« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »

2009年5月24日 - 2009年5月30日

2009年5月26日 (火)

E5系陸揚げ、続報

引越し先のPCの設定が終わり、フツー記事が書けるようになりました(笑)

本題のE5系についてですが、私が予想したパンタグラフ搭載位置、4号車東京方かな~と勝手に予想してましたが、正解は・・・・・・・。

3号車新青森方でしたdownちょっと惜しかったな・・・・・。これは車両形式東京方からE526とE525でユニットを組むため、パンタも搭載位置も同じにしたほうがコストダウンになるからでしょうかね?東北新幹線の高速化発表当時には「1本主枠」との比較試験をやると言ってましたが、現時点では「くの字主枠」のみです。E6は1本主枠を採用できないので、性能が同等ならばこっちの方がコストダウンに繋がるということなんでしょうか?

それと妻構体部分、今気付きましたが、フレームは東京方にしか付いてないんですね。あれって、車両基地祭りあたりで動作デモやるのかな?いや、やるワケ無いか。

・・・・・とまあ陸揚げされたらされたで新たな疑問も出てきたE5系、試験が楽しみです。

※写真は余裕ができたらアップします。

こちらもお待たせいたしました。写真アップです。

H2105dsc_0183 H2105dsc_0169

これらも5月4日撮影。新青森駅の南口駅前広場です。結構形になってきており、東口に比べると雲泥の差です。ただ、やはりコンパクトな広場なんですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月25日 (月)

E5系、そしてFASTECH

ついにきましたね、E5系量産先行車diamond

Noriyukiさんはじめ何人かの方が画像をアップしてくださってたので、それを拝見。

まず造形ですが、先頭車を斜め後ろから見るとカッコいいsign03(ただし、色は気に食わんdown)トンネル微気圧波対策の断面積変化を一定に保つためでしょう、台車の上の部分に軽く車体中央に向かってくびれを入れた曲線を使ってます。それと斜め前から見ると、E2系とE4系を混ぜたようにも見えるのは私だけ?また、ボディの平滑化もある程度妥協されているようで、既報の通り中間車はプラグドアをやめていたり、窓ガラスとボディの段差がわずかにあったりします。

目を引いたものの1つが妻構体の部分。やたら緑色のフレーム(?)が多いですが、これは全周ホロのためのもののようです。

また、パンタグラフの搭載のしかたもE2系1000番台から変わっています。E2系1000番台では4号車と6号車の東京方に設置され、両先頭車側が常に「なびき方向」(中間ヒンジが前方となる向き)となるように向いていました。

これに対し陸揚げされたE5系量産先行車は、本日時点で5~10号車が揚がってますが、確認できているのは7号車のみで、その新青森方に設置されているようです(他形式の客室設備配置から推測)。E954形(FASTECH360 S)では2号車と7号車、先頭部分からの距離がほぼ等しくなるように設置されていたので、こっちのもう1台は4号車東京方かな~と。で、使用するのは進行方向後ろよりの1パンタのみ、向きはE2-1000と同じくなびき方向となると予想しています。パンタグラフまわりの騒音対策はほぼFASTECHと同様のようです。

一方で、そのFASTECHですが上越新幹線新潟往復と北陸新幹線軽井沢往復、やったそうじゃないですか!その試験内容を知りたいところですが、そりゃ無理か・・・・・。

※お知らせ

写真は後日追加します。いや、実は明日引越しなんすよ・・・・・。うまくいけば明日中にネットを使えるようになりますが・・・・・・。

大変大変お待たせいたしました。写真アップします。

H2105dsc_0159 H2105dsc_0195

この2枚は、いずれも5月4日撮影の新青森駅で、JR東日本施工担当箇所。左が東口駅前広場に当たる箇所から少し離れた位置から、右は新青森駅仮跨線橋から撮ったもの。

もうご存知かと思いますが、3段になっており、最下段が在来線や道路などなど、中段が駅舎のメイン部分、最上段が新幹線ホーム部です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

市役所業務移転構想がストップ!!!

青森駅への青森市役所窓口移転構想が一旦白紙に戻されました。人が変われば何とやらといったところですね。

まあ個人的にはあまり成功するとは思えなかったので、一度考え直すことは評価すべきと思います。

さらに近くにあるアウガもヤバイ。単年度赤字が縮小したとは言え、経営管理する三セク会社が債務超過寸前という状況です。

アウガを部分的に市役所化しちゃったほうが手っ取り早いんじゃないの?

と本気で思い始めている方も出始めているのではないでしょうか?

「店を入れる」という発想は、残念ながら今のご時勢と浜田地区との落差から、限界と言っていいでしょうからね。それが証拠ってわけではありませんが新青森駅周辺の保留地(商業施設利用を想定した土地)が売れ残っている・・・・・。これについては不況という経済状況もありますし、買い手がここを買っていいのか二の足を踏んでいるのが原因とも言われてますが。

何度か似たようなことをお話したことがあるかもしれませんが、私は青森市の現・青森駅と新青森駅に関連する都市政策についてこう考えます。

・青森駅前と新町(アウガ含む)

新幹線開通で間違いなく市民にとって重要性が薄れる。客足が遠のく公算が大なのに、無理してお金掛ける必要があるのだろうか?

・新青森駅周辺

現・青森駅前から人の流れを相当にこっちに移すことになるが、市の方針によって大規模開発が抑制されている。「新幹線に乗降する」という役割を徹底するならそれでいいんだが、青森駅方面への人の流れを作り出すという目論みは、無理がありすぎるぞ。

・・・・・ということで、今までの青森市の都市政策ってのは人の心理と移動ってのを甘く見すぎている、この思いを禁じ得ません。さ、市長が変わってどうなるか?

今日の写真は、その新青森駅を数枚。全て5月4日撮影。

H2105dsc_0132 H2105dsc_0205

まずこの2枚(↑)は東口。左が駅舎のほぼ真横から、右が在来線仮跨線橋そばから撮影したもの。中の様子がわかるかな~と思ったんですが、これじゃわかりせんね(笑)

H2105dsc_0160_2

(↑)新設の都市計画道から駅舎方面。道路はこんなカンジで駅を潜っていきます。

H2105dsc_0187 H2105dsc_0201

(↑)左が南口から、右が在来線仮跨線橋の窓から何とかカメラを窓外に出して撮影。ガラス張りの部分がどう出っ張っているかが分かるかと思い、載せてみました。

・・・・・と、仙台港にE5系量産先行車が陸揚げされたようですよsign03

車両の実際の様子についてもう少し情報が欲しいので、当blogでは新青森駅の近況の写真をさらに数枚添えて、明日にでも記事にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年5月31日 - 2009年6月6日 »