« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月26日 (日)

東北新幹線八戸-新青森間 訓練運転レポート~その1

9/20に手違いで変な日本語のまんまアップしてしまった記事の完成版です。

今回は9/19のレポートを。

前回途中で時間切れで打ち切った、全区間撮影・撮り鉄スポットの確認の続きを中心にするつもりだったんですが、列車の高速走行音が聞こえると、やはり訓練運転の具合も見てみたくなってしまいました。

鉄道ジャーナル誌に載った写真の撮影現場の確認をと思い、三内丸山架道橋あたりをウロウロしたあと、七戸町へ移動して八甲田トンネル七戸十和田・八戸側坑口そばに到着すると、列車の高速走行音が上り訓練運転列車でした。七戸十和田へ向かうべくクルマに乗ろうと本線を背にして歩き始めたタイミングで完全に不意を突かれ、当然ながらこの列車の撮影ができませんでした。その時の時刻、多分9:30

八甲田トンネル坑口を撮って新青森方向へ歩き出すと、また高速走行音が今度は下り訓練運転列車。慌てながらも何とか写真に収められました。この時の時刻、9:37

Dsc_0080 ←うまく撮れてませんが、せっかくなので。

この他、次のポイントで訓練運転列車と遭遇しました。

・七戸十和田-下り列車10:20着10:24発、上り列車10:33着10:38発
Dsc_0096
←写真は下り列車

・六戸トンネル七戸十和田・新青森側坑口-下り列車12:18通過
Dsc_0126
←シャッタースピードが遅い失敗カットですが・・・。

・五戸トンネル七戸十和田・新青森側坑口-下り列車13:16通過
Dsc_0127
←左手前方に進んでいくと、奥入瀬川橋梁です。

・南部山トンネル八戸側坑口-上り列車14:47通過
Dsc_0176
←お馴染み、南部山アイスアリーナ付近より。

・八戸-新青森間工事始点部-下り列車15:07通過

八戸駅でも15:45着→折り返し15:57発16:36着新青森16:08発と実際のダイヤ通りのもの?)→折り返し16:50発の計2本の訓練運転列車を見送ってみました。

Dsc_0252 Dsc_0264
この2枚は16:36八戸着→折り返し16:50八戸発のもの。右写真はトリミングしてます。ってゆーか、左写真も車体に架線柱を被らせてしまい、失敗カットですね。

訓練運転はひたすら八戸−新青森の往復をしてるようでしたね。ちなみに編成は、9/19はJ5編成とJ13編成が、後日レポート予定の9/20は、編成番号は分かりませんでしたが、J2~J15のうち1編成とJ51以降の編成のうち1編成が充当されてました。
八戸−新青森ひたすら往復ってのも少々条件があります。下図のような八戸の配線の都合上、訓練運転列車を折り返させるには、下りホーム(13番線と14番線)しか使えません。なので訓練運転は営業運用の列車が在線してない隙をついて行うことになります。
※八戸開業直前の盛岡も恐らく同様だったと思いますが、配線の条件が八戸の方が厳しい(あくまで私基準ですが)。

Photo

ですから今のうちなら八戸の13番線14番線の「隙」を探れば、ある程度のダイヤが読めると思いますよ。

それと、後日改めて述べますが、9/18記事で挙げた情報は、上記の関係上、新青森駅を運用予定ダイヤと同時に発着させることが偶然可能な時間帯であったことが分かりました。これは既に発表されているダイヤと比べてみるとお分かりいただけるかと。

次回に続きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

青森圏在来線ダイヤを見る

今回は新幹線工事レポートの前に9/24に発表されたダイヤについて先に述べちゃいましょう。

いろいろな意見が飛び交っているようですが、私は結構意欲的なものだとは思います。

ダイヤの特徴は普通・快速列車まで情報を掴まないと分かりませんが、現時点での推測をしてみると、どうやら新青森での行き違いは、特急対普通列車を基本とするのかもしれません。このほか、つがると白鳥が続行気味になったり、つがると白鳥が青森で離合したりしますし、鉄道ファンは見てて飽きないでしょうね。

個人的にかねてから注目していたのは、「新青森で折り返す(?)白鳥を在線させたままにしておくのか?それとも津軽新城に回送するのか?あるいは間合い運用で津軽新城以遠に回すのか?」です。新青森在線について、怪しげなのはこれ

・つがる1号(11:20新青森着、同時刻発)→奥羽本線上り列車となる青い森鉄道直通5553M大館行き(新青森11:34着)→スーパー白鳥15号(新青森11:35発。多分10:15新青森着のスーパー白鳥22号の折り返し)

・スーパー白鳥34号(16:00新青森着)→つがる8号(16:15新青森着、16:16発)→青い森鉄道直通575M(16:21新青森着)とその折り返しと思われる1558M(16:27新青森発)→スーパー白鳥27号(16:41新青森発)

青森にしてはここまでキツキツのダイヤは珍しいと感じますが、これだけを見てみると白鳥が新青森に在線したままでもいけるような気もします。実際は普通・快速列車や貨物列車までダイヤに加わるので、どうするかが非常に楽しみですね。

いろいろな見解があるでしょうが、北海道新幹線新青森-新函館間が開業するまで暫定色も強いと思います。これから5年間、何としてもがんばって欲しいモンです。

しかし一方で津軽線⇔奥羽貨物線の平面交差や青い森鉄道の青森経由が恨めしく思います。大都市圏内ならまず平面交差の解消の検討ぐらいはするだろうなと。

何度も言うようですが、何とかならんモンでしょうか?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年9月24日 (金)

昨日戻ってきました、と思ったら今日在来線ダイヤ発表ですかい?!

まずはお詫びから。

いや~、先日は意味不明な本文を晒してしまってスミマセン(謝)

あれ、ぢつは携帯で書いた下書きでした(笑)

さて、私昨日関東に舞い戻って参りましたが、今日在来線関連のダイヤ概要が発表されたじゃあないですか!

今現在、今回のレポートのまとめと在来線ダイヤ関連の情報の把握の両方してるので、本格的には明日からレポートを始めたいところ。
在来線関連ニュースが無ければ今日からでもレポートを始められたんですが、ちょっと厳しくなりました。

でも今回もそれなりに盛り沢山(?)なので、とりあえず明日までお待ちくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

9月18日の新青森駅(暫定版)

皆さん、こんばんは。青湘遊郎でございます。

突然ですが、今、青森におります(笑)

今、携帯から記事アップしてる関係で見かけ上のいつもの鬱陶しさがありませんが、さっき見てきた新青森の様子をお伝えしようかな〜と。


まず、在来線部。
既報の通り、行き違い線部が2番線とされ、使用が開始されました。
今のところ特急列車はこの駅は通過してますが、上下とも下り線(1番線)で1線スルーでもやるのかな〜と期待してみたところ、上り列車は律儀にポイント通過の65km/h制限を喰らいながら2番線をしずしずと通過して行きました(下り列車はこれまでと同じ)。
しかし、1番線は12両分のホーム有効長であるのに対し、2番線は8両分のホーム有効長しかありません。実際の運用をどうするのか、スジ屋さんのアタマの悩まされどころだったかと思います。
スジで思い出しましたが、新幹線の訓練運転は、やはり発表された新青森発着時刻が基本になってるようでしたね。在来線部の写真を撮ってる間、インバータ音が聞こえ、振り返るとE2系0番台が14番線に進入してました。しばらくすると、もう一度……。私が見た時刻を発表されたダイヤで確認すると新青森発着時刻に合ってました。


訓練運転の様子を含め、やることが多いんですが、今回もそれなりに面白くなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 8日 (水)

ダイヤ概要の私見と、新幹線訓練運転開始

本日は発表された新幹線ダイヤについて、本格的に・・・・・。

いちおうダイヤをじっくり見てみましたが、基本的には現在の号数に10を足した号数が付けられます。そしてこれも基本的には、これまでのはやてスジの北伸です
懸命な方はすでにお気づきと思いますが、青森側の東京などの滞在時間は変わらず逆に他県側の青森滞在時間は増加します。青森側の東京などの滞在時間増加は、E5系投入後及び更なる見直しとなるまで我慢のしどころでしょう。

その中でも個人的に気に入ったのが、
・新14号は、現4号に比べ八戸以南では所要時間が短縮されていること
・新11号(現1号)が発車時刻が28分繰り上げとなりE2系単独走行であること(盛岡停車1分が根拠)
・新41号(現33号)が盛岡以北各駅停車となったこと。

不可解であるとか気に入らなかったのは、
・新36号のスジが無いこと
・新39号(現31号)の仙台-盛岡間一ノ関のみの停車

E5系はこれらに追加なのか、それとも置き換えなのかは完全決定していなさそうですが、こちらも含めて今回示されたダイヤ、利便性が高いかどうかが楽しみではあります。

それと、八戸-新青森間81.8kmはノンストップで24分、表定速度204.5km/hですか・・・・・。かなり前に26分と計算されてましたが、それよりも早い時間です。
ちなみに盛岡-八戸間96.6kmノンストップ29分、表定速度199.86km/hとこれより表定速度が低いのは、盛岡駅北側のR1000のカーブ存在により、低速走行区間が長いから。
八戸-新青森間の線形の良さが、地味ながらも表れている気がします。

訓練運転も、ちょうど今日から始まりました。それはすなわち私が帰省中にE2系の訓練運転を撮ることができるということです(爆)どこで撮るかはじっくり考えときます。

あとは新青森に乗り入れてくる青い森鉄道の姿がどんなものかとか、奥羽線特急についての情報等々、今後出てくる情報が楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

ただ今じっくり見てます~東北新幹線新青森開業における運転時刻

ええ、ついに発表されました。

東北新幹線新青森開業ダイヤが

http://www.jreast.co.jp/press/2010/20100907.pdf

すでに各所で報道されていますし、blog記事にしてる方もいらっしゃいますが、私はちょっと細かいところを見たいので、明日あたりにでも詳しくやってみます。

さて、作業のつづきつづき・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

走行試験→訓練運転

東北新幹線八戸-新青森間の鉄道・運輸機構による走行試験が本日未明で終了しました。

開始したてにEast-iがよりによって新青森駅約1km手前で故障するという珍事はどこ吹く風というように順調にきましたね。

さて、今後はJR東日本による訓練運転が始まるわけで、私は9/18から5泊6日の予定で帰省するんですが、訓練運転のE2系、撮れるかな?
ちょっとがんばって張ってみます。

この記事を書きながら、盛岡-八戸間開業前の訓練運転時のことを思い出します。
その頃私は学生で、ちょうど暇だったこともあってこの様子が見られればと大博打で金田一トンネル-第3馬淵川橋梁-福岡トンネル(岩手県二戸市)に行ってみたんですよ。そしたらタイミングよく金田一トンネルからE2系が出てきてくれましたね。
あの時は運の良さを感じつつ、ちょっと感動してました。

さて、今回はそれを上回る感動を味わうことが出来るか?

・・・・・あ、いや、北海道新幹線部分も忘れるつもりはありませんよ。そういえば、五戸川橋梁-八戸間も回らなきゃ。

意外に忙しくなりそうだ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »