車で15,000円(運賃9,010円+指定席特急料金5,990円)
同じく、グリーン車で20,000円(運賃9,010円+グリーン料金10,990円)

う~ん、トクだ値は安いんだけど、席が自分好みの指定をしにくいリスクがあるな・・・・・。
指定席の選択の幅を広げるためにも、近いうちにモバイルSuica、登録することにするか・・・・・。

|

« いよいよ開業まであと1ヶ月!!!!!! | トップページ | E5系はやぶさ、ダイヤ発表されましたが・・・・・・。 »

コメント

東北新幹線(八戸~新青森間)が全線開業となりましたが、最近、JR東日本と北海道の一部の「お得の切符」(往復乗車券並び、乗り放題きっぷ類など)のリニューアル化に伴い、快速を含む普通列車の普通車自由席のみの乗車券となり、新幹線・特急、指定列車が別料金制化はて納得できません、今まで発売されていた新幹線・特急自由席乗り放題込みと異なり、標準料金より割高に改悪化となってしまい、旅行者の負担が増され納得出来ません。これじゃボッタクリ行為としかい言いようがありません。
東北新幹線(八戸駅~新青森駅間)が開業したのに、「お得の切符」(往復乗車券類及び、乗り放題きっぷ類など)新幹線を含む特急券、座席指定席券を別料金制にしてはお得感を損なわれ、旅行者は経済的に痛いです、いまどき長距離で普通列車で移動する人なんていますか?毎年3シーズンに発売される「青春18きっぷ(普通・快速列車普通車自由席乗り放題)」と変わりません。高速道路(ETC利用1,000円)に対し「お得の切符」(往復乗車券類及び、乗り放題きっぷ類など)新幹線を含む特急券、座席指定席券を別料金制にしては全く意味がありません。

投稿: 抗議の怪人 | 2011年1月 4日 (火) 23時52分

>抗議の怪人 さん
コメント、ありがとうございます。

トクトクきっぷの改悪は私自身も困ってしまいましたが、
「開業祭り」の時の強風による遅延で、あながち悪い方向性とは言えないなと思ってしまいました。
逆のパターンだと、いくら遅れようが特急料金の払い戻しは効きません。
要するに本文にある通り、特急料金の別料金制化は、「自分にとっては」改悪に過ぎないんです。

ただし、おトク感がどんどん損なわれているというのも事実なので、
「トクトクきっぷの別料金は踏襲したままでいいから、組み合わせで買う特急券の料金を
下げてくんないもんだろか?」、
まあつまり「このトクトクきっぷと組み合わせて買うと、特急料金は安い値段で変買えますよ」
っていう方向性にシフトしてくれんもんだろか?
と、私自身は妄想混じりの期待を膨らませているところです。


尚、私自身、高速道路については、「無理がある」プランと考えており、長続きしないと考えています。

投稿: 青湘遊郎 | 2011年1月 5日 (水) 00時12分

最近、JR東日本の「お得の切符」(往復乗車券並び、乗り放題きっぷ類など)のリニューアル化に伴い、快速を含む普通列車の普通車自由席のみの乗車券となり、新幹線・特急、指定列車が別料金制となり、今まで発売されていた新幹線・特急自由席乗り放題込みと異なり、標準料金より割高となり、旅行者の負担が増されて納得できません、これじゃボッタクリ行為としかい言いようがありません。
JR東日本へ苦情を問い合わせた結果『このたびのご意見につきまして、以下のとおり回答させていただきます。
東北新幹線の新青森駅開業を踏まえまして、新青森を中心とした広域観光需要に対応するため、「青森・函館フリーきっぷ」と「秋田・大館フリーきっぷ」のフリーエリアを統合いたしました。また、地方鉄道やバス会社と連携し、お客さまの利便性の向上を図りました。また、新幹線や特急列車の料金をあらかじめ含んだ価格設定となっているため、普通列車等でご旅行されるお客さまにとっては割高感がありました。一方、昨年設定した「ツーデーパス」は運賃のみのフリーパスとし、新幹線・特急列車をご利用の際は、別途、特急券をご購入いただく形としましたが、より幅広いご利用があり、たいへんご好評をいただきました。こうした結果を踏まえまして、「青森・函館フリーきっぷ」、「秋田・大館フリーきっぷ」を「北東北・函館フリー乗車券」として運賃のみの往復+フリーきっぷにリニューアルすることとし、より幅広く、自由に鉄道旅行をお楽しみいただけるようにいたしました。ご了承いただきますようお願いいたします。』
乗車券のみ新幹線・特急および全車両座席指定制の特別列車は別料金制に改悪させられ旅行者の負担が増し、今まで発売されていた。お得のきっぷの標準価格より値上げで高騰に不評を喰らわれいるよ、何が『新幹線や特急列車の料金をあらかじめ含んだ価格設定となっているため、普通列車等でご旅行されるお客さまにとっては割高感がありました。 一方、昨年設定した「ツーデーパス」は運賃のみのフリーパスとし、新幹線・特急列車をご利用の際は、別途、特急券をご購入いただく形としましたが、より幅広いご利用があり、たいへんご好評をいただきました。』何処が好評なんですか?理不尽な回答に憤りを詰まらせられた。スピードと乗り換えが少なくて済む時代だというのに、今時、北東北まで普通列車を何度も乗り継いで移動する奴いますか?最近の車両は(都心に乗り入れる中距離型系の211系一部、E217系、E231系・E233系近郊仕様【グリーン車を含み一部ボックス席在り】、E531系【グリーン車を含み一部ボックス席在り】かつて都心に乗り入れていたが後継車両に譲られ現在はローカル仕様なった415系の一部、209系【千葉以東の房総各線仕様一部ボックス席在り元、京浜東北線からの改造車両】E501系、E127系【大糸線東日本管内電化区間仕様車のみボックス席在り】701系【田沢湖線、奥羽本線福島~新庄山形新幹線・秋田新幹線併用標準軌区間仕様車両はボックス席在り】、久留里線の気動車全車両、キハ40系列【磐越西線・白新線~羽越本線酒田以南の区間、米坂線運用の一部のみ】)は東京近郊の通勤電車の様な横並びのベンチシートが多くなりボックス席が減少し旅情も失われており、運転区間も縮小しているよ、例として、青森まで新幹線を使わないで鈍行何度も乗り継ぎ(乗り換え時間を含む)何時間かかるんですかね!、現地での滞在時間が限られ満足に観光もできません!!
スピードと乗り換えが少なくて済む時代だというのに、せっかく、新幹線が新青森まで開業して便利になり、お得のきっぷ(新幹線・特急および全車両座席指定制の特別列車は別料金化は勝手過ぎ)は使い物にならん、これじゃ高速道路休日ETC1,000引きの対抗策にもならん値上げ当然、納得出来ね、運賃のみのフリーパスとし、新幹線・特急列車をご利用の際は、別途、特急券をご購入いただく形は首都圏近郊【茨城・栃木・群馬・埼玉・東京・千葉・神奈川・山梨(韮崎駅まで)・静岡県(熱海駅及び伊東線~伊豆急行線区間のみ)1都9県(常磐線各駅停車及び総武中央線各駅停車と相互乗り入れを行っている東京メトロを含み、JR東海の東海道新幹線、御殿場線・身延線を除く)】の通勤電車圏のみの『首都圏通勤電車圏フリー乗車券(仮)』を発売すればいいじゃないか!!(怒)
提案として、「スリーデーパス」「ツーデーパス」 (新幹線・特急普通車自由席乗り放題及び指定席4~6回まで発行と全席指定の特別列車込み料金は今まで発売されたフリーきっぷ類と同じ標準価格に設定)のタイプと「スリーデーパス」「ツーデーパス」普通列車のみの乗車券タイプとシリーズ2タイプで発売すればいいじゃないか!!また、「北東北・函館フリー乗車券」を「北東北・函館フリーきっぷ(新幹線・特急(自由席乗り放題及び指定席4~6回まで発行と全席指定の特別列車込み)」に再度見直すべきだと思います。
後、2009年の年末から発売開始した「ふるさと行きの乗車券(乗車券タイプのみ、新幹線・特急、全車座席指定の特別列車は別料金)」を「ふるさと行きのフリーきっぷ(新幹線・特急普通車自由席乗り放題及び指定席4~6回まで発行と全席指定の特別列車込み料金は今まで発売されたフリーきっぷ類と同じ標準価格に設定)」に見直し、年末年始からゴールデンウィーク及びお盆のみに移行での発売に見直してほしいですよ(泣)・・・

投稿: 抗議の怪人 | 2011年2月25日 (金) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましいきっぷの選択~東北新幹線八戸-新青森間開業に向けて:

« いよいよ開業まであと1ヶ月!!!!!! | トップページ | E5系はやぶさ、ダイヤ発表されましたが・・・・・・。 »