« 一応の決着から一夜明けて・・・・ | トップページ | 新在共用デジタルATCについて考えてみる »

2008年12月20日 (土)

北海道に延びても大宮に停まる?

12/19日、JR東日本から09年3月のダイヤ改正概要が発表されました。

http://www.jreast.co.jp/press/2008/20081216.pdf

この中の新幹線関連の内容については、

「夕時間帯の『仙台はやて』新設」と「朝・夕時間帯における停車駅の見直し」

という骨子のようですが、当blogで注目するのは、やはり・・・・

はやて・こまち2号大宮新規停車→はやて・こまち全列車の大宮停車化

です。

はやて2号はご承知のように八戸-東京間の上り最速列車(2時間56分)ですが、肝心のはやて・こまち2号の八戸・秋田-東京間の所要時間は、プレスでは何故か東京着時刻を記載しておらず、現時点では現状のままとするかどうかは不明です。しかし、東京発-(上野通過)-大宮発の時間は24分(大宮停車時間1分含む)掛かりますから、所要時間が1~2分延びることになる可能性が大かと思われます。

今回の改正で、アクセス拠点としての大宮の重要性がさらに少し強調されたと感じますね。また、新青森開業予定まで2年を切っているこのタイミングでこの情報を出すということは、新青森開業後、さらに北海道新幹線新函館開業後の最速列車も大宮に停車させる可能性を感じさせます。

実は東京西郊へのアクセスが便利だったり、神奈川県などに行くには湘南新宿ラインに乗り換えるルートの方が早く行けたりなどで、大宮駅はJR東日本にとって重要な新幹線アクセス拠点駅ということのようです。

一部では、最速達のイメージ形成のために通過させるべきという意見も根強いんですが、しかしその最速達でもなるべく多くの乗客にとって便利でなければ意味が無い。今回のはやて・こまち2号の件はそれが感じられます。北海道へ新幹線が延びても、なるべく多くの乗客にとって便利な停車パターンを組んでくるでしょう。大宮停車もこの検討課題の1つと思います。

本日は、荒川橋梁・高田高架橋の第5弾。前回と同じく平成17年8月撮影のもの。

H1708_6 H1708_7

左:県道44号、青森変電所そばより。七戸・八戸方面を望む。右は工事用フェンスの金網越しに。

こっちは・・・

H1708_8 H1708_9

左:県道44号から高台になっている部分に、少しだけ新青森側へ移動した位置から。少しだけ工区を見下ろせます。

右:同じ位置から新青森方面を望む。地面に隠れて見えませんが、奥に細越トンネルがあります。

|

« 一応の決着から一夜明けて・・・・ | トップページ | 新在共用デジタルATCについて考えてみる »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

ダイヤ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道に延びても大宮に停まる?:

« 一応の決着から一夜明けて・・・・ | トップページ | 新在共用デジタルATCについて考えてみる »