« 2009年秋の収穫~その7 | トップページ | 2009年秋の収穫~その9 »

2009年10月13日 (火)

2009年秋の収穫~その8

今日は八戸-新青森間工事始点付近について。
東北新幹線部の今回分レポートはこれがラストです。

既報の通り、電留庫は解体されて軌道の側壁や防音壁が造られ、そして架線柱が立てられつつあり、本線としての体裁を整えてきている最中といった感じです。

H2109dsc_0753 H2109dsc_0754 H2109dsc_0755

まずは工事始点の元電留庫から八戸駅方面に回転しながら撮ったもの。
開業後に車窓から見た時、「ここに電留庫があったんだ」というような違和感を覚えることはほとんど無いでしょうね。

H2109dsc_0776_2

国道454号えんぶりっじから七戸十和田・新青森方面を望む。

気になったのは検収庫⇔上り本線の渡り線。八戸駅側に新たに付けられてるんですが、恐らくこれはシーサスポイントの撤去を目的としたもの

H2109dsc_0791 H2109dsc_0800 H2109dsc_0815

この段1枚目はえんぶりっじから八戸駅方面。右から下り本線、上り本線、上り本線⇔検収庫線・引き上げ線のシーサスポイント、最左については後述。同じく2枚目は最も八戸駅寄りにある歩道橋から七戸十和田・新青森方面を望んだもの。今度は左が下り本線、上り本線、最右は後述。同じく3枚目は同じ歩道橋から八戸駅方面を望む。説明は後述。
使われたことがあるのかどうかは疑問ですが、検収庫から本線に入らずに真っ直ぐ八戸駅側に寄っていく引上線(この段の3枚目の写真の黄色線囲み部分)があり、検収庫線・引上線⇔上り本線とでシーサスポイントを設けていました。今回引上線が撤去されてシーサスポイントが全く必要なくなってしまったので撤去しようと言うことになったんでしょう。しかし検収庫線をバラすわけにはいかないから、八戸駅寄りに暫定引込み線を造ったというところだと思います。
(※説明が分かりにくいとお感じであれば、コメント欄にてお知らせください。配線図を作って解説します。)

で、9/21撮影分は撮影時刻が遅すぎて、周りが暗くなりすぎてて分かりにくいだろうと思います。せめてもっとマシなものをということで、9/23に自宅に戻る最中の乗り継ぎ時に、八戸駅ホームの北端からの望遠を撮ることにしました。それがこれ。

H2109dsc_0003_01

八戸駅上りホーム(11番線・12番線)から撮影。

つくづく、乗る予定だった「はやて」が11番線発車でよかったなと。

|

« 2009年秋の収穫~その7 | トップページ | 2009年秋の収穫~その9 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

工事レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009年秋の収穫~その8:

« 2009年秋の収穫~その7 | トップページ | 2009年秋の収穫~その9 »