« 何で今なの? | トップページ | 八戸-新青森間の概要 その1 »

2008年6月14日 (土)

撮影時の心得

いきなりちょっと更新が滞ってしまいましたね。

さて、今回もどうでもいいお話かもしれませんが、私が撮影時に心がけていることをお伝えしましょう。

工事現場を撮影すること自体、不振人物扱いされてしまいがちです。工事関係者や近隣住民の冷たい視線を浴びるのはしょうがないとして(笑)、私なりの心得を以下に書いてみました。これから北海道新幹線の撮影等に挑戦したいという方に対しても、少しは参考になるかもしれません。

撮影時の心得

①出来るだけ短時間で

②私有地と確実にわかっている所や立ち入り禁止場所には入らない。

実際は「気がついたら私有地に入っちゃってました(エヘ」ということも結構あります。怒られたら素直に謝りましょう。そしてモロ私有地感が出ている写真は公開せずに、美しき思い出としてとっておきましょう(笑)

③他人に迷惑を掛けないようにする。

特に撮影時に使用する車の駐車場所に最大限の注意を払うこと。「メンド癖ぇ」などと横着せずに、付近の交通の障害にならない駐車場所を確保しましょう。たま~に橋の頂上付近にクルマを停めて工事の様子をご覧になってた方がいらっしゃいましたが、あれは実はかなり危険なことです。絶対に止めましょう。

④出来るだけ逆光で撮らない

今度はいきなり撮影そのものについてですが、私が見た中で多かった失敗写真は、モロ逆光で、何を写しているのかが分からない写真でした。この手のものを逆光でとってしまうと肝心なところが真っ黒になって写らないので、出来るだけ順光で撮りましょう。

さて、本日ご紹介した心得の象徴となるような写真を1枚。これは5月初旬に青森スカイブリッジ上から撮った写真です。手前が新青森方面、奥が七戸方面です。この付近は既に軌道工事が終わってるようですね。

379_2

ほぼ1年前の昨年5月の様子はこちら

B07_2

ちょうどこの付近の軌道工事が始まったばかりでした。

実はここ、付近に駐車スペースが無いので、1人で撮影に来ることは決してお奨めできません。

|

« 何で今なの? | トップページ | 八戸-新青森間の概要 その1 »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

総合」カテゴリの記事

コメント

青森の地を離れて久しい私ですが
いつも青森のことを気にかけてます。

とりわけ新幹線は
県民の長年の悲願ですので
2010年の新青森開通を
とても楽しみにしています。

でも、なかなか工事の進捗が
自分ではわからないので
このようなブログで
工事写真を見られるのは嬉しいです。

工事現場の撮影は
大変なことが多いと思いますが
陰ながら応援しますので
更新頑張ってください!

投稿: とも☆ | 2008年6月17日 (火) 22時47分

ありがとうございます。
前にも書きましたが、八戸-新青森間の土木工事はほぼ完了しています。
今後は電気・軌道・駅舎の工事の進捗状況は更新、土木に関しては過去への振り返りが中心になってしまいそうですが、今後も応援よろしくお願いします。

投稿: 青湘遊郎 | 2008年6月18日 (水) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 撮影時の心得:

« 何で今なの? | トップページ | 八戸-新青森間の概要 その1 »