« 少しだけ見えた在来線接続の概念と「はやて」名称問題 | トップページ | 何と勝手な・・・・・。 »

2009年11月29日 (日)

これで確定?~新青森駅の配線。

いや~参った、仕事が忙しくて記事がなかなか書けず、当blogが週間化しているような・・・・・
そんなことではいけません、何とかします(ただしネタがあれば

さて、皆さんは鉄道ジャーナル(以下:RJ)2010年1月号をご覧頂いてますか?

今回のRJで私の気になってたことが載ってました。

新青森駅の配線です。

これまで自力で調べた結果、七戸十和田・東京方(南方)にシーサスポイントが設置されることは確認できていました。しかし、今まで北海道新幹線の奥津軽(仮称)・新函館方(北方)は配線をどのように採るかは分らなかったんですよね。

配線図載ってる文献・雑誌を今まで見つけられなかったし、かといって付近には新幹線高架よりも高い建物や山が無いので確かめるのは実際新青森駅ホームに上がらないとできないし・・・・・。

そんな悶々とした疑問を持ち続けていましたが、件のRJの特集記事で北方にもシーサスポイントが付けられるとの配線図が載ってたわけです。

新青森駅は付近に車両基地も設けられるのでシーサスポイントは運転整理上設置されやすくはなりますが、私は「コストカットをするなら、下り線→上り線のみというかたちもありえただろうな。」と思っています。まあ、これまでの八戸駅でも、ホームでの在線時間が長いため、臨時列車をフルに運転するとホームが一時的に埋まってしまうので、これを考慮したんでしょう

でも、「これで正しいのか?」と言えば、性格悪くもまだ半信半疑です。
理由は八戸駅付近の配線図です。

9月分の工事レポート記事でレールが撤去されていると述べた部分も今回のRJに載ってました。実はRJの図のような配線をとる意味って、あまり無いんですよね。もちろん真偽のほどは次回の取材時に確認しますが。

それと、北海道・北陸・九州の各新幹線の既着工区間の配線図が載っていましたが、これについては明日以降にでも・・・。

※今回も写真はお休み。でも、いくつかの工区の過去の様子をアップできることについ今し方気がついたので、次回以降は載せます。

|

« 少しだけ見えた在来線接続の概念と「はやて」名称問題 | トップページ | 何と勝手な・・・・・。 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これで確定?~新青森駅の配線。:

« 少しだけ見えた在来線接続の概念と「はやて」名称問題 | トップページ | 何と勝手な・・・・・。 »