« 2010年5月レポート~北海道新幹線青森県内部分 | トップページ | 東北新幹線八戸-新青森間開業日、E5系愛称、スーパーグリーン(仮)、そして白鳥・スーパー白鳥 »

2010年5月10日 (月)

2010年5月レポート~東北新幹線本線部分・最終 その1-1

今回からは、東北新幹線部です。

新青森駅の内部は他の方もブログや掲示板などで写真をアップされてるので、私自身はどうしようか次回までに考えることにしますが、意外と在来線部に注目して写真をアップされる方が少ないことから、まずは在来線部について述べてみましょう。

Dsc_0030←カメラ傾いてますが、駅名標。

まずは現在の様子ですが、行き違い線のレールの敷設が大方終了している様相でした。見た感じちょっと調整は必要ってところですが。
これから架線などの電化工事に取り掛かるのではないかと。
Dsc_0019 Dsc_0022
この2枚は新設された行き違い線。左が津軽新城方、右が青森方です。

また、津軽新城方、青森方双方に出発用信号機が付けられてますね。
Dsc_0103_2 Dsc_0116
左が津軽新城方(石上踏切付近)、右が青森方(石江踏切付近)です。
列車の進行方向に対し「そっぽを向いている」ものと、黒ビニールが掛けられているものが出発用信号機かと。

恐らく待避線扱いなので両方向に出発信号が必要ということでしょう。

あと、たびたび某掲示板で新青森に引上線が造られるとの意見がありましたが、もはやそれはありえないでしょう。
Dsc_0105 Dsc_0108
上2枚は石上踏切付近から撮った、津軽新城方にある安全側線、
Dsc_0118
これは石江踏切から撮った、青森方面にある安全側線です。

津軽新城方の待避線が本線へ合流する手前からの分岐や青森方の待避線が本線へ合流してくる手前からの分岐は、やはり安全側線で、奥にレールが続くことは無く、バラストで埋められる格好になっています。

ホーム部ですが、現在は津軽新城寄りの部分の使用が開始されています。
Dsc_0008_2
現・本線側の部分。白い壁の奥にはエスカレーターがあります。

もちろん待合室は機能してませんし、エレベーターやエスカレーターの類は動いてませんけどね。
Dsc_0009 Dsc_0033 Dsc_0028
左:待合室、真ん中:エレベーター、右:エスカレーター
です。

さらにこれまで使用されてきた仮駅舎・ホームの手直しを経て、285m化(何と新幹線部より長い)されるはずです。

蛇足ながら新青森で駅を見に来た方々がしていた会話で、

「新青森ってSuica使えないの?」(恐らく旅行者)とか、「新青森って奥羽線走ってるとは思わなかった」(訛りから、間違いなく青森の方)

と、ほんのちょっと驚く言葉が・・・・・・。

前者は旅先情報をきちんと掴まず、さらに電子マネーに頼りすぎているのではと心配になりましたし、後者には電車の使われなさ加減が垣間見えます。

をいをい、って思っちゃいましたね。

|

« 2010年5月レポート~北海道新幹線青森県内部分 | トップページ | 東北新幹線八戸-新青森間開業日、E5系愛称、スーパーグリーン(仮)、そして白鳥・スーパー白鳥 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

工事レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010年5月レポート~東北新幹線本線部分・最終 その1-1:

« 2010年5月レポート~北海道新幹線青森県内部分 | トップページ | 東北新幹線八戸-新青森間開業日、E5系愛称、スーパーグリーン(仮)、そして白鳥・スーパー白鳥 »