2019年10月14日 (月)

JR東日本の新幹線が水に浸かるリスクが高いのは、長野だけ!

昨日長野新幹線車両センターの浸水について述べましたが、今日はその続きです。

今日ニュースを見てみると結構水が引けたようで、半身浴状態だった車両の姿がハッキリ見えるようになってきました。とりあえずはよかったよかった。

一部報道では留置されていた10編成、ヘタしたら全部廃車じゃないか、という予測もありますが、仮に修繕をするとしても全般検査に匹敵する、あるいはそれ以上の規模での修繕となるでしょうね。私が昨日、白山や仙台に移動云々言ったのはこのためですが、電気・電子機器系はすべて交換でしょうし、かろうじて台車が使えるかどうか、台車も全てバラしてなどなど、考えるだけで気が遠くなりかけました。JR西日本の2015年度有価証券報告書によると、120両(10編成分)の製造費が約328億円との情報があることから、修繕費が1両あたり2億円程度かかってしまうようなら、解体費用のことも考えると、廃車にしてしまった方が早そうです。

長野新幹線車両センターは、ハザードマップで見ると氾濫流で家屋倒壊の恐れがあるとされているし、想定最大規模降雨(流域全体で2日間で396mm)にて10~20m未満の洪水による浸水の深さが予測されている場所に立地しています。
https://www.city.nagano.nagano.jp/uploaded/attachment/330477.pdf

さて、じゃあ他地域はどうなんだ?ちょっと調べてみましょう。
まずは当blogにとって最もゆかりのある青森(盛岡新幹線車両センター青森派出所)から。

https://www.city.aomori.aomori.jp/koen-kasen/anzen-kinkyu/bousai-syoubou/documents/04_2_shinjo_amatanai.pdf
https://www.city.aomori.aomori.jp/kikikanri/anzen-kinkyu/bousai-syoubou/documents/tsunamihaza-domaptyuuou.pdf

盛岡新幹線車両センター青森派出所は標高5mいくかいかないかの場所に立地はしていますが、3.8~5.9m盛土がされていますので、基本的にはほぼ大丈夫と言っていいでしょう。

次に仙台新幹線車両センター(正確には宮城県宮城郡利府町、仙台市宮城野区、多賀城市)。ハザードマップに目を通した感じでは、こちらは砂押川が氾濫した場合で洪水は3m未満とのことですが、もともと3~5m盛土してあるので大丈夫でしょう

盛岡新幹線車両センター那須塩原電留線小山新幹線車両センターはまあ大丈夫、東京新幹線車両センターも一応大丈夫と、ハザードマップに目を通した限りではそうなってます。

結論としては、長野新幹線車両センターは今回のような洪水・河川(千曲川)の氾濫による車両センター水没のリスクと隣り合わせである、ということですね。
JR東日本は、また千曲川に氾濫されるとたまったもんじゃないでしょうから、千曲川の氾濫が予測されるほどの豪雨が起きた場合は、長野車両センターに車両の留置は絶対にやらないようにするため、長野、上越妙高、富山、金沢の各駅や、白山車両基地の滞泊あたりといった予防策を考えることになるでしょう

ちなみに、JR東海鳥飼車両基地は、付近の河川が氾濫すると周辺地区が最大5m程度水没するとされているので、ちょっとピンチになるかもしれませんね。

| | コメント (3)

2019年10月13日 (日)

北陸新幹線長野新幹線車両センター水没に思う。

朝起きて、ニュースに目を通したら絶句しました。

https://twitter.com/i/status/1183143411928449026 (NHKニュース) 

台風19号による大雨で千曲川の堤防が決壊、長野新幹線車両センターが水没しました。

動画上では留置されているのは7編成ですが、報道では10編成とありますので、検修庫内などに他に3編成置かれていたということでしょうか?

いずれにしろフル規格新幹線の車両基地が水没するというのは、驚きの一言。何しろ10編成被災したということですから、当面の間北陸新幹線は大幅本数減は不可避でしょう。年末年始までに復活できるか、いや、無理し過ぎてもらいたくもないような・・・・。

長野新幹線車両センターは着発収容線が11線、仕業交番検査線3線、車両研削線1線、臨時修繕線1線という設備ですが、どうやってこの車両を修繕するのかは注目です。私個人の勝手な予測ですが、恐らくこの設備規模では被災した車両を修理しきれないでしょう。そうなると被災した全編成ではなくとも、白山(石川県)にしろ仙台(宮城県)にしろ、被災車両を移動させるだけでも大変そうです。

こうまで被害が出ると、車両基地の立地などに問題はなかったのかというご意見は出るでしょう。

北陸新幹線高崎―長野間が着工されたのは1989(平成元)年で、当時は過大設備とされていた東北新幹線上野―盛岡間と上越新幹線の反省に立ち、コスト低減をするという考え方と、異常気象による災害予測の考え方が現在ほど成熟していなかったという状況で、しかもここに車両基地を置く計画をしたのはJR東日本ではなく、日本鉄道建設公団(現・鉄道建設・運輸施設整備支援機構)す。ともあれ、さすがに結果論で責めるのは酷でしょう。 

ところで、長野新幹線車両センターは千曲川の近くにありますが、同じ大きい川の近くにあるという車両基地としては、東海道新幹線の鳥飼車両基地が淀川の近く、名古屋車両所が庄内川の近くにと、いったところ。特に淀川は川面よりも車両基地の位置が低いため、溢水したら結構ヤバい。「想定外の災害」が多くなってきた昨今、今後はJRがどう判断するかはわかりませんが、車両基地の水没対策、考える時期が来たんじゃないでしょうか?

ともあれ、現地の皆様も含め、一刻も早く日常というものを取り戻していただけるよう、切に願っております。

| | コメント (1)

2019年8月25日 (日)

(番外編)ASKAよ、アンタ自分の立場、わかってんの?~ASKA、CHAGE and ASKAからの脱退表明

今日のテーマはCHAGE and ASKAについて。

昨日ASKAの「Made in ASKA 40年目のありったけ」のブルーレイを一通り見まして、本日はCHAGE and ASKAのデビュー記念日です。

正午過ぎにASKAがCHAGE and ASKAから脱退することを発表しました。

いやあ、LIVE DVD BOX4の予約発売が発表されたので、何かあると思ったらやっぱりこれだったか

まあ、これまでもソロばっかりやっていたので今更感が漂っており、たいして驚きゃしませんが、特徴的なのは今のところはASKAがCHAGEさんに通した話であるという雰囲気が無く、どうも一方的に発表した事象のようであるという点です。

雑ではありますが一応2009年2月時点でASKAは解散と考えていたところ、スタッフからの説得で「無期限活動休止」とし、そこから薬物事件を経て今に至る、というのが大まかな経緯です。

ASKAのブログを読んで一番引っかかったのは、CHAGEさんが弁護士を通じて「できれば二人で会いたい」としてきたのが気にくわなかった旨の話。

この話がホントのことであるという前提で、ここでASKAにひとこと言わせていただきます。

自惚れんなアホが!!!

なぜ私がこう言うか。

ASKAは罪を犯しているため、コンビに関する話は慎重に行う必要があると思われます。コンプライアス(法令遵守)がうるさい時代、かつ連絡先を知らない相手にコンタクトをとることにおいて、CHAGEさんのこの対応はごく常識的ではないでしょうか?そもそも、弁護士を介していたとしても、相方からこういった声がかかるだけでもありがたい話のはず。

え?なに??大事なことだから弁護士要らない???

アンタにそんなこと偉そうに言う権利があると思ってんの?

あいつのことは嫌いではない?

もう一度言うけど、アンタにそんなこと偉そうに言う権利があると思ってんの?

普通の人間であったら、自分からCHAGEさんサイドの弁護士に声をかけてCHAGEさんに深く深くお詫びをする、そのうえで活動について語り合うっていう過程を踏むでしょう。ASKAは本来こういう行動をとっていられなければいけない立場ですが、その普通が分からんようです。

ここで私のCHAGEさんへの願望を言いますが、仮にASKAとコンタクトをとる場合は、これまで通り弁護士を介することを徹底してほしいですね。

さて、皆さんお気づきでしょうか?

私がこの記事でASKAに敬称をつけず、CHAGEさんに敬称をつけていることを。

ハッキリ言います。

私は今のASKAの音楽・作品は認めても、人間性は認めてません。むしろ軽蔑してます。

ASKAに敬称をつけないのは、そういうことです。

うーん、こういう人、結構多いんじゃないですかね?

| | コメント (0)

«貨物列車をやめて高速化じゃあ本末転倒もいいところ!!しかもその話をすぐひっくり返すとは!!~北海道新幹線 青函共用区間の高速化問題