« 七戸十和田って、長い? | トップページ | 新青森駅内の設計を語る その1 »

2008年11月26日 (水)

北海道新幹線も一応着々と・・・。

一部で新函館以北が来年度着工出来そうだという情報が出始めている中、粛々と工事が進む北海道新幹線新青森-新函館間・・・。

今回のテーマはかすかなものながら入手した、北海道新幹線の現況、青森県側についての情報です。

まずはこちら。

http://www.town.sotogahama.lg.jp/blog/sb.cgi?cid=11(外ヶ浜町公式ブログ)

定期的に行っている現場パトロールの様子のブログですが、館沢トンネルがもうすぐ貫通の見込みである他、津軽蓬田トンネル本格着工に向けての準備は、9月30日付け記事で私が述べた状況に引き続き行われているようです。

明かり区間の工事の方も、11月中に鉄道・運輸機構により「瀬戸子高架橋外」(1728m)と「奥内高架橋外」(1836m)の詳細設計の入札告示が出されました。

この記事を書く前に鉄道・運輸機構の入札・契約情報を頼りにざっと確認してみましたが、「六枚橋川橋梁外」や「野木和架道橋外設計検討」など、以前から準備が行われていると思われるものもあります。

目立たないところで本格工事に向けて、現場の方は一生懸命がんばってらっしゃるようですよ。

本日は天間館路盤他工区の第3弾。場所は前2回の記事と同じく、中部上北広域農道との交差部で、平成18年9月撮影。

H1809_2 H1809_4 H1809_5

このときはモロに雨に当たりましたね。傘を差しながら写真を撮ったのを覚えてます。

左から、本線軌道中心部より七戸(仮称)・八戸方面を望む。

真ん中は、本線南側に移動して道路との交差部を捉えたもの。本線はパワーショベルがある場所と、右に移る建設中の跨線橋の一番手前の橋脚の、さらに手前側を交差します。結構斜めになって交差するんですよ。

右はまた本線軌道中心部より新青森方面を望む。雨のせいであまりよく見えませんが、奥に写る八甲田トンネル七戸(仮称)側坑口付近では、レール敷設を行っていたようです。

|

« 七戸十和田って、長い? | トップページ | 新青森駅内の設計を語る その1 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道新幹線も一応着々と・・・。:

« 七戸十和田って、長い? | トップページ | 新青森駅内の設計を語る その1 »