« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »

2009年4月5日 - 2009年4月11日

2009年4月11日 (土)

江差線と景気対策

2~3日前から出ている報道の話題・・・・・。

江差線の五稜郭-木古内間は、JRから経営分離されるとやっていけないという試算が出されたそうです。

まあ、そうでしょうね。さてここで問題になるのは、貨物列車はどうなるか?

報道では貨物列車運行のための事業主体の検討が必要とし、木古内以北の新在共用は検討していない模様ですが、私が考えるケースは2つ。

①木古内-五稜郭は自治体・国で所有して経営はJR貨物など他の事業体とし、貨物列車だけを走らせる

②木古内以北、新函館(現・渡島大野)まで新在共用区間を延長する

はいわゆる「上下分離」というやつですが、まず出来るかどうかが問題、は整備新幹線建設としての追加コスト発生と、ダイヤ編成の条件がいっそう厳しくなることも考えられます。ダイヤ制限を防ぐためには木古内-新函館間の中間、茂辺地川橋梁あたりに最低1箇所貨物列車用の待避線増設は考えなければなりません。しかし、木古内以北は函館平野に出るまではトンネルが多いという地形的な制約があり、構造物の設計も貨物列車走行に対応させなければなりません。

なお、補足ですが、津軽線青森-新中小国信号場間は経営事業体がJR東日本で、北海道新幹線が経営する事業体・JR北海道とは異なるので、並行在来線に該当せず、北海道新幹線開業後もJR東日本によって経営が維持されます。よって今回の問題に関して影響は出ません

現・江差線を残そうとしたらしたで、あるいは貨物を新幹線と共用させようとしたらしたで、難題が待ち構えていることは間違いなさそうです。

一方、景気対策として整備新幹線事業費の09年度約730億円(国負担分。沿線自治体分を含めると1000億超。)上積みが盛り込まれる見通しとなったようです。

これは、北海道(新青森-新函館間)、東北(八戸-新青森間)、北陸(長野-金沢間)、九州(博多-新八代間)、九州長崎ルート(武雄温泉-諫早間)の各工事中区間に充てられ、昨年末に新規着工が決まった北海道・長万部-札幌間などは対象外とのことですが、整備新幹線事業費増加問題(4100億円)の穴埋めに使って欲しいところ

事業費増加は自治体もそれに対応して追加で金を出さなきゃいけませんが、交付金の創設(公共事業の自治体負担軽減が目的)がこの景気対策にも含まれているらしく、実質は自治体追加負担はほとんど発生しないでしょう。なので実際これで新潟県あたりは大助かりでしょう。

でも、前にも言いましたが、事業費今からまた計算しなおせば増加幅が小さくなってるんじゃないんですか、国土交通省さん

しかし、それにしても高速道路の上限1000円と言い、このバラマキ、後が怖いですね・・・・・。

※写真は後ほどアップ予定です。

お待たせしました、写真のアップです。工区は荒川橋梁で平成19年12月末のものです。

H1912_2 H1912_3

平成19年9月のものから変わってるのかいな?と思うなかれ!しっかり変わってるところがあります。

まず架線用の可動ブラケット取り付けが進んでいること、そして融雪用の送水ホースですかね?黒くてぶっといパイプが付けられています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

特徴的と思う新横浜のペデストリアンデッキ

更新が滞ってしまってすみません。ちょっと色々忙しくなってしまってたもので・・・・・。

今回は前回の新横浜の話題の続きです。

新横浜で行われていた工事がほとんど済んでました。ペデストリアンデッキが特徴があって目に付いたので、青森市の皆さんにご紹介致しましょう。

ペデストリアンデッキとは、高架などで車道から立体的に分離された歩行者用通路のことで、規模の大きいものは高架上に広いスペースができます。それと、これは鉄道駅から他の建物とを、歩行者用通路で車道と立体交差させたままつないでしまうことが多いのが特徴です。

ペデストリアンデッキで青森の皆さんに良く知られているのは、恐らく仙台駅西口のものではないでしょうか?東北新幹線に伴う駅舎改築の際に造られた、全国的にも大規模なものです。私はここを訪れた機会がありますが、その規模の大きさに圧倒されたのを覚えています。

あ、ペデストリアンデッキってのは大都会じゃなければ出来ないわけじゃないですよ。青森市と比較的同じ規模の盛岡や秋田にもあります。

そして青森駅にも改築と共に設置する計画が浮上したことがあります。結局青森の場合は立ち消えになりましたが、駅前広場の配置の工夫でそこまでしなくても良くなったという見方がされているようです。

さて、前置きがかなり長くなりましたが、今回の新横浜、特徴的で面白いと思う理由を説明するために、駅に設置されていた案内図の写真を載せます。それがこれ。

Dsc_0030

灰色の部分が車道(最上のぶっとい道路は、「環状2号線」)で茶色の部分がペデストリアンデッキですが、私が注目する新横浜のペデストリアンデッキの特徴は、東側の「新横浜駅入口交差点」の部分の歩道が、円形になっていることです。その他を全体的に特徴を述べてみると、コンパクトにまとまっている印象を受けました。

ペデストリアンデッキというのは、当然のことですが、その場所によってさまざまな造りがなされています。残念ながら青森市には設置されないようですが、変わりに駅前広場に青森ならではの工夫を望みたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月29日 - 2009年4月4日 | トップページ | 2009年4月12日 - 2009年4月18日 »