« 番外編 ~交通安全!!! | トップページ | どっちを選ぶ? »

2009年1月28日 (水)

青森駅多機能化と新幹線対浅虫温泉アクセス

今日はちゃんと新幹線関係のネタやります(笑)

さっきWeb東奥で確認したんですが、24日付けの記事をテーマにしましょう。

津島雄二代議士がパーティーで、青森駅の高機能化・多目的利用化構想が動き出していることを明らかにしたそうです。行政機関の窓口設置などが検討の中心になりそうとのこと。

津島代議士は、「行政機関の窓口設置案」「新青森から浅虫温泉へのアクセスを追加料金無しでとる方法」などの振興策に触れたそうですが・・・・・・・。

う~ん、行政機能については何と言いますか、オーソドックスな案という気がしますね。「かつて操車場跡地(現:青い森セントラルパーク)利用構想案の1つであった、老朽化した市役所の移転の話はどうなったんだ?」などの突っ込みどころもあります。

新青森-浅虫温泉アクセスについては、追加料金無しだと正直言って青い森鉄道にとって自殺行為ですね。運賃収入を確保したい青い森鉄道にとっては全く逆の結果を招きかねない案で個人的には反対です。ただ新青森-青森(JR奥羽線)と青森-浅虫温泉(青い森鉄道)の運賃ををまるっきり別計算にしてしまうとそれはそれで敬遠されてしまうので、譲歩案としてトクトクきっぷの充実で、ある程度カバーはして欲しいところ。

理性的な料金設定だけでなく、新青森-浅虫温泉の直接アクセス(青森駅を経由しないもの)も積極的に考えて欲しいですね。

前にも述べましたが、

奥羽・津軽線⇔東北線(青い森鉄道)を短絡する、いわゆる「奥羽貨物線」

を使ってのものです。これが上手くできれば新青森-浅虫温泉間は20分掛からないようにすることも可能です

料金が安くても、クルマより遅すぎるとお話にならないので、浅虫温泉にとってはこれが出来るか出来ないかで結構変わってくると思います。

私はこれについては前に述べた通り、青森駅の対面乗り換えで安く済ませる、という最も現実的な予想を立ててますが、せっかく敷かれている線路を有効活用する方法を積極的に考えてもらいたいものです。

さて本日は、長くなってきましたね~、荒川橋梁・高田高架橋の第12弾。全て平成18年9月のものです。

H1809t_2 ←旧県道27号との交差部から望遠で。

奥に細越トンネルが見えますが、このときはトンネル側の高架橋や路盤がまだつながりが悪かったです。

H1809_2 ←県道44号スカイブリッジアクセス部から。

荒川橋梁部が写るようにとったものです。奥にモヤヒルズや八甲田山が見えますね。このときは構図を全く意識しなかったので、高圧鉄塔が八甲田山にカブってしまってます。しかし走行する車両を撮るとすると、もう少し撮影位置をずらせばいい写真が撮れそうです。

H1809_3 H1809_4

(↑)位置は同じく県道44号スカイブリッジアクセス部から。

高田高架橋をメインに撮ってます。左写真は鉄塔から少し新青森寄りを撮り、右写真は新青森側に少しだけ回転。

H1809_5 H1809_6

(↑)これらも位置は同じ。

左写真は更に新青森側に回転。 県道のガードレールが見えてきました。で更に更に新青森側に回転して、県道との交差部が写ってきたのが右写真です。

|

« 番外編 ~交通安全!!! | トップページ | どっちを選ぶ? »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青森駅多機能化と新幹線対浅虫温泉アクセス:

« 番外編 ~交通安全!!! | トップページ | どっちを選ぶ? »