2018年10月 8日 (月)

今更ながら、プレスの内容について述べてみる~新幹線試験車両 ALFA-X

完全に話題に乗り遅れていますが、新幹線ネタのうちで好みのものなので、触れないわけにはいきません。

ALFA-Xのデザイン発表についてです。

http://www.jreast.co.jp/press/2018/20181003.pdf

これを見たうえで私個人の感想を・・・。

1号車はE5系の15mより1m長いだけにしていますが、前照灯は連結器面よりも下の位置に収めているのが特徴ですね。
ボディの造形はE5系のものをベースにエッジを効かせた、という印象です。

ふと思ったんですが、降雪地帯を爆走する新幹線車両の前照灯の位置、あんなに低くていいの?あ、台車の前につけるからいいのか?

10号車は、先頭部20m座席列3列ですか(笑)
かなり思い切ってると思わされます。前照灯の位置はE6系と雰囲気が似ていますが、私はE2系やE5・H5系の前照灯の位置はあまり好みではないのでちょっと安心。

共通する特徴として、1号車と10号車ともに、連結面側のドアを省略している、というのがあると思います。号車定員そのものが少ないのでドアの部分を削り、先頭形状の延長に充てたんでしょう。これは量産系列に反映してもいいような気がします。
ただ、10号車はともかく、1号車のXのラインの付け所、もうちょっと何とかならんのですか?

また、乗務員室扉の個所はN700系以上に先頭形状に食ってきており、乗務員はちょっと手を伸ばしてドアを開けることになるんでしょうね。

屋根の部分を見ると、空力抵抗版ユニットを千鳥配置しており、さらに抵抗版の開閉方向も逆にしています。なんとなくの想像ですが、これは故障への対策なんでしょうか?気になるのは客室内のスペースにどれだけ食ってくるかですね。

台車モニタリング装置については、JR西日本所属のN700系で重大インシデントをやらかしたからというわけでもないんでしょうが、これはこれから新規製造する新幹線には標準装備させてもいいんじゃないでしょうか?

動揺防止制御装置と上下制振装置、車体傾斜装置については、E5系の空気ばねだけによるものではおそらく制振しきれないという判断でしょう、縦方向にダンパーがやはり付けられるようです。

パンタグラフは2種類、ヒンジが露出しているものとカバー内に入れるものですが、JR総研(鉄道総合技術研究所)で研究開発中で論文を出している、「多孔質材の貼付」ってやらないんでしょうかね?

プレスに載ったすべての項目について述べているわけではないですが、登場が楽しみです。ミニ新幹線バージョンの車両(E957形?)の登場の有無も含め、引き続き期待しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月10日 (月)

積極性が無いのは感心しないが、造ってもあまり意味がない~羽越新幹線

久しぶりの記事です。

先日の話ですが、羽越新幹線に関しての報道を久しぶりに見たなあ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180909-00000004-webtoo-l02

山形県と秋田県がはりきっているのに比べ、青森県は北海道新幹線青函共用区間の高速化が最優先だ、などとして慎重姿勢だとか。あれだけ新幹線を欲しがっていた青森県民のはずなのに、情けなくなってきます

しかし、そうはいっても私、羽越新幹線を積極的に造れ、とするのは反対です。

理由は

1:第2青函トンネルでもない限り、結局は北海道新幹線に乗り入れできない
2:現時点でも秋田-青森の旅客流動が無さすぎる
3:新青森にどうやって乗り入れるのかが疑問

というものです。

羽越新幹線と奥羽新幹線ついては、羽越本線やミニ新幹線の災害対策の抜本的な方法として建設が考えられていくのではないか、と考えてみていますが、どちらも秋田止まりにしておいたら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

ALFA-X、やっぱりミニ仕様も造る?っていうか造っちゃいましょうよ!

今日も仕事が休み~ではありますが、資料を作らねばならず、ついでにネットをダラダラ見ていると・・・。

https://toyokeizai.net/articles/-/233036

こ~んな記事が。

内容的には既視感が漂っていますが、注目点はJR東日本の川野副社長が新在直通用ALFA-Xの製造を検討している旨の発言をしていることです。

そりゃそうでしょう。速達列車が欲しいのは、秋田方面だって同じですからね。

まあマジメな話、技術的にも新在直通用車両に求められる性能は、高速性能と曲線通過性能という、相反する性能をいかに両立させるかで決定づけられる、というのがE955形の試験結果で明らかになっており、E955形から10年以上経って今度はどうか、というのは実車を使わないとわからないでしょう。

また、騒音対策についても、フル規格車両より新在直通用車両の方が難しいので、この点でも研究された技術がどれだけ使い物になるか、の検証はやっぱり必要です。

そういうわけで、私は新在直通用ALFA-X、実に楽しみにしています。

早いところ正式発表してくれないかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«何でもかんでも地下化で解決!ってわけでもない~北海道新幹線札樽トンネル記事から考える