« SENSとは何ぞや? | トップページ | これってもしかして・・・・・・。 »

2008年10月 3日 (金)

収穫の秋!! その7

1回分飛びましたが、再び先日の撮影の成果に戻ります。

今回、初めて撮影出来た箇所が1箇所あります。

牛鍵トンネル-川去川橋梁-有野部トンネル(八戸方より)、いわゆる川去川橋梁他工区です。

ここの工区は八戸-新青森間の土木工事のうち一番最後に着工された工区で、八戸側より牛鍵トンネル→大浦山高架橋→川去川橋梁→有野部高架橋→有野部トンネルで構成されています。

これを書く前にざっと調べたところ、ここは腐植土層や固結度の低い砂質土及び粘性土が深く堆積した軟弱地盤で、さらに被圧地下水位が高いところとのことです。現地の地盤改良されていない部分を歩いたときに妙に土が軟らかい気がしたんですが、そのせいなんでしょうかね?

今までは牛鍵トンネル工区の取り付け道路からしかこの工区を見ることが出来ず、川去川橋梁本体を捉えられませんでした。しかし今回は立ち入り禁止が解除された状態で作業員の方もいらっしゃらなかったので、撮影が成功したという次第です。

川去川橋梁と川去川を実際見ての素直な感想は、思ったよりも・・・

この川、小っちゃ!!!!

とまあこのように立ち入り禁止が解除され、今まで見ることが出来なかったところも見られるようになって来ています。

このような感じで現地の自然を肌で感じたり、細かい新発見が出来るのが、こういう活動の面白いところです。

写真は牛鍵トンネルから回転しながら有野部トンネルまで。

778 ←大浦山高架橋と牛鍵トンネル七戸(仮称)・新青森側坑口

777←上の写真から回転して、大浦山高架橋をもう1枚。

776 ←さらに回転して、大浦山高架橋をさらにもう1枚。

773 ←これが川去川と川去川橋梁

772_2←有野部トンネルと有野部高架橋、そして川去川橋梁

さて、次回は新青森駅について ちょっと気になる情報が・・・。それをご紹介しますが、賛否両論巻き起こる気がします。

|

« SENSとは何ぞや? | トップページ | これってもしかして・・・・・・。 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

工事レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 収穫の秋!! その7:

« SENSとは何ぞや? | トップページ | これってもしかして・・・・・・。 »