« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

実はこういう真実がありました。

東北新幹線八戸-新青森間開業、すなわち東北新幹線全線開業までいよいよあと5日ですね。

レポートをガッツリやるつもりなので乞うご期待。

さて、今回はこれまであまり話題に挙がって来なかった真実を2つほど紹介したいと思います。

まずは、三内丸山架道橋について。

三内丸山遺跡が発見されなければ、たぶんああいう造りにはならなかった橋だって、ご存知ですか?

完成ルートは細越トンネルから新青森付近まではカーブのしっぱなしで直線区間がほとんど無いんですが、ルート決定当時細越トンネル東京方に現ルートよりも急曲線を設け、その急曲線以北をほぼ直線で新青森駅へ向かうルートでした。このため、細越トンネルは国道7号環状線の東側で抜ける、つまり新幹線は国道7号環状線とトンネルで交差する計画だったわけです。変更前のルートだと細越トンネル以北は盛土or切取、沖館川の遊水区域となっていき、構造物が市民の生活に支障する要素が無いので、長い径間(橋脚間の距離。「スパン」とも)を確保する必要も無かったと思われます。

ルートが最大約400m西側にズレて現在に至るわけですが、ひょっとしたらの話をもう1つ。

実現可能性はほぼゼロと言っていいんですが、羽越新幹線とどう接続するか?こいつが疑問です。新青森駅のすぐ南を分岐合流とするのか?あるいは細越トンネル-松森トンネルの間の明かり区間か?
ルートを変更した当時は、どうするつもりだったんでしょうね?
根拠は全く無いんですが、現在の三内丸山架道橋の位置付近で分岐・合流地点となる可能性はあったんじゃないか、だったら一番手っ取り早かったんだろうな~と、たまに考えてしまいます。一応、新青森駅の立地の意義のうちの1つに「羽越新幹線との接続」もあったわけですからね。

まあさっきも書いたとおり、羽越新幹線は実現可能性がほぼ無い新幹線なので、あまり妄想を膨らませすぎないようにしますが。

さて、次に青森新幹線車両基地について。

実は車両基地の当初計画は、もう少し北側にあったことをご存知ですか?

相当前に私は整備新幹線関係の新聞記事を集めまくっていた時期がありましたが、その中の1つに「車両基地は、当初は西田沢飛鳥地区に建設する計画だったが、規模縮小の上、建設場所も変更」といった内容の記事がありました 。その理由を考えてみると、やはり「コスト削減」という整備新幹線の主題が浮かび上がってきます。
油川字実法に造られたのはちょうど12両編成対応の小規模車両基地用の広さをもつ敷地が新青森の近くにあったから。個人的印象としては、国道280号バイパス、県道234号、住宅地、JR津軽線、新城川で囲まれた部分に無理矢理押し込めた感覚ですが、恐らく建設規格をフル規格16両編成対応で踏襲していたら敷地面積が足りず、油川には造れなかったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

PHCトロリ線とは?

前回はこれから開業していく区間に張られているトロリ線はPHCトロリ線と述べました。今回はこれについて自分で調べてお勉強してみましたので、その内容を述べてみます。

まずは架線方式から。
いくつかの方式のうち、「カテナリ(懸垂)方式」ってのを採用してます。
カテナリ方式のうち最も多く使用されているのはシンプルカテナリと言われている方式ですが、上から、

1:吊架線-トロリー線を吊るすための線

2:トロリ線パンタグラフに直接接触し続け、電車に給電する線。本日のテーマとなるものです。

3:ハンガー-吊架線からトロリ線を吊して支える金属線

という構成です。
東北新幹線に使用している方式は次の通りです。

・ヘビーコンパウンドカテナリ
 盛岡以南の高速走行区間に採用。吊架線、トロリ線のほか、補助吊架線もあり、これらで構成。「ヘビー」なのはこの3種類の線を太くし、張力を高めているから。

・シンプルカテナリ
 盛岡-新青森間と盛岡以南の低速走行区間(副本線など)に採用。

この2つの方式を使っています。ちなみに、東海道・山陽新幹線と上越新幹線ヘビーコンパウンドカテナリ北陸新幹線高崎-長野間九州新幹線新八代-鹿児島中央間シンプルカテナリです。

ヘビーコンパウンドカテナリ方式で使用されたトロリ線はSN(錫入り銅)トロリ線で、北陸新幹線高崎-長野間からの整備新幹線のトロリ線と言えば、これまでは「CSトロリ線」でしたが、今後は「PHCトロリ線」を標準としていくようです

前置きが長くなりましたが、CSとPHCの違いについて述べていきます。
CSとはCopper Steel銅被覆鋼のことで、高張力の性能確保のため鋼の周りを硬銅で覆う造りになっています。つまり、2種類の金属を使っているわけですが、そのせいでリサイクルが難しく、取り外したものは産業廃棄物として処理するそうです。そこでCSトロリ線と同等の性能とリサイクル性を求めPHCトロリ線が開発されました。PHCとはPrecipitation Hardening Copper析出硬化銅のこと。

ちなみに、「析出硬化(処理)」ってどういうことなのかが解らなかったので調べてみました。
解りやすく言うと、熱処理によって金属(合金)が溶解され混ざり合った後、時間の経過(自然な冷却)によって固体化(析出)してきますが、これを人工的に行うことらしいです。

PHCトロリ線は銅合金できてますが、約95.5%が銅なのでリサイクルが容易、つまり経済性に優れると言うわけです。

高速性能については、CSトロリ線は300km/h程度の性能とされていますが、PHCも同等の性能を有します。また、FASTECH360で盛岡-八戸間のシンプルカテナリCSトロリ線使用区間で「ひずみ」が大きくなり集電性能上の課題を残しましたが、これへの対策案の1つとして疲労特性にも優れるPHCトロリ線の使用が挙げられています

以上から、このことからリサイクル面でも高速性能面でもCSよりも優れていると考えられているようで、北海道新幹線にもこれを使用していくと思われます。

じゃあ盛岡以南はどうなるんだ?といえば、カテナリ方式やトロリ線の材質変更をせず、これまでのヘビーコンパウンド架線・径170m㎡SNトロリー線の張力を上げて320km/hへ対応させるそうです。

PHCトロリ線は、理論的にはヘビーコンパウンドカテナリ方式よりも高密度高速性能面で劣るシンプルカテナリ方式へのフォロー的役割を担うものという考え方から来るものなのでしょうが、こういうところには何とも「やらなくてもいいことはやらない」、JR東日本らしさが見えますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

ぼちぼち出始めている開業版の路線概要

最近ぼちぼち書店に行くようになっている青湘遊郎です。

何でかって言うと、東北新幹線八戸-新青森間と九州新幹線博多-新八代間の開業が迫り、雑誌に色々情報が載り始め、その中には建設路線の詳細も記されているものがあるからです。

ざっと雑誌を見ている中、東北新幹線八戸-新青森間だけではなく、北陸新幹線長野-金沢間と九州新幹線博多-新八代間の概要が載ってたので、「鉄道と電気技術」誌2010年10月号を購入。

その中で目を引いたのが、

・本線のトロリ線はPHCシンプルカテナリ
・北陸新幹線の信号設備は、電源同期式60HzDS-ATCを予定しており、さらに東京-金沢間のDS-ATC化を実施
・九州新幹線新八代付近は、博多-新八代間開業後も新八代付近で速度制限が掛かる

まずトロリ線のことについては次回述べるとして、東京-金沢間っていうのは高崎-金沢間の間違いでしょう。ただ、ここだけ見ると高崎-長野新幹線車両センター間もDS-ATC化されるのかと思わされますね。
また、新八代駅構内の改良については、この付近で速度制限が掛かるのは、終点側に「振分け分岐器」(対面乗り換えを可能にするために設置していた)がありますが、現在の「対面乗り換え」で確立されている旅客の利便性を最優先して、線路切り替えを先送りしたためだそうですが、個人的には意外でした。

また、東北新幹線八戸-新青森間の線路概要がある程度細かく載っていたことや工事概要も詳しく載っていたことなどがあり、鉄道ダイヤ情報2010年12月号も購入。

ちょっと「あれ?」って思ったのが、細越トンネルのR3500カーブに付けられたカントと三内丸山橋梁(架道橋)付近のR3500カーブのカントが違うこと。前者は200mm確保としてますが、後者は160mmとなぜか違っています。ただ、別の雑誌に後者のカーブはR3600という記述もあり、正確な情報を得たいところです。

雑誌でも新聞記事でもそうですが、意外に情報ソースによって細かいところでの情報に違いがあります。こういうのを見つけるのって結構楽しかったりしますが、皆さんは如何でしょうか?

話が逸れましたが、次に買うのは鉄道ジャーナル・鉄道ファンあたりかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

E5系はやぶさ、ダイヤ発表されましたが・・・・・・。

上りはいざとなったらE2系で代走もできるな(笑)

E5系はやぶさのダイヤを詳しく見てみての感想です。

仙台-盛岡間の所要時間上り43分(12/4からのはやて32号比)は変わらず大宮-仙台間は70分と短縮はされましたが、東京-(上野通過)-大宮間の25分は、他形式の上野停車より1分しか短縮されておらず、12/4~3/4までのはやて12号に比べて逆に所要時間が増加しています。

ここで、上下短縮の内訳を整理します。
まず上り
・八戸通過の4分(八戸通過の新青森-盛岡間の所要時間はもちろんE2系と同一。)
・盛岡停車の5分(併結6分を1分へ)
・盛岡-仙台間の0分(デイタイムパターン比では1分短縮。)
・仙台-大宮間の3分(上り73分から同70分へ。パターンは76分。)
・大宮-東京間の2分増加(12/4~のはやて12号の最速23分から25分へ。パターンは上野停車で26分)

次に下り。12/4からのはやて21号・25号・29号比で計算。
・八戸通過の4分(八戸通過の盛岡-新青森間の所要時間はもちろんE2系と同一。)
・盛岡停車の3分(分割4分を1分へ。)
・仙台-盛岡間の2分
・仙台-大宮間の3分(74~75分から71分へ。パターンは75分。)
・東京-大宮間の1分ただし、はやて41号の24分から1分増加の25分へ。パターンは上野停車で26分)

東京-大宮間は、先行列車と後発列車がこの両駅に停まる以上、これ以上の短縮は130km/h化されない限り、無理なんだろうなぁ

いずれにしろ他形式も混在するのでE5系の性能を活かしきれない感がモロに出てますが、これからはまず「新青森-盛岡-仙台間は、八戸停車とE6系分割併合時間を含めても所要時間が変わらないか?」に注目ですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

悩ましいきっぷの選択~東北新幹線八戸-新青森間開業に向けて

いよいよだな

MY FIRST AOMORIばりの出だしですが、12/3~12/5の東北新幹線八戸-新青森間開業レポートへ向けての計画が始動しました。

11/4の記事の通り、今回は行きはやて13号つがる13号、かえりははやて24号を使う旅程を組みましたが、悩んだのがきっぷ。

当然ながら、これまで帰省のたびに使用していた青森・函館フリーきっぷは使えません。しかもこのきっぷ、リニューアルフリーエリアが広がったのはまあいいとして、有効期間が7日間→5日間への短縮特急券別購入化がなされたうえ、繁盛期に使えないという大欠点があり、自分にとっては改悪です(泣)

往復乗車券えきねっと割引トクだ値の合わせ技で行くしかないかな~と思ってましたが、トクだ値で購入したグリーン車指定席が、1C(進行方向最前列通路側)となってしまいました。
せっかくグリーン乗るのに目の前が壁ってフザけんな

ってわけでボッタクリ払い戻し料金を払いつつ、指定を取り直すという大奮発をしました。正直、複雑な気持ちです(泣)今回のきっぷ購入、結構損な買い方になりましたね。

今後のために、改めて料金体系をチェック。

・正規運賃
東京⇔新青森間、普通車は運賃9,870円+指定席特急料金6,500円=16,370円
同じく、グリーン車は運賃9,870+グリーン料金10,900円=20,770円

・えきねっとトクだ値
東京⇔新青森間、普通車平日10%割引で14,730円、土休日20%割引で13,090円
同じく、グリーン車平日10%割引で18,770円、土休日20%割引で16,680円

・モバイルSuica
東京⇔新青森間、普通車で15,000円(運賃9,010円+指定席特急料金5,990円)
同じく、グリーン車で20,000円(運賃9,010円+グリーン料金10,990円)

う~ん、トクだ値は安いんだけど、席が自分好みの指定をしにくいリスクがあるな・・・・・。
指定席の選択の幅を広げるためにも、近いうちにモバイルSuica、登録することにするか・・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

いよいよ開業まであと1ヶ月!!!!!!

皆さん、開業日のはやて号の指定席、取られましたか?

いよいよ本日より東北新幹線八戸-新青森間開業日の指定席特急券が発売開始されました。

やはりと言うべきか、はやて12号30秒で完売はやて11号45秒で完売と、文字通り「瞬殺」って感じだそうで、さらにはネットオークションに上下1番列車の指定席特急券が出品される有様。

転売屋の所業はさておき、私は1番列車、どうせ指定を取るの難しいだろうと割り切り、乗らないで「撮る」ことにしています。撮影場所は検討中ですがね。

私は東北新幹線八戸-新青森間開業日が決定したときに、12/3~12/5は仕事休むと豪語してましたが、開業前後の私のスケジュールは、現在のところ次の通り。
開業前日はやて13号+つがる13号で帰省し、開業当日はやて26号はやて23号開業区間を往復、そして翌日はやて24号関東戻りをする予定。関東戻りのはやて24号は、ちょっと奮発してトクだ値でグリーン車を使おうかと思います。
えきねっとの事前購入で一応上記計画の開業区間往復までは確保。明日11/5にははやて24号の結果のメールが来るはずです。仕事帰りにきっぷを買いに行かなくては(笑)

・・・しかし、トクトクきっぷの内容が結構変わったので、それに伴って今後は帰省の際のきっぷの買い方も変えざるをえません。その辺については、次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »