« 地元案はやっぱりこんなもんか。 | トップページ | たぶんこういう使い方なんだろうな? »

2008年11月 9日 (日)

見たかった新青森駅内部のイメージ図

青森市のHP「くるぞ新幹線!活かすぞチャンス!~東北新幹線新青森駅開業に向けて~」が更新されましたね。(めんどくさいので、以下は「青森市特集ページ」と表記します。)

http://www.city.aomori.aomori.jp/shinkansen/shinkansen.html

変更内容は、新青森駅舎デザインのイメージ図更新、今年9月現在の工事進捗状況の写真が追加されたことです。イメージ図の中には駅内部のものが幾つかありますが、こういうの、早く見たかったんですよ(笑)

イメージ図は特集ページトップ(クリックすると画像がランダムに変わるようになっているもの)と「新青森駅舎デザイン」ページにありますが、注目は南北連絡通路のイメージ図2階コンコースイメージ図3階新幹線ホームイメージ図ですね。特にホームのイメージ図は母親が子どもを抱っこして一緒に新幹線を見ているのが描かれていて、微笑ましさでちょっと顔がほころんでしまいました(笑)

工事進捗状況の写真は、車両基地内のシーサスポイントが写ってるものが特に注目かなあ。実はこれが勾配無しで新青森方に延びている「行き止まり高架橋」の使い方の秘密でしょう。

「行き止まり高架橋」については次回、勝手に想像してみた使用例を1つ上げてみます。

さあ、今日も松森架道橋ですが、少し写真の枚数を多めに・・・。

H185 ←平成18年5月撮影の七戸(仮称)・八戸方面。奥は松森トンネル。

このときは、高架橋の橋脚が組まれている真っ最中でしたね。

H185_2 ←同じく新青森方面。

木の伐採が進み、整地もされてきました。工事用フェンスは何かと言うと・・・。

H189bt ←平成18年9月撮影。七戸(仮称)・八戸方面。

奥に写る高架橋の形が現れ、手前側にさらに高架橋の基礎が組まれています。

H189bt_4 ←これが松森架道橋橋脚。七戸(仮称)・八戸側のもの。

あれ?まさか新幹線とあろうものが、道路と平面交差するわけじゃないよな?と思っていたら・・・。

H189bt_2←少し南側(南部工業団地)へ寄った位置から

左が新青森方面、右が七戸(仮称)・八戸方面です。

H189bt_3 ←上の写真の拡大

重機が何やら作業中。道路を掘り下げています。というわけで、道路の方を掘り下げて立体交差させようということですね。

H189bt_5 ←こっちも松森架道橋橋脚

こちらは新青森側の橋脚です。さっきの工事用フェンスの部分。実はこの橋脚を造ってたんですね。手前に写る鉄板は、上の写真の道路掘り下げ部分。

平成19年1月の写真は、立ち入り禁止となっていたため撮影できず、ありません。

しかし、その結果・・・

H195b ←平成19年5月撮影。

しっかりと架道橋が架かっていました。道路の掘り下げはまだ途中でしたね。右側に注目。

あれじゃあどんなクルマも潜れません(笑)

|

« 地元案はやっぱりこんなもんか。 | トップページ | たぶんこういう使い方なんだろうな? »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見たかった新青森駅内部のイメージ図:

« 地元案はやっぱりこんなもんか。 | トップページ | たぶんこういう使い方なんだろうな? »