« 賛否両論?~E5系デザイン発表~エクステリア編 | トップページ | E5系はやっぱり北陸には行かないようで・・・・・。 »

2009年2月 4日 (水)

賛否両論?~E5系デザイン発表~インテリアその他編

まずはお礼を言わせてください。昨日1日のアクセス件数が412

当blogの1日のアクセス数の新記録で、本日は既に昨日を上回るアクセス数です。

皆様、ご覧頂きまして、どうもありがとうございます。

さて、本日はE5系インテリアと、一部報道にある投入編成数及び投入先について述べてみましょう。

まずはインテリアから。

具現化できているかどうかは実車を見てみないと何とも言えませんが、

「ゆとり」「やさしさ」「あなたの」をキーワードにデザインし、自然色を基本に暖かで落ち着いた空間を演出したとのことです。

今回イメージ図が公開されたのは普通車グリーン車(スーパーグリーンは今回の資料には無し)。

普通車はシート色を奇数車・偶数車で分けるというのを踏襲し、ライトグレーの壁に広さを強調した柄のシート配置して「シックでモダンな客室空間」を演出。

グリーン車木目調壁に山並みと雲の連なりを表現する柄のシートで「高品質で優美な客室空間」としているとのこと。

イメージイラストを見ると、普通車は茶・赤系色の枕つきシートのようで、グリーン車は木目調色がメインになりそう。

イメージ図からだとちょっとわかりにくいんですが、普通車の照明はこれは直接照明でしょうか?私は直接照明の方が好きなので、そうだとうれしいですね。

ちなみに、間接照明の方が好きという方も少なくないでしょうが、造る側は車内が明るくなるように、直接照明を好む傾向にありそうです。ちょっとしたエピソードとして、300系は天井裏に照明器具を詰め込むスペースが無いために間接照明を採用するという苦肉の策を採り、「それなりにムードがある」ということで勘弁してもらったという話があります。

グリーン車の雰囲気は、木の中にいるのか?と思わされますね(←適当な冗談ですが)。照明は、直接・間接のどっちかが分かりにくいですが、スポット照明も追加で付けられるんでしょうか?

まあイメージ図は所詮イメージ図。じっくり実車の登場を待ちましょう

次に、一部報道で出ている「59編成」というE5系の投入編成数と投入先

某掲示板などでさまざまな推測が出されていますが、E5系はフル規格車両ということを念頭において投入先を予測してみると、

200系E1系E2系0番台J編成(10両編成)、E4系の大多数E2系1000番台の古いものを置き換え東北・上越新幹線の次世代主力車両となるという、もっともオーソドックスな予測をしてます。

一部では北陸新幹線乗り入れを予想する意見もありますが、私はE5系関連の情報には30‰連続勾配区間走行と電源複周波数に対応しているというものが一切無いなどの現状から、北陸は専用の別形式を開発すると考えます。これについては後日また記事にしてみましょう。

もしこの59という投入編成数が本当ならば、このE5系という車両は、高速化から放置されていた新幹線にとっても、やっとまともに高速化する可能性を感じさせる車両と思いますよ。

※写真はただ今選んでます。しばしお待ちを・・・

注:2009年2月7日、以下を加筆。

お待たせいたしました、写真アップです。今回は荒川橋梁・高田高架橋の第16弾、平成19年1月撮影分です。

H1901b_3 H1901b_4 H1901b_5

これまで3枚はいずれも旧県道27号交差部より少し移動した位置から荒川橋梁他工区を中心に撮りました。左が新青森方面、右が七戸(仮称)・八戸方面です。

1枚目の県道との交差部に架道橋が掛けられている他、3枚目では荒川橋梁が望めます。

H1901b_6 ←で、その荒川橋梁を拡大。

右が七戸(仮称)・八戸方面で、架線柱が数本立っている部分は船岡高架橋部です。

H1901b_7 H1901b_8

この2枚はいずれも本線の北側に移動して撮ったもの。左は荒川橋梁をアップで撮ってます。右は少しだけ新青森方面へ回転。

|

« 賛否両論?~E5系デザイン発表~エクステリア編 | トップページ | E5系はやっぱり北陸には行かないようで・・・・・。 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賛否両論?~E5系デザイン発表~インテリアその他編:

« 賛否両論?~E5系デザイン発表~エクステリア編 | トップページ | E5系はやっぱり北陸には行かないようで・・・・・。 »