« 青森駅多機能化と新幹線対浅虫温泉アクセス | トップページ | 早いうちに乗っちゃう? »

2009年1月29日 (木)

どっちを選ぶ?

七戸(仮称)駅の駅名のお話。

昨日の東奥日報の報道によると、七戸町の福士町長がJR東日本盛岡支社へ七戸町の「七戸」案上十三広域市町村圏協議会の「七戸十和田」案2案を提示したそうです。経緯は当blogでも追ってきましたので説明は省略しますが、双方の意地の張り合いのレベルになってくると議論しても平行線のままどちらかが歩み寄れるとは思えないので、やはり第3者かつ駅名の最終決定権を持つJR東日本に決断を委ねざるを得ないでしょう。

そういえばJRが1つの新幹線駅名を決めるとき、必ずしも1案に絞り込まれて地元から提示された案を検討したわけではないんですね。今まで知らなかったんですが、つい先ほどアップされたばかりのデ-リー東北の記事によると「いわて沼宮内」はJRが3案(他は「岩手みちのく高原」と「いわて安比八幡平」の2案)を提示されてそこから決めたとか。このあたりで現地が揉めたという話は知りませんけどね。

さあ、これで七戸も駅名問題は地元での議論の手を離れたわけですから、JRの決定に対して執拗にゴネるようなことが起きないよう願いたいものです。

写真は荒川橋梁・高田高架橋の第13弾。平成18年9月のもので、全て県道44号のスカイブリッジアクセス道部からです。写っているのは全て高田高架橋で右が新青森方面、左が七戸(仮称)・八戸方面。

H1809 H1809_2

まず上2枚。合成して1枚にまとめても良かったかもです。左写真のど真ん中の草と防雪柵の陰に写っているのは、私の相棒です。このまんまでも車種が分からないだろうということでそのまんま載せてみましたが、これで分かったアナタはエライ

H1809_4 H1809_5

(↑)上2枚は少し新青森方面に回転、右写真は更に拡大をさせてます。

H1809_6←高田高架橋の工区終点辺り

右端がちょうどその工区終了あたりになります。県道44号(青森変電所そば)との交差部あたりですね。

|

« 青森駅多機能化と新幹線対浅虫温泉アクセス | トップページ | 早いうちに乗っちゃう? »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どっちを選ぶ?:

« 青森駅多機能化と新幹線対浅虫温泉アクセス | トップページ | 早いうちに乗っちゃう? »