« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »

2008年6月29日 - 2008年7月5日

2008年7月 3日 (木)

クルマはどうする?

私は今、関東住まいです。言うなれば「関東人の皮を被った青森人」です。当然現場の撮影にしょっちゅう行けるはずは無く、だいたい4ヶ月ごとに帰省するたびに撮影してます。

いつも迷うのは、「帰省を新幹線とクルマ、どっちでするか?」ですね。新幹線の工事現場写真をテーマにしたblogをつくってるくせにクルマの運転もこれまた好きなんですわ。私の頼れる相棒を連れて行くもよし、現地でレンタカーを借りるもよし・・・。

でもレンタカー使うとあまりいいことがない。自分が間抜けなせいもありますが、NOC(ノン・オペレーション・チャージ=休業保障)を同じ会社に2回払ってますね(笑)

1回目は余計な親切心で洗車機でクルマを洗車してアンテナを折ったため、もう1回は最近(5月初旬)のことで、早朝に現地に向かうべくクルマを走らせていたところいきなりデカイ音と共にフロントガラスにヒビが!!!どっかから変なものでも飛んできたのかな?・・・正直に報告してNOC支払いました(泣)どうも私は借り物のクルマをなぜか壊してしまう質のようです。(←笑い事じゃないって?)

さて、本日はこちら

717_3

砂土路川橋梁と牛鍵トンネルです。写真には写りませんが、この位置から逆を向くと三本木原トンネルがあります。しかし、この付近結構直線が長い!牛鍵トンネル、うっすらと出口が見えます。

ちなみに牛鍵トンネル、掘削中に陥没事故を起こしたことは記憶に新しいと思いますが、現在の現地は何事も無かったように復旧されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

トンネルは多いけれど・・・

更新が滞ってしまってすみません(謝)

さて、今回は前回、前々回にご紹介した路線概要をご覧になって、トンネルが多いと車窓を心配する方がいらっしゃると思うので、実際はどんな感じになりそうか考えてみます。

結論から言って、意外に車窓が楽しめると思います。もちろん個人の感覚しだいですが。

その理由ですがこの区間、トンネルの割合は高いものの、トンネル箇所が割と部分部分に集中しているからです。明かり区間(トンネル以外の区間)で長めのものを挙げてみると、五戸トンネル-奥入瀬川橋梁-下田錦ヶ丘トンネル間は約4km、赤平トンネル-七戸(仮称)駅-八甲田トンネルに至っては約8km、さらに青森市内では松森トンネル-細越トンネル間でも約4kmあります。盛岡-八戸間はトンネル間の明かり区間は1km未満がほとんどということですが、それに比べるとよさそうな気がします。

車窓のポイントは月並みながら奥入瀬川(見えるかどうかが不安・・・)と八甲田山。ただし、青森市内は八甲田山が見にくそうなカーブを描くので、厳しいかも。

さて今回は、昨年あたりに自分が発見し、最近ついに某新聞社に撮影場所を嗅ぎ付けられてしまった(笑)カットを。

細越トンネル新青森側坑口からすこし西側にズレた位置から新青森方面を望む。(5月初旬撮影)

ズーム無しだとこんな感じですが、

339_2

ズームを効かせると・・・、

343

こんな感じになります。

晴れて空気が綺麗だと、車両基地あたりも見ることができ、新青森駅に発着する列車ももちろん捕らえることが出来ます。開業したら撮り鉄ポイントの1つになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月22日 - 2008年6月28日 | トップページ | 2008年7月6日 - 2008年7月12日 »