« いよいよ試運転!~東北新幹線八戸-新青森間 | トップページ | 東海道からさようなら~500系新幹線電車 »

2010年2月20日 (土)

いくらなんでも全区間140km/hなんぞ、してたまるか!!

皆様、お久しぶりです。
「お前今まで何やってたんだ?」とお叱りを頂きそうですが、理由はズバリ一言、仕事です。
自宅に帰ってくるのが遅くなりがちになっちゃってるもんで・・・・・。

さて本日は、長いタイトルでしかも今さら感が漂いますが、先日国土交通省より突如浮上した青函トンネル内の140km/h規制への意見について。

この件を扱った報道を一通り見ての個人的意見は
1:そこまで低速じゃなくてもいいだろうし、全区間にする必要は無いだろう。
2:そういうことは着工時にもっと問題になっていなければならない。
3:地震における脱線は理由にならない。

この3つです。

まず1つ目。
いくら何でも新幹線車両を、在来線と同じ速度にまで低速にする必要があるのかは疑問です。160km/h~200km/hでもいいでしょうに

確かにいくら車両自体の空力特性が在来線車両に比べて格段に良い新幹線と言えども、トンネル内の空力特性は複雑化するので言うほど簡単ではないとは思います。
その意味で、速度規制については以前にもこんな記事を書いたとおり、安全性確保への選択肢の1つとして「あり」だとは思います。

http://seisyo-euro.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/50-a758.html

これは青函新在共用ATC開発に関して書いた記事ですが、すれ違い時だけを減速するようなことが出来れば高いコストを掛けて遮風壁を造る必要もなくなってくるでしょうし、ダイヤへの影響も最小限で済むわけです。

しかしいずれにしろ開業前までにある程度のデータ収集は出来ると思うんですよね。どうしてもと言うなら完全140km/h規制はあくまで暫定措置として、開業後も試験を繰り返して、安全性を確認しながら速度を上げていくっていうのが明確であれば、まあいいんですが
あとはJR総研とJR北海道に各種実験を積極的に行ってもらいたいですね(もう既にやってるか?)。

2つ目については、この問題、工事を始める前から分かりきっているわけで、なぜこのタイミングで国土交通省が問題視してくるのか、正直意味不明です。多分突っ込んでもきちんとした理由が出てこないでしょう。

3つ目については、ぶっちゃけて言うと、論外です。
理由は簡単。
新幹線同士だろうが在来線同士だろうが、新幹線対在来線だろうが、地震における脱線のリスクは変わらんだろうが!!

安全を第一に考えるのは大いに結構。しかし今回のこの問題はちょっとでっち上げ感が見られます。どっかの報道機関のように「政治的意図」とまでは言いませんが、根拠が不明確という点も含め、いくらなんでもやりすぎでしょう。

|

« いよいよ試運転!~東北新幹線八戸-新青森間 | トップページ | 東海道からさようなら~500系新幹線電車 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

やはり歴代の運輸&国土交通大臣の中で、一番鉄分が濃い人が大臣やってる影響も多少はありそうな気が(^^;;;
高速鉄道に関してはSLより詳しく無さそうですし。

投稿: Noriyuki | 2010年2月20日 (土) 22時01分

>Noriyukiさん
まいど。

大臣、ん~、SLだけじゃなくて高速鉄道も詳しくなってくれよと言いたくなりますが(笑)
それにしても、基本中の基本を「高速鉄道だと危険」と決め付けるような印象操作も加わっているのが
今回の国土交通省の意見。
役人側にも問題ありですな。

投稿: 青湘遊郎 | 2010年2月21日 (日) 00時04分

はじめまして。
北海道在住の者ですが、この件は地元メディアでも取り上げられ、問題視されてます。
メディアの見方は「北海道新幹線の札幌延伸に消極的な国交省が、意図的な情報操作しているのではないか」というものです。
トンネル区間の大減速→東京・札幌所要時間の増大→費用対効果の低下→着工優先順位の下落、というわけです。
反対に北陸新幹線については「すでに福井駅が先行完成していることを考慮すべき」などと、国交省は随分好意的な意見も述べているようで。

政治的にみると、伝統的に北陸沿線は自民党が強い半面、北海道は民主党が強い。
ふつうに考えれば北海道有利となりそうですが、そこはあの選挙のことしか頭にない某幹事長のこと。「黙っていても票が取れる北海道にアメは必要ない。北陸はたっぷりとアメをばらまいて、票を買いあさる必要がある。」くらいは考えてそうですね…

投稿: たぬ | 2010年3月 4日 (木) 00時12分

>たぬ さん
初めまして。

う~ん、これは北海道新幹線というよりも、事業費全体を削る理由付けとしてうまいこと利用されているような気が・・・・・。
「削りやすい」対象が北海道新幹線というところでしょうか。
確かに選挙対策という見方もできますがね。

おかしいのは、運営するJR北海道が「安全性に責任をもてない」と根をあげていないことで、
逆にTOTの開発をやってます。

国交省には、「んな文句いうなら、実験・検証しろよ」と言いたいですね。

投稿: 青湘遊郎 | 2010年3月 4日 (木) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いくらなんでも全区間140km/hなんぞ、してたまるか!!:

« いよいよ試運転!~東北新幹線八戸-新青森間 | トップページ | 東海道からさようなら~500系新幹線電車 »