« 北海道新幹線最高速度向上とその疑問 | トップページ | 走行試験→訓練運転 »

2010年8月31日 (火)

北陸・九州(長崎ルート)の条件は?

前回の北海道新幹線札幌延伸の条件に引き続き、今回は北陸と九州(長崎ルート)を。

こっちもこっちでやはりと言うべきか、条件が。

北陸
http://www.fukuishimbun.co.jp/modules/news0/index.php?page=article&storyid=23330&storytopic=2
・敦賀以西のルートのあり方
(・FGTの開発)

九州(長崎
http://www.asahi.com/travel/rail/news/SEB201008280041.html
・FGTの開発
・肥前山口―武雄温泉間(14キロ)の単線区間の複線化

これらの記事だけを見ると、FGTは一見、九州(長崎)だけの問題と見られてしまいそうですが、実は北陸にも大きな関わりがあります(だから括弧書きで条件を追加させてもらいました。)。
敦賀以西のルートの採りかた次第によってはFGT利用が見込まれているからです。いわゆる「湖西線ルート」がそれです。
FGTは新幹線区間の270km/h走行は達成しましたが、在来線曲線走行の横圧が目標基準オーバーするなど開発に難儀しており、13年間で240億も使ってきて断念の可能性も囁かれ始めているとか
(まあ副次的な理由としてJR西日本も乗り入れに難色を示していることもありますね。)

私は北陸の敦賀以西のルートはFGTが不確定要素である以上、米原ルートと若狭ルートに絞られたのではないかと考えています。そして、すぐに着工したければ、若狭ルートの検討すらやめて、「敦賀以西の建設の完全中止を国と約束する。」という選択肢もとってきかねないと。
ただ、どっちにしろ北陸沿線の政治家さんたちが声高に訴えてきた「東海道のバイパス機能」という建設理念が問われると思います。

九州(長崎)については、あの手この手を尽くしても結局は無駄金を遣うという印象を拭えません。肥前山口-武雄温泉の複線化?個人的にはしなくていいです。むしろ複線化しない方が武雄温泉以東の建設の論拠になったりして。いや、佐賀県が黙っちゃいないか・・・・・

そうそう、同じ九州でも鹿児島ルート沿線の皆さん

試運転開始、おめでとうございます

|

« 北海道新幹線最高速度向上とその疑問 | トップページ | 走行試験→訓練運転 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

 おはようございます。トラックバックしましたが、うまく送信できていないようです。

* そして、すぐに着工したければ、

 北陸新幹線の問題は、大阪までのルートが確定しないことです(本当は、金沢に延長させる前に議論すべき話だったのですが)。ここを確定させない限り、新幹線の効果は薄いということなのでしょう。

 福井や敦賀まで延長しても関西・名古屋方面の利用者が部分的に新幹線を利用しますので、それなりの採算が取れますが、中途半端な新幹線となりますね。

投稿: たべちゃん | 2010年10月11日 (月) 06時44分

>たべちゃん さん
お返事、遅くなってしまってスミマセンでした。

仰るとおりだと思います。
西九州もそうですが、どうも「整備新幹線」区間ですら中途半端・・・・・・。
うまくやらないと税金の無駄って叩かれちゃいそうですね。

投稿: 青湘遊郎 | 2010年10月18日 (月) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北陸・九州(長崎ルート)の条件は?:

« 北海道新幹線最高速度向上とその疑問 | トップページ | 走行試験→訓練運転 »