« ここにきてケンカですかい? | トップページ | エクストラドーズド橋って、どんな橋なの? »

2008年11月16日 (日)

内環状線は、実は超重要な道路。

ほう、起工式やりましたか。

11月14日、青森市石江地区で都市計画道・内環状線、「新青森跨道橋」の起工式が行われました。長さ約65メートル、幅約27メートル、事業費は約38億円で、JR東日本が工事を施行するとのこと。

現地は三内地区の青森ダ○ハツ本社が角地になっている交差点から北進し、マ○ダドライビングスクールの用地を突っ切って、その奥にある奥羽線を潜るという構造を採ります。ここが新青森跨道橋。さらに北進するとフェリ-埠頭通り交差点(ガーラタウン近く)に至ります。これがいわゆる内環状線の「石江工区」ってヤツです。

ここで「内環状線」全体について解説。

http://www.city.aomori.aomori.jp/toshi/math031.html←青森市HP、まちづくりのページ

(当blog、いろんな地域の方にご覧いただいてますので、一応市役所HPリンク貼っときます。)

経路は東側から環状7号バイパスと交差点をなし、赤川を渡って自由が丘→浜館→古館→筒井地区を通り、堤川(荒川)を渡って浜田地区へ入ります。

国道103号(観光通り)を横切ると緑・青葉地区の境を通り、通称・金沢小学校通り→浪館前田地区からカーブを描いて三内地区へ入り、三内小学校をかすめた後、既完成区間の三内工区と工事中の石江工区に至り、国道7号西バイパスを横切ってフェリー埠頭へ至ります(いわゆるフェリー埠頭通り)。

内環状線とはJR線と国道7号環状バイパスのだいたい中間を、住宅地を突っ切るように通る環状道路ですが、このうちの完成区間は自由が丘⇔古舘と観光通り⇔金沢小学校通りへの接続部、三内工区、フェリー埠頭通りです(金沢小学校通りも一応その内環状線の一部ですが、手直し工事が必要との話なので、ここでは未完成扱いにしました)。

私見を述べさせていただきますが、内環状線は対新幹線アクセス道路としては、最も重要な道路です。特に操車場跡地近くから西側のJR線から南側に位置する住宅街にとっては、この道路の存在は大きいものになるでしょう。

何故なら、路線バスを含むクルマ以外にアクセス手段が無く、新青森駅との距離が近いのにクルマへの依存度がどうしても高くなるからです。

操車場跡地近くになると、鉄道でのアクセスという選択肢も出てくるんですが、金沢・大野・浪館などの地区からだとモロにクルマしか使い物にならなくなります。

どうも青森市の新幹線・新青森関連の都市計画を見ると、「国道7号を通らないといけないの?」と思わされるくらい、一部で旧来の中心市街地からの道路アクセスにこだわりすぎのものがあり、住宅街からのアクセスを蔑ろにしている感があります。

別に全ての人間が旧来の市街地に住んでるわけじゃないですよね?しかも利用者の多くは、自宅から新幹線に乗りに新青森へ直接行ってしまうと思うんだけどな・・・。

ど~してそういう頭、回らないかな?(爆)

今日は国道7号架道橋・沖館川橋梁の第3弾。

H1809b H1809b_2 H1809_4

この3枚はいずれも平成18年9月撮影。

左から-三内霊園入口交差点より市道を少し東側に寄ると新幹線はこの市道とも交差しますが、そこから七戸(仮称)・八戸方面を望む。

中-沖館川左岸沿いの道路から。高架橋を含め、エクストラドーズド橋の橋脚を造ってます。

右-国道7号環環状バイパス東北道青森IC傍から。こっちもエクストラドーズド橋の橋脚を造ってます。

次に、

H1901b H1901 H1901_2

こっちは平成19年1月の様子。

左-沖館川左岸沿いの道路から。橋桁が張り出し始めています。

中-国道7号環状7号東北道青森ICそばから。このときはイイ感じでアップで取れましたね(笑)

右-同じ位置から七戸(仮称)・八戸方面の高架橋の様子をとらえる。

さらに次に、

H1905 H1905_2 H1905_3

平成19年5月の様子。

左-沖館川左岸沿いの道路から。上に載せた写真から少し本線に近づいた位置からのもの。

中・右-前回と同じ位置から。張り出し部が国道上に迫り、結構迫力がありました(笑)

|

« ここにきてケンカですかい? | トップページ | エクストラドーズド橋って、どんな橋なの? »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 内環状線は、実は超重要な道路。:

« ここにきてケンカですかい? | トップページ | エクストラドーズド橋って、どんな橋なの? »