« 北海道新幹線、明かり区間工事入札ぞくぞくと その1 | トップページ | 実際、どうなるんだろう? »

2010年7月 6日 (火)

北海道新幹線、明かり区間工事入札ぞくぞくと その2

前回は北海道新幹線の青森県内明かり区間工事の発注について述べましたが、今回は北海道側について。

http://www.jrtt.go.jp/organization/tender/mitosi/mitosi/pdf/hokaido_4220701.pdf (北海道新幹線建設局)

明かり区間の工事が本格化する様相なのは青森県内と同様で、木古内川橋りょう他、大野川橋りょう他の両工区で既に工事が始まっている他、ほとんどの工区で工事入札公告あるいは入札済みという段階まで来ています

全部(トンネル含む)で何工区あるかは正確には分からないんですが、22~23工区くらいでしょう。今回の発注見通しの提示によってそのうち着工見通しが18~19工区にのぼることになります。

車両の走行についてはまだ問題が未解決ですが、土木工事自体は順調ですし、駅舎建築、新線建設区間の軌道、電気などの、いわゆる開業設備の工事実施計画(「その2」)認可も下りてます

青森-函館間は、新在共用区間を減速運転したとしても一応の時間短縮は望めますが、青森-新青森間と新函館(仮称)-函館間でアクセス時間をみなければならないため、途中、減速させられると正直効果が不十分です。
工事が順調に進んでいるからこそ、新在共用区間走行における問題の早期解決が望まれます。

かつて疑義を呈したことがありますが改めて・・・・・。

っていうか役人さん、実験やれって言わないの、何でよ?(笑)

|

« 北海道新幹線、明かり区間工事入札ぞくぞくと その1 | トップページ | 実際、どうなるんだろう? »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線、明かり区間工事入札ぞくぞくと その2:

« 北海道新幹線、明かり区間工事入札ぞくぞくと その1 | トップページ | 実際、どうなるんだろう? »