« 八戸-新青森間の概要 その2 | トップページ | クルマはどうする? »

2008年6月29日 (日)

トンネルは多いけれど・・・

更新が滞ってしまってすみません(謝)

さて、今回は前回、前々回にご紹介した路線概要をご覧になって、トンネルが多いと車窓を心配する方がいらっしゃると思うので、実際はどんな感じになりそうか考えてみます。

結論から言って、意外に車窓が楽しめると思います。もちろん個人の感覚しだいですが。

その理由ですがこの区間、トンネルの割合は高いものの、トンネル箇所が割と部分部分に集中しているからです。明かり区間(トンネル以外の区間)で長めのものを挙げてみると、五戸トンネル-奥入瀬川橋梁-下田錦ヶ丘トンネル間は約4km、赤平トンネル-七戸(仮称)駅-八甲田トンネルに至っては約8km、さらに青森市内では松森トンネル-細越トンネル間でも約4kmあります。盛岡-八戸間はトンネル間の明かり区間は1km未満がほとんどということですが、それに比べるとよさそうな気がします。

車窓のポイントは月並みながら奥入瀬川(見えるかどうかが不安・・・)と八甲田山。ただし、青森市内は八甲田山が見にくそうなカーブを描くので、厳しいかも。

さて今回は、昨年あたりに自分が発見し、最近ついに某新聞社に撮影場所を嗅ぎ付けられてしまった(笑)カットを。

細越トンネル新青森側坑口からすこし西側にズレた位置から新青森方面を望む。(5月初旬撮影)

ズーム無しだとこんな感じですが、

339_2

ズームを効かせると・・・、

343

こんな感じになります。

晴れて空気が綺麗だと、車両基地あたりも見ることができ、新青森駅に発着する列車ももちろん捕らえることが出来ます。開業したら撮り鉄ポイントの1つになりそうです。

|

« 八戸-新青森間の概要 その2 | トップページ | クルマはどうする? »

趣味」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トンネルは多いけれど・・・:

« 八戸-新青森間の概要 その2 | トップページ | クルマはどうする? »