« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »

2008年8月31日 - 2008年9月6日

2008年9月 6日 (土)

今、埋めてます。

前回お話した、柴山トンネルについての話です。

当初はどの工法を使っているかわかりませんでした。最近になってこのトンネルは「NATM(ナトム-New Austrian Tunneling Method)工法」と「開削工法」との2工法の組み合わせで造られたというのがやっとわかりました(笑)

NATM工法とは掘削した部分を素早く吹き付けコンクリートで固め、ロックボルトを岩盤奥深くまで打ち込んで地山自体の保持力を利用する工法で、現在の山岳トンネルの主流となっています。開削(オープンカット)工法とは、地表面を掘り下げてトンネルの構造物を構築して後で埋め戻す工法で、地表面から浅いトンネルに多用されるそうです。かつては地下鉄でよく使われた他、もちろん今でもよく使われています。最近の身近な一例を挙げると、昨年開通した首都高中央環状新宿線西新宿JCT -熊野町JCTのインターチェンジ部など。ここでも使われたとの話です。

最初は完成後の姿がどうなるのかが本当にわかりませんでした。まあNATM工法をつかってるとは思ってはいましたが・・・。しかし改めて振り返ってみるとなかなか面白い。「トンネルは掘って造るもの」とばかり思っていた私にとってけっこう新鮮でしたね。もちろん今はいろいろな工法があると、それなりに勉強しましたが・・・。

以下に載せた写真は、手持ちのものから開削工法で変わる現地の様子をお分かりいただけるように選んでみたものです。

これは(↓)昨年1月の様子。奥に見えるのは柴山トンネルの八戸側坑口になる部分と館野トンネル。このときは何を造ってるかわかりませんでしたね(笑)

071tt

同じ位置から七戸(仮称)・新青森方面を望む。NATM工法部の坑口です。

071tt_2

これ(↓)は昨年5月の様子。NATM坑口部のほぼ真上から八戸方面を望んだもの。

075t

少し拡大したのがこちら(↓)奥からトンネル構造物が延びてきています。

075t_2

これ(↓)は昨年10月。現地へ着いたのが日没くらいだったので暗いです(泣)

079

同じ位置から七戸(仮称)・新青森方向を望む。トンネル構造物がほとんど繋がってます。

079t

昨年12月末のカット(↓)。同10月とだいたい同じ位置から。

0712

こちら(↓)も同様、上と同じ位置から七戸(仮称)・新青森方面

0712_2

そしてこちら(↓)が今年5月。埋め戻し作業中です。埋め戻された部分から八戸方面を望んでいます。

085

次回行くとひょっとして構造物が全部埋まってて、どこがトンネルなのかわからないかもしれないな・・・。そのときは野生の勘で探してみます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

次は何を見ようか・・・。

またまた更新が滞ってしまいました。すみません・・・。

さて、前回お知らせした通り、次回の現場撮影の日程がほぼ決まりました。そこでふと考えた。今回は何に注目しようかと。

今までは兎にも角にも明かり区間を全部撮ることばかり意識を向けたので、正直、そういうことを考えていませんでした。しかし今回、もちろん明かり区間を可能な限り全部撮るつもりですが、当blogを開設後に初めて本格的な撮影活動をするので、4ヶ月前と比べて何が変わったのか皆さんに説明できるようになっておいたほうが良いかと・・・。

あ、決して先月頭は手を抜いたわけじゃないっすよ(笑)

そこでちょっと自分なりに整理してみた。

まず、全体的な話で、電化工事・軌道工事の進み具合、次に三本木原トンネル-砂土路川橋梁-牛鍵トンネル区間と下田錦ヶ丘トンネル新青森側坑口付近の路盤工事がどのように完成しているか、あとは柴山トンネル八戸側坑口付近の様子、大まかに言うとこの3点ですね。

柴山トンネルについてはちょっと面白いので、次回に数枚の写真をつけて説明しましょう。

本日は、5月撮影の写真に戻って・・・

837

下田錦ヶ丘トンネル八戸側坑口付近からズームを効かせて八戸方面を望む。奥に行くに従い、阿光坊高架橋、奥入瀬川橋梁、本村高架橋、明土高架橋、下田赤坂高架橋(一部正式名称ではないかも)と続きます。五戸トンネルまでほとんど一直線!上下へうねる勾配がありますが、奥入瀬川橋梁がその勾配の手前にあります。惜しむらくは天気が・・・。空気が綺麗だと、五戸トンネルまで見えるかと思います。次回行くときはここの空気が綺麗でありますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月17日 - 2008年8月23日 | トップページ | 2008年9月14日 - 2008年9月20日 »