« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »

2009年7月12日 - 2009年7月18日

2009年7月18日 (土)

青森駅の構想、振り出しに戻る。

どうも青森は歴史的に重要な局面で一種の「運の悪さ」に見舞われてしまいます。今回の鹿内市長の決断も結構重要な時期での方針転換なので、これに当てはまらなければいいんですが・・・・・。

いえ、7/16、鹿内青森市長がJR東日本盛岡支社を訪れ、佐々木前市長時代に計画された駅舎改築・市役所機能一部移転構想を白紙撤回した経緯を説明した件についてです。

報道によっては「まちづくりの考え方を述べた」ともありますが、JRから再三出来るだけ早くプランを示せと言われたところを見ると、現在のところは具体案を持っていないと思われます。結果論で言ってしまうことになって何ですが、鹿内市長の駅前のまちづくり関連の選挙公約(マニフェスト)って抽象的に過ぎないっていうのが表面化してしまったということでしょうね。

他の選挙公約も具体的でないという声が多いとか。実際に民意を反映させるための戦略として、敢えて抽象的にしているのだったらいいんですが。

まあ市長が変わればまちづくりの考え方も変わりますし、だからと言って小手先で私案を示すってのはあんまりよくないことなので、ここは非難されるべきではないでしょう。

しかし私はこと新幹線に関することについては、青森駅関連も一体的に考えているなら、あまり掛けられる時間が無いので抽象的な方針はとるのはまずいと思っています。

抽象的な方針から具体化するまでは、かなりの時間と労力を使います。まちづくりのレベルならばなおさらです。その一方で開業まで1年半を切った新幹線に関する事業に位置づけられている青森駅前開発の方針転換は、「一体的に」という目論見から外れたと言えるでしょう。救いは、必ずしも新幹線開業と同時にする必要は無い(←何故かこれが見過ごされています)ということですね。

しかし、こういう結果を招いたのは、ほかならぬ青森市民と言わざるを得ません。駅の開発についてゴタゴタを起こしたくなければ、佐々木前市長に投票すべきだったんだから・・・・・・。

今日は平成16年8月の尻内高架橋。の写真です。

Photo

いや~懐かすぃ!ここは八戸-新青森間の中でかなり早い時期に高架橋が完成した区間です。5年近くも前だから、さすがに違います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

間もなくレール締結式だぁ!

RABのサイトでレールほぼ連結というニュースがアップされました。

まあ、どこのメディアでも「1本のレールが繋がった」って表現をよくしますが、今日のRABもその例に漏れず。

重箱の隅を突くのが大好きな某巨大掲示板のユーザーは「4本じゃないのか?」などと突っ込んでましたね(笑)

そんな細かいこと・・・・・・・・・・指摘するなよ、と言うと見せかけて便乗sign03

新青森駅ホームからの映像でアナウンサーが「ここ(新青森駅)から東京駅までおよそ714km」と言ってましたが、間違ってますよ(笑)

正解は皆さんご承知でしょうが、およそ674kmまたは675kmというのが正しい数字(東京-新青森間674.87km)です。

映像は、駅ホーム南端から七戸(仮称)・八戸方面のものでしたが、さすがに山に向かって走る格好になっているだけあって奥は緑が一杯!奥に向かうに従って登って行っているのが見えそうです(実際、細越トンネルに入るまでは上り勾配が基本)。

ただなあ、ホーム北端からの映像も見せてくださいよ!

え?

つまらんから無理?

今日の写真はこれ。

H1708t

下田錦ヶ丘トンネル八戸側坑口・新敷架道橋部分。平成17年8月撮影。

横切る道路は国道45号です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年7月5日 - 2009年7月11日 | トップページ | 2009年7月19日 - 2009年7月25日 »