« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月11日 - 2009年1月17日

2009年1月17日 (土)

強引に冬の収穫♪ その8

思ったよりもフツーだなあ・・・・・。

奥入瀬川橋梁です。

奥入瀬川橋梁は406mで、八戸-新青森間で最長の橋梁と思いきや、当blogで度々写真を載せてます、三内丸山架道橋(?)の方が長い(450m)という見方もあります。

これは三内丸山架道橋を1つの橋梁として考えるのか、それとも国道環状7号架道橋と沖館川橋梁と分けて考えるかという考え方・資料の示し方の違いに起因していると思います。

ホントに紛らわしいんですがね。

今度行ったとき構造物プレートを見つけてみようと思います。

さて、話を奥入瀬川橋梁中心に戻すとして、電化工事も進んできていますが、

注意しないと奥入瀬川を渡ったことに気付かない乗客も多いんじゃないか?

というのが個人的印象です。

というのは、橋の上は普通の高架橋と見分けがつかないからです。架線柱も三内丸山架道橋や第4馬淵川橋梁(二戸-八戸間、青い森鉄道の北高岩駅近く)に使っているアーチ型ビームではなく、高架橋に使われているものと同じものです。

山陽以降の新幹線は、車上からは高架橋と橋梁の区別がつきにくくなっているのは知ってますし、今回もこの流れを汲んでますが、架線柱ぐらいは区別するのをちょっとだけ期待してたので、残念のような気がします。

ホント些細なことなんですがね。

さて、本日はその奥入瀬川橋梁を中心に。2009年1月2日撮影。

H2101dsc_0553_105mm ←下田錦ヶ丘トンネル八戸側坑口の傍の丘陵から。

ズームの焦点距離を105mmにして撮りました。手前の枝が邪魔ですが、中央付近の茶色い鉄骨部分が含まれている箇所が、奥入瀬川橋梁。右が七戸(仮称)・新青森方面で、左が八戸方面。奥に五戸トンネルが見えます。実は奥入瀬川橋梁部分は、八戸方面から向かってきて勾配を少しだけ登ったところにあります。

H2101dsc_0559 ←奥入瀬川左岸の土手から。

左側が七戸(仮称)・新青森方面で、下田錦ヶ丘トンネル八戸側坑口が見えます。

H2101dsc_0560_2 ←上の写真とほぼ同じ位置から、奥入瀬川橋梁全体を撮る。

この日この時刻(午後3時台)に奥入瀬川橋梁全体を撮った写真の中で、これがベストです。

H2101dsc_0571 ←神明橋より。

敢えてモロな逆光で撮ったものです。左が八戸方面、右が七戸(仮称)・新青森方面。

PCでこれを見たとき思いがけなくカッコいいと感じてしまった写真なので載せてみました。撮影データを書いてみると、焦点距離18mm、ISO200、F値11、シャッタースピード500分の1秒、ホワイトバランスはオートです。

普段の私はこういう現場写真を撮るとき、現実をありのままに撮ることを心掛け、芸術に走ることは一切やらないんですが、この写真は太陽の光の差し込み方と雲への太陽光の当たり方が自分が撮ったにしては芸術的だ(←「自分が撮ったにしては」ってのが重要(笑))と思ってしまいました。

同じようなの、計算して撮れって言われても、まだ絶対に出来ません(笑

あ、ただし建設中の構造物は撮影ポリシーに書いた通り、逆光で撮ってしまうとポイントとなる部分が写らないので避けたほうが良いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

強引に冬の収穫♪ その7

結局、埋めなかったんだなぁ。

柴山トンネルのことです。

詳しくは写真をご覧頂くとして、ここの撮影もちょっとばかし時間が掛かりました。

下の写真の撮影ポイントまでの往復は、多分今回の撮影活動の中で最も長い距離を徒歩で歩きましたね(笑)

前々回(昨年5月)の撮影のときはある程度クルマを近づけられました。前回(昨年10月)はポイントへ続く道路の途中に人がいたので断念。そして今回ですが、積雪が少ないながらもあるということで、クルマで近づくのは断念し、近くにある「やすらぎ駐車場」にクルマを停めてそこからひたすら歩きました。

いや~、長かった(笑)

しかもついでにトイレ入ろうとしましたが、断水の影響からかトイレに鍵掛かってましたねshock(まあ八食センターまで持ちましたが)

では写真をどうぞ。全て2009年1月2日撮影。

H2101dsc_0465←軌道中心から左側(本線南側)に寄って撮影。

H2101dsc_0478←軌道中心に少し近づいた位置から撮影。(それでもあえてちょっとだけ左にずらしてますが)

H2101dsc_0504←軌道中心から右側(本線北側)から撮影。

ここは畑地で私有地からの撮影になってしまってたのかとドキドキですが、前々回の六戸トンネル七戸(仮称)・新青森側坑口同様、ちょっとだけ思い切って載せてみました。

奥が七戸(仮称)・新青森方面で手前にはすぐ館野トンネルが続きますが、よく見ると緩い右カーブになっています。開削工法部のほぼ中間地点に新幹線本線との立体交差用の小さい道路が設けられてますね。昨年9月に行ったときは付いていなかったガードレールが付いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

強引に冬の収穫♪ その6

北海道新幹線を待ち望む皆様、お待たせいたしました。

今回も引っ張らせていただきました(爆)

今回は津軽蓬田トンネル工事現場の撮影に成功!

あ、そうそう、それと鉄道・運輸機構によると、もうすぐ青森市内の「後潟高架橋他」(高架橋1020mと橋梁30m?)の土木工事が発注される見通しですよ。

http://www.jrtt.go.jp/organization/tender.htm(平成21年1月5日発表、「発注の見通し」)

http://www.jrtt.go.jp/organization/tender.htm(平成21年1月8日の「入札公告(建設工事)」)

私が把握している限りでこれまで数箇所の工区の明かり区間構造物の設計がなされていました。

新青森側から列挙。

まずは野木和架道橋(40m、設計検討のみ)、ちょっと飛んで瀬戸子高架橋他(新青森起点:5.894km~7.622km)、奥内高架橋他(同:7.622km~9.458km)、左堰高架橋(同:9.458km~11.362km)、六枚橋川橋梁(不明)、そして今回発注の見通しが明らかになり、青森県内明かり区間工事の先陣を切ることになりそうな後潟高架橋(同:13.217km~14.286m)、最後に大平線路橋(設計検討のみ)です。

瀬戸子高架橋他工区から後潟高架橋他工区まで計6518m設計検討以上のところまで進んでいると推察できます。

さて、話は津軽蓬田トンネルに戻ります。写真、撮ってきたんですがね・・・・・

H2101dsc_0764 H2101dsc_0765

H2101dsc_0766 H2101dsc_0767

H2101dsc_0768 H2101dsc_0769←これまですべて2009年1月3日撮影

どこにどのように本線が通るのか、全くわかりましぇ~ん(笑)

西側より移動しながら撮りました。道路と十字に交差するのはほぼ間違いないんですが、シールドマシン(SENS工法なので)は見当たらないわ、中心杭(トンボ)は無いわ、新幹線本線の道標となるものがこの付近には存在しません。

う~ん、ひょっとしたら5枚目の台形型の盛土あたりかな?

もう少し待たないと分からなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

強引に冬の収穫♪ その5  御礼含む

3日間工事レポートをお休みしちゃってすいません(謝)

今回は六戸トンネル-三本木原トンネル間の部分についてです。

実はここは八甲田トンネル-田茂木野トンネル(駒込川橋梁)に並んで撮影が困難だったところ。六戸トンネル工区側には私、今に至るまで全く潜入できておりません。この2工区は工事現場入口ゲートが設けられ、それが閉まっていたためです。もっとも、開いていたときも傍らに作業員がいらっしゃいましたから、工事の邪魔をするのが申し訳ないと遠慮して突撃は避けてきましたが。

近くにある三本木原トンネルは掘削中に数回訪れましたが、畦道の迂回路がまだ十分に出来ていなかった時期にクルマを回頭しようとして田んぼに嵌る直前までの状況に陥り、出られなくなりかけるというちょっと危険な目にも遭いました。このときとは別ルートから現場に近づくことも出来たんですが、その時に限ってゲートが閉まっていたり、作業員の方がいらっしゃったりと、写真を撮るのがなかなか難しい状況に出会い続けてました。そんなこんなでなかなか撮影に踏み切れずにもいたという場所です。

工事の進捗によってようやっと撮影が出来るようになって来ました。その一方でそれまで使用していたと思われる工事用取り付け道路の撤去も行われています。

前回来た時は電化工事も軌道工事もまだ真っ最中といった感じでしたが・・・・・・・

H2101dsc_0413←三本木原トンネル八戸側坑口。2009年1月2日撮影。

雪の白と同化して分からないでしょうが、かつてこの写真でいう木々の間から作業用道路が延びてきていました。どうやらそれがいつの間にか解体されているようです。

次に、

H2101dsc_0417 H2101dsc_0418

(↑)左が三本木原トンネル八戸側坑口、右がそれの八戸側に続く高架橋(「大原高架橋」と言う)。

そして、

H2101dsc_0424 H2101dsc_0425

これは少しだけ思い切って載せてみました。六戸トンネル七戸(仮称)・新青森側坑口です。右は左の拡大。あ、撮った場所は立ち入り禁止じゃなかったですよ(笑)まして線路内にも入ってませんよ(笑)すぐ外側の、高架橋と切取の隙間から撮影。実はこれは10月2日分記事の位置と同じ位置から八戸方を向いたもの。昨年の秋と比べると、後はグレーチング通路設置だけと思わせる完成ぶりです。

あ、そうそう、皆さんにお礼が・・・・・。

happy01おかげさまで当blog、20,000アクセス突破いたしましたsign03sign03up

恐らく2009年1月9日中に突破したと思われますが、皆様のお陰です。

10月27日記事で10,000アクセス突破のご挨拶をさせていただきましたが、それよりも確か1日・2日前に10,000アクセス達成していましたから、約2ヶ月半で10,000アクセスという計算になるかと。

さらに日ごとのアクセス数が大体平均してきておりまして、これは皆様がいつもご覧になってくださっているからということで、感謝の思いが絶えません。本当にありがとうございますsign03

当blog、これからもなるべく質の高いものにしていく所存でございますので皆様、これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »