« 2008年12月28日 - 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »

2009年1月4日 - 2009年1月10日

2009年1月10日 (土)

いい条件なんじゃないすか?

並行(平行)在来線に関する重要なニュースが入ったので、工事レポートは本日はお休み。

並行在来線のJRからの資産譲渡の話がまとまってきているようです。

三村知事が8日の記者会見で現状を報告しました。以下、概要。

・県はJR当初主張の160億円の約半分に相当する80億円で施設を買い取る方針。

・JRは青い森鉄道の経営が円滑に進むよう、100億円以上掛けて線路や駅舎の補修などを行う計画も検討中としている。

もしこれがそのまま決定したら、私は実質結構お得な条件だと思います。信越本線→しなの鉄道の場合と大違いです。何しろ今回の条件の場合、差し引き30億円の得になることになります。JRによる線路・駅舎の補修策がなければこれらは青森県が負担することになっていたでしょうから、優遇策と言ってしまって良いかと思います。

やっぱり貨物列車の存在ってのは大きいものがあるようですね。東北本線は今までも、そしてこれからも貨物列車にとっては大動脈。JR東日本及びJR貨物もここのルートがなくなると困るわけで、物流停止の予防策という側面を持っているのでしょう。

しかし、新幹線が着工してから青森県にとって厳しいことに変わりは無いにしろ、青森県の鉄道にとって運が良いことも結構多いと感じるのは私だけでしょうか?

着工当初は完成予定が2020年ごろとされていたのが、経済状況・政局の変化を経て来年12月開通目標と工期が半分程度に前倒しされたし、八甲田トンネルも当初貫通までに10年掛かると見込まれていたものが6年7ヶ月という、見込みより相当短い時間で貫通していますし、津軽線の経営主体が北海道新幹線のそれと違うということで、経営分離の対象外という判断をもらうし・・・・・。

さあ後は最終決着と、JRの支援がきちんと100億規模のものになるか、手抜きをしないか、騙されないか、きちんとチェックすることだな(笑)

今回はすいません、写真はまた後で載っけます。

お待たせいたしました。本日はこちら行ってみましょう。

話の流れを途切らせたので、写真もそれに合わせて・・・(爆)

Dsc_0024 ←新青森駅(2009年1月1日撮影)

国道280号バイパス沿いの某コンビニ駐車場から撮ったものです。

コンビニに寄ったとき駅舎方面を見てみたら視界に入ったので、撮ってみました。

※2009年1月12日、追記および画像アップ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

強引に冬の収穫♪ その4

今回のレポートは、先日のコメントの中でお問い合わせを頂きました、変電所及びき(饋)電区分所の話。

本当は新幹線における変電所やき電区分所の説明も加えたかったんですが、ATき電の説明から入らなければならないなど、かなり記事が長くなる、かつ工事レポートという本筋からそれるので、日を改めてということで。

東北新幹線八戸-新青森間には、八戸から新青森に向かって順に

新市川補助き電区分所新おいらせき電区分所新六戸補助き電区分所新七戸変電所

七戸(仮称)駅新底田き電区分所新大坪補助き電区分所新下折紙補助き電区分所新青森変電所青森車両基地変電所

と続きます。ちなみに、新大坪補助き電区分所と新下折紙補助き電区分所は八甲田トンネルを対象としているため、当blogでは位置を確認できてません(謝)

お問い合わせの内容は、「新底田き電区分所の近くに高圧線がありますが、そこからの接続は?」というもの。新七戸変電所ごと確認してみました。

すると外部の高圧線と接続する必要の無い新底田き電区分所には高圧線からの接続が当然ありませんでしたが、新七戸変電所には接続がなされてました。これを含めて本日はこちら。新青森変電所は2009年1月1日、新底田から八戸側は1月2日撮影。

(↓)新青森変電所

103 107 108

2枚目、3枚目はゴメンなさい。光量不足のためシャッタースピードを遅くして補った結果、手ブレさせてしまいました。

(↓)新底田き電区分所。

171_iso400 172_iso400

こちらもゴメンなさい。カメラの設定ミスで古いカメラでISO400で撮影したため、ノイズが多いです。ただ、この2枚は右側に注目。しっかりと看板があります。

(↓)新七戸変電所

344 343_2

右側に注目。高圧線が引き込まれています。

(↓)新おいらせき電区分所

Dsc_0594

デジ1にて撮影。

以上、今回はこの4箇所を撮影しました。

新市川補助き電区分所近くにも行きましたが、補助き電区分所を撮るの忘れました(謝)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

強引に冬の収穫♪ その3

今回は三内丸山高架橋他工区のプチ苦労話について。

西部工業団地から急な下り坂を下りて本線へ近づきます。また坂道を上った先にあるポイントへもっとクルマを近づけたかったんですが、重い雪の轍に行く手を遮られたので本線ガード下にクルマを駐車しました。

ここは青森市内のハイライトですからデジ1で撮りましたが、最初はキットレンズを付けて撮影しようと、ポイントへ移動。当然重い雪を踏ん付けながら急坂を徒歩で登ります

これがまた疲れること疲れること・・・・・・down

やっぱり関東暮らしでやや軟弱になってしまったこともちょっとはあるようですね。

ポイントに辿り着くまでの雪の中の急坂登りで結構キツかったので、一旦はおとなしく次のポイントへ向かおうかと思いましたが・・・・・・・・・・

オプションで買った70‐300mmの望遠レンズも試したくなり、一度クルマへ引き返し、レンズ交換、再度撮影しました。

ただし、それまで掛かった時間が、何と10分!!!!

いや~時間掛かりましたね~。結構な時間のロスでした(笑)

しかし、プチ苦労はこれで終わりではない!!

急坂を下ってポイントへ近づいたということは、引き上げるときには急坂の上りが待っているsign03

しかも除雪がされておらず、轍と、上りきれなくなって一旦停止したと思われるタイヤ痕が・・・・・。

がんばってクルマを上らせましたが・・・、やっぱり力尽き、途中で止まってしまいました

いちおう使ったクルマは4WD車でしたが、オンデマンド式のヤツ。ちょっと触れ合う時間が短いせいか、上手く使うコツがつかめず、エンスト何回かこくわ、かといってそれにビビッて半クラ多用してクラッチ減らすわと、クルマ好きとしてちょっと悔しい思いもしました。

もうちっと臨時の相棒に言うことを聞かせたかったな。

さて、その成果がこちら。

Dsc_0139_18mm Dsc_0142_105mm Dsc_0152_300mm

三内丸山高架橋工区、細越トンネル新青森側坑口の少し西側にあるいつものポイントから、全て2009年1月1日撮影。順に焦点距離18mm、105mm、300mmの写真(blogに対応させるべくリサイズしてます)です。

この付近、架線柱立柱がほとんど終わり、架線用ブラケット取付や架線張りもかなり終わっている様子ですが、やはり意外と電化設備が邪魔になってないと感じます。また、新青森駅の南端のオレンジの物体に注目!ありゃ多分レール敷設用の車両ですね。

やっぱりこのオプション望遠レンズを買って、幸せになれましたheart01

勢いに乗って2種類のレンズを使って、モヤヒルズから青森市街地の夜景なんぞ撮って見ました。ただし、両方の場所ともちょっと望遠域でのピントが甘い気が・・・・・。多分私の腕がまだ未熟なせいでしょう。もう少し上手く撮れるために練習が必要ですね。

夜景の写真はネタ切れしたらおまけ的に載せてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

強引に冬の収穫♪ その2

今日から工事の様子を詳細にレポート。

青森新幹線車両基地:本体部分以外にも鉄骨が組まれているとのことで、建造物延長はかなりの長さになる。東奥日報の特集記事によると、基地(収容庫)手前の防雪上屋を含めると、建造物延長は約700mにもなるとのこと。

軌道工事:明かり区間では八戸電留線との接続を除き、ほぼ終了と見られる。ただし、トンネル内はまだやっているらしい。平成20年10月末現在で55.9%という完成率がそれを伺わせる。

電化工事:新青森の少し南から北の部分は、まだ架線が張られていない。敢えて未着手としている思われる。七戸(仮称)駅部分も吊架線などがシェルター部まで張られているだけで、同様に張られていない。その他、電化工事が完了していない箇所は、六戸トンネル七戸(仮称)・新青森側坑口付近から南側に集中している。完成率は、平成20年10月末現在で61.5%。

その他:保守用グレーチング通路の延長が延びてきたり、侵入防止用柵の取り付けも進んできた。また、一部で通信用ケーブルが張られ始めたり、工事用道路の解体が行われている。

極端に大まかに言って、ざっとこんな感じです。

さーて、明日はどこをご報告しようかな♪

本日は、その車両基地いってみましょう。長さが際立つよう、トリミングしてみました。

Dsc_0007 ←2009年1月1日、デジ1で撮影。

収容庫は一番右に移る電柱から右側の部分、残りの左側の部分は防雪上屋と思われます。まさかここまで上屋を延ばすとは思いませんでしたね。

ちなみにここの撮影時、ちょっとだけ苦労しました。下に写るタイヤ痕からは分かりにくいかもしれませんが、ここは湿った重い雪の轍になってて、クルマの回頭に苦労しました。使ったクルマがマニュアル車(ちなみに私、オートマチック車って今のところどうも好きくない・・・・・)でしたが、ヘタしたらクラッチをダメにしてたかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

強引に冬の収穫♪ その1

今日は今回の撮影活動全体のレポートです。

撮影枚数は、カメラ2台計983枚!!

前回よりは少なめになりましたが、それでも異常と断言して良い撮影枚数です(笑)自分で言うのも何ですがね(また笑)

前回よりやや少ない撮影枚数になったのは、田茂木野トンネル-ねぶたの里高架橋と牛鍵トンネル-川去川橋梁など、幾つかの工区を省略したり、もしくは撮影不能だったためです。

それにしても・・・・・・・

運は我にありsign03sign03

昨年末に見た週間天気予報は軒並み雪マークsnowでしたが、撮影した3日間、全くと言っていいほど雪が降りませんでしたup撮影、天気が良くてやりやすかった反面、逆に天気がよすぎて太陽の照り返しがきつく、露出が厳しくて七戸(仮称)駅あたりを少し多めに撮るなど、ちょっと気を遣いました。まして初めて実戦使用したカメラですからね。

あ、そうそうデジタル一眼レフカメラ(めんどいので以下、デジ1)ですが、フィーリングがやっぱりコンパクトデジタルカメラ(同じく、コンデジ)とは格段に違って、良いですね。しかし、今回でやはりコンデジもしばらく持っておくという判断は間違っていなかったという結論も得ました。

理由は「金網の写り方」です。デジ1で金網の隙間越しに写真を撮ろうとしても金網自体をフレームアウトさせることがほとんど出来ませんでした。一方、コンデジはズームしていくと金網がフレームアウトしてくれるので、金網があまり苦になりません。恐らくこれはコンデジとデジ1のズーム時のレンズの延び方、記録素子の手前への移動、これらによる画角の関係によるものでしょうかね。

両方使ったことのある方はご理解いただけると思います。コンデジのズームはレンズ部があまり延びず、記録素子の手前への移動が小さくて済むんですが、デジ1はズームするとレンズがかなり延びますから、その分記録素子が手前へかなり移動してしまいます。そのせいでデジ1は金網をフレームアウトさせることが、コンデジに比べると難しいと感じましたね。

今回使ってみて分かり始めていることを言うと、「工事の様子の写真を撮るときにデジ1を使うなら出来ればコンデジも併用したい。」というところですね。もう少しデジ1の1台だけで済ませられる方法も追求する余地はありますが。

今回もいつもと同様、1日目は青森市内、2日目は八甲田トンネル以東、3日目(おまけ的)は北海道新幹線区間(今回は津軽蓬田トンネル現場のみ)という日程になりましたが、休憩やお土産調達のために立ち寄ったところに異変が・・・・・・。

そう、断水ですshock

途中立ち寄った公衆トイレに鍵が掛かっていて、変だなーと思ったその時、そういえば断水してたんだと思い出しました。

しょうがないからトイレは職場のみんなにお土産を買うために訪れた八食センターまでガマンしました(それでもやっぱりトイレは水道作動せず)が、ここも妙に静かで、中に入ってみると・・・・・・

半ば開店休業状態downdown

いや、これは本当に被害にあった皆様の心中をお察しする他ありません。生鮮食品を取り扱うにはキレイな水が不可欠ですから、水が使えなければ商売になりません。実際開店休業状態の店が多数ありましたし、食堂も全て臨時休業だったのではないでしょうか。また、断水によって命の危険とも隣り合わせになる方もいらっしゃるとか。そんな中新幹線の工事現場の写真を撮って遊びまくってて、バチが当たらないんだろうか?と、ちょっと申し訳ない気持ちになってしまいました。

年末の移動の件もそうですが、私自身大した被害にあわなかったとは言え、いまいちみんなが幸せになっていない年末年始という気がしますね。

次回からは工事の様子を詳細にレポートしますよscissors

本日は、こちらもやっぱりこれですね。

H2101dsc_0316 ←七戸(仮称)駅

これは2009年1月2日、デジ1で撮影。

余計なものが写ったのでちょっとだけトリミングしましたが、真横から駅全体が写るように距離を取って撮影してみました。この「真横から駅全体」ってのが意外と多くないと感じていたものでやってみましたが、どうでしょう?でも結構距離を取らないとフレームに収まりませんでしたから、このときばかりはほんの少し広角レンズが欲しくなってたりして・・・・・。写っている足跡はワタシheart01(←キモイって?)

ホントはこの付近ももっと多数の写真を撮りましたが、写真だけでなく記事のまとめ作業もあるので、アップはちょっと小出しにさせてくださいm(_ _)m時折ガンガンアップしますので・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

強引に冬の収穫♪ ~序章~

え~、皆様、改めまして明けましておめでとうございます。青湘遊郎でございます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

さてつい先ほど、帰ってまいりましたよ、新ネタを引っさげてsign03scissorsshine

本格的には明日以降に解説付きで公開しますが、まずは今回の列車の乗車レポから・・・・・。

出発した日である昨年12月29日は、皆さんご承知のようにCOSMOSのダウンでJR東日本の全新幹線が始発からストップ!!

9時までに運転が再開されたので、まあはやて33号発車時刻(20時4分)までには回復してるだろ~と余裕をぶっこきながら、東海道線を使って東京駅へ・・・・・。

すると、川崎駅から列車が発車しようとしたその時・・・・・抑止!!

蒲田-大森間踏切非常停止ボタン作動だったかと思いますが、乗った列車は確か17分遅れで東京着となりました。

まあそれでもはやて33号には十分の余裕があるぞということで新幹線ホームでダラダラしていましたが、なかなか列車が来ない。どうやら折返し対象の上り列車も20数分遅れていたらしく、やっとのことではやて33号入線、結局25分延(遅れ)で東京発となりました。

せっかくなので、回復運転でどのくらい遅れを取り戻せるかチェックしてみようかと思いたち、やってみたところ・・・・・

大宮着発25分延、仙台着発22分延、盛岡着22分延、同駅発21分延、八戸着21分延・・・・・・。

あれ?回復運転あんまりやってないぞ???

まあはやて33号の利用対象からして、恐らく回復運転を必死こいてやる必要が無いということだったんでしょうが、ちょっとガッカリしましたね(笑)

ということで往路はつがる33号の方が何とさらに3分遅らせて、結局青森着は25分延となりました。はやて33号の3分の回復運転が台無し・・・・・。(ただし、安全のためならもちろん遅らせたほうがいい)

復路はトラブルもなくダイヤ通り12時8分東京定着。しかしJ○編成(E2系0番台のうちの1編成ですが、モロに言うのはちょっと止めときましょう)、くたびれてないか?

時折台車から「ガッシャン」という音が出る出る・・・・・。ブレーキやノッチの調節時に鳴っていたようですが、特に停車時のブレーキでガクガクいっていたことから、機械的スムーズネスが無くなってるんじゃないかと勝手に想像。

往路に乗った0番台(今回は往復とも0番台)は良かったんだけどなぁ・・・・・。

さて、乗車レポはひとまずこのくらいにしておいて、お待たせいたしました。最新の写真でございますよsunまずはやっぱりこれsign03

H2101_dsc_0044←新青森駅(2009年1月1日撮影)

手前の簡易トイレが邪魔!!(笑)  まあそれはさておき、鉄骨が思った以上に組み上がってます。組んでいないところは奥羽線との交差部あたりですね。

さて、次は平成18年5月のものにもどって、

Photo_4←高田高架橋。細越トンネルへ続く路盤との境界付近。

青森変電所傍です。

Photo←上の写真と同じ位置から七戸(仮称)・八戸方面へ回転。

次は、

Photo_2←新青森方面に移動して七戸(仮称)・八戸方面を望遠。

Photo_3←上の写真から少し西にズレて望遠。

そして、

Photo_5←細越トンネル七戸(仮称)・八戸側坑口

路盤に注目です。やはりと言うべきかカントがついてます。ここあたりのカーブはR4000で、恐らくカントは200mmですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月28日 - 2009年1月3日 | トップページ | 2009年1月11日 - 2009年1月17日 »