« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

GTOが唸る~報道関係者試乗会

ご覧になった方も多いと思いますが、10/29に東北新幹線八戸-新青森間のプレス(報道関係者)試乗会が行われましたね。Web東奥あたりが動画もアップするというサービスの良さ(笑)

もちろん私も見させてもらいました。

感想は・・・・・・、

GTOサイリスタの音、響きまくってますな~と。

試乗にはE2系0番台(J8編成?)が使用されたようで、しかも車窓は8号車、当然M車(電動車)でした。なので加減速時はこの音が響き渡ってましたけど、1000番台(IGBT)の方に乗り慣れてくると、私はGTOの音って耳についてちょっと疲れるような感覚を覚えますね。まあGTOの音、好きな人にはタマランのですが。

さて、車窓映像はA席(3列の窓側)からのものでしたが、だいたい想像通りのものでした。欲を言えばE席からの車窓映像も欲しかったな・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

はやて36号八戸通過の何故

ちょっと古いネタですが。

あ、設定されたか・・・・・・。

八戸通過列車です。

9月に帰省して八戸駅構内を見た際、バラスト飛散防止マットが敷かれてる途中だったので、通過対策はしてるな~と思ったら、やはりきました。

通過するのははやて36号(臨時・盛岡以南は毎日運転)の1本のみではありますが。

9/8付けの記事で、「新36号のスジが無いのが不可解」(この時は新青森発着ダイヤのみが発表されていた)としてましたが、東北新幹線全体時刻の全容も明らかにされたしということで、時刻表を買って理由を探ってみました。

最初は新青森のホームの空きの確保かと思ったんですが、時刻表で新青森発着番線をチェックすると、そういったわけでも無さげ。はやて36号は臨時列車・白鳥74との接続をとる格好になっており、一旦は八戸通過は恐らくは在来線ダイヤが原因かと考えました。ひょっとしたら789系をこの列車に充てていれば、八戸停車もありえたかもしれないな~とか。
はやて36号は当面毎日運転するのに比べ、白鳥74号は12/28~2011/1/5、1/8~1/10、1/13~1/25、2/11~2/13となっています。意外に白鳥74号の運転日が多いから、在来線ダイヤというのはやはり一要因かもしれません。

興味深いのは、はやて36号と後続の定期列車・はやて38号は、定期特急列車による接続はとらないことです。来月にはまた詳しく理由を探れるのではないかと思いますが、さて開業後はどちらもそこそこの利用者数がとなるでしょうか?

ちなみに、新青森-盛岡間の区間平均速度(表定速度)を出してみました。

以前お伝えしたように、八戸-新青森間81.8kmはノンストップで24分、表定速度204.5km/h盛岡-八戸間96.6kmノンストップ29分、表定速度199.86km/hとなりましたが、青森-盛岡間178.4kmノンストップ49分だと、区間平均速度(表定速度)は218.45km/hとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

2010年10月レポート~北海道新幹線青森県内部分

いや~、参った

仕事で「エライこと」(しかも超不条理)になってしまい、精神的に大ダメージを受け、記事アップどころでなくなってしまってました。
こりゃまた転職かしら?・・・・・とも思いましたが、上からの具体的な話が無いので、いつでも活動できるようにしてとりあえずはフツーにしとこう(爆)

仕事の話はさて置き、お待たせしました、北海道新幹線部です。
9月に訪れた際は休日返上で作業中だったので撮影枚数は思ったほどではなかったんですが、瀬戸子川以北で六枚橋川橋梁付近を除く青森市部分、具体的に言うと、瀬戸子高架橋他・奥内高架橋他・左堰高架橋他・六枚橋高架橋他・後潟高架橋他の工区(新青森起点5km894m~14km286m)で連続的に何らかの手が加えられ始めている状態となりました。
後潟高架橋他工区以外は起工式未実施ではありますが、おいおいやることになるでしょう。

津軽今別に行き、望遠レンズで新函館方にわずかに見えるスラブ軌道部分が三線軌となったかの確認で撮ってみたところ、まだ三線軌にこそなってませんでしたが、傍らにレールが置かれており、敷設直前という様子でしたね。

※写真は改めてアップします。

さて、写真追加です。

201009dsc_0349 ←瀬戸子高架橋他工区の工事始点付近。
左が新青森方面。奥の緑色の網の部分が工事予定箇所です。

201009dsc_0357 ←瀬戸子高架橋他工区の工事始点部
こっちは軌道中心上から奥津軽(仮称)・新函館(仮称)方面を向いてのもの。

201009dsc_0476 ←後潟高架橋他工区の一部。
左が新青森方面。

201009dsc_0487 ←上の写真から少し奥津軽(仮称)側に移動して。
左が奥津軽(仮称)・新函館(仮称)方面、右が新青森方面。

201009dsc_0598 ←現・津軽今別=奥津軽(仮称)より望遠レンズで新函館(仮称)方面を。
写ってるトンネルは大川平トンネル。
望遠で撮ったものをトリミングしてます。
光量が不足気味でシャッタースピードが落ちたので、写真としてはいい出来ではないんですが、傍らのレールの存在がお分かりいただけるかと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

東北新幹線八戸-新青森間、訓練運転レポート~その2

数日明けてしまいましたが、今日は訓練運転レポートの続き。

9/20もいろいろでした。
最初は青森市内で八甲田山をバックに撮れるポイント探しのために高田高架橋工区をウロウロしてましたが、その最中に下りの訓練運転列車E2系0番台が!9:46通過。準備が間に合いませんでした。
ただ、行ってみて改めて思ったのは、やはり八甲田山バックのポイントは、午前中から夕方手前までは逆光になるんで、撮る際はそこに気をつけた方がいいかもってことですね。

次に牛舘川橋梁付近で訓練運転列車を待ち構えてみました。
牛舘川橋梁は、新青森から10km近くの距離だから、260km/h走行になっているだろうということで行ってみたポイントです。さっき遭遇した下り訓練運転列車の返しの上り訓練運転列車を撮りましたが、

Dsc_034710:23通過

カメラのシャッタースピードの調整を忘れ列車がブレてしまう、ホワイトバランスの設定を前日のまんま撮ってしまう(調整はしましたが、不自然・・・・・)というミスをやらかしてしまいました。がっかりしながら北海道新幹線部の現場に向かう最中、遠巻きに下り訓練運転列車E2系1000番台が見えました。正確な時刻は不明ですが、荒川橋梁10:35ごろ通過?9/20は編成番号こそ不明でしたが、9/19とは違う編成が訓練運転に充てられてたようです。

北海道新幹線部をたずねたあと、青森市内の八甲田山バックのポイントにもどり、再度訓練運転列車の捕足にトライしました。午後天気が悪くなりそのまま時間が経ってだいぶ暗くなってきてたので、思い切って流し撮りをしてみることに。まず

上り

Dsc_061317:38分通過(流し始めの写真で、「流し撮り」っぽくない・・・)

次に下りが来ないかな~と待ち構えましたが、また上りorz17:46通過

さらに9/21も撮ってみました。

牛館川橋梁にて上り

Dsc_062316:12通過

高田高架橋工区へ移動して、

下り

Dsc_062817:15通過

を撮影。

9/22は比較的まともなものが撮れました。高田高架橋工区は

上り

Dsc_066315:20通過

下り

Dsc_066415:31通過

牛館川橋梁付近

上り

Dsc_067916:12通過

下り

Dsc_068016:22通過(これは思い切って流しにチャレンジ)

出来るだけ色々やってみましたが、地上からだとやはり高架橋の側壁が結構邪魔で、車体が十分に写ってくれません。高架橋の側壁があるところではやはり俯瞰で狙うのがよく、私としてはあまりオススメしたくないスカイブリッジがやはりポイントとしては最良のようです。

尚、撮影の出来については、自分では「まだまだヘタクソ」と分かっております。例えば、シャッターのタイミングが悪かったり、高圧電線を写したりしてしまってますが、訓練運転の様子をご紹介したかったのと、撮り鉄のイメージを当blogをご覧頂いている方にしていただきたかったので、恥ずかしながら写真を載せさせていただいております。

ですので、あまりキツい突っ込みは勘弁してください(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »