2017年8月19日 (土)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その14

小田急線登戸駅1番線徘徊シリーズ第14回目です。
写真はすべて8/13撮影のもの。

意味は全くありませんが、今回は駅外から。
Img_0550
Img_0551_2
まあ、前回に比べて変わってないかな?

上りホーム向ヶ丘遊園方から。
Img_0555 Img_0556 Img_0557

おや?
ということでズーム。
Img_0553 Img_0554
やっぱり継ぎ足した高架橋の床面にコンクリート打設されたようです。

下りホーム向ヶ丘遊園側の端より。
Img_0560
ここを見るとコンクリート打設したのがよくわかります。

さて、軌道工事は、
Img_0561
あれ?レールが無い!!!

新宿方を見てみても、
Img_0564 Img_0566
無い!!

下りホーム新宿方端より新宿方面を撮影。
Img_0567 Img_0569 Img_0570
あ、ここにありましたね。

よく見ると、縦方向の道床に横ズレ防止用(?)の台座コンクリートが打たれています。
何度がレールを敷いたり外したりしてますが、こういった作業が理由でしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その13

小田急線登戸駅1番線徘徊シリーズ、13回目です。
写真撮影日はすべて8/6です。

上りホームから。
Img_0507 Img_0508
下りホームは少し新宿寄りにズレるかたちになるため、仮設ホームの基礎部もそれに即した構造に変えられている最中です。
前見た時よりもさらに違和感があるような・・・・・。

今回はここも注目!
Img_0509
ホーム基礎部の一部が取り壊され、真新しい鉄骨が組まれていました。
ちょうどここは追加の降車専用改札口が造られる位置です。

ところで、駅の外では土地区画整理事業も実施中ですが、その中での工事用看板に「ボックスカルバートを設置しています」という工事看板がありましたが・・・、
Img_0510 Img_0512
今までいまいち正体をつかめなかったところ、上りホームをブラブラ歩いていたらやっと発見できました。

上りホーム向ヶ丘遊園方の端から。まあいつもの位置からのカットです。
Img_0516 Img_0515 Img_0514 Img_0513
レールやポイントよりもむしろ高架橋の方に変化が見えました。

一旦駅外へ出て、
Img_0537 Img_0538 Img_0542 Img_0540
1番線のさらに外側(写真で言うと手前側)に新しく鉄骨などが組まれていました。
既存の外壁側(右側)がしっかりした構造、左側は簡素な造りにしているようですが、右側は恐らく外壁を継ぎ足し、左(向ヶ丘遊園方)側は防音壁程度に収めでもするんでしょうか?

さて下りホームへ上がり、向ヶ丘遊園方を撮影。
Img_0518 Img_0519
床面がコンクリート打設用に養生されていた他、ホーム基礎用鉄筋部分は既にコンクリートが打たれていました。

ちょっとホームの基礎柱の位置がわかりやすいように
Img_0520 Img_0521
こんな感じで撮ってみました。

また、駅舎外壁については、
Img_0523
いかにも支障する建物を避けてます的な造りになっています(笑)

軌道に関しては、
Img_0524
これ(↑)は向ヶ丘遊園方。

新宿方はこんな感じ。
Img_0525 Img_0527 Img_0528 Img_0529 Img_0531

今回注目したいのはここ。
Img_0549
よ~く見ると、既存のホームから軌道側に鉄骨がはみ出ています。
設計ミスか?と早合点することなかれ。
何度か言ってきましたが、今回の1番線新設では当初設計より軌道の位置が高架橋の外側にズラされています。
このためホームも外側(軌道側)に継ぎ足さないとならなくなったわけですね。

下りホームの新宿方。
Img_0535 Img_0536
ほとんど軌道がつながっているように見えますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月27日 (木)

小田急線登戸駅1番線新設工事を見るために徘徊する~その12

小田線登戸駅1番線徘徊シリーズの第12回です。

今回は7/22撮影分。

上りホームから撮影。
Img_0486 Img_0485 Img_0483
レール部の分岐器ポイント工事がちょっと進んでました。

また、高架橋でまだ桁が無かった部分も、
Img_0487
しっかり造られ、コンクリートが打たれていました。

一旦改札外へ。
Img_0488 Img_0492
ちょっとすっきり?

さて、下りホームの向ヶ丘遊園方は、
Img_0498 Img_0497 Img_0495 Img_0496
こーんな感じに。
新設桁部ものぞけるほか、ホームの脚用にコンクリートが打たれる直前の様でしたね。

ところで、前にも述べましたが、今のところ新設高架橋のPC桁と既設駅舎の路盤の幅が合わないので、とくにレールが載る部分が大丈夫かをチェックするべく何度か確認してみていましたが、
Img_0499 Img_0502
やっぱり大丈夫。
レールは、しっかりとしたPC桁上に載るようになっています。

しかし、新宿方に行くと、
Img_0503 Img_0504 Img_0505 Img_0506
何故かこうなっていました。
一旦レールが外されていたんですよね。

まあ前回などをよく見ると、レールがラダー軌道に金具で固定はされていませんでしたが。
それと、かなり古いラダー軌道(未使用)も混じっていましたね。
新旧どういう使い分けをするんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«JR九州さん、佐賀県の地元負担分、代わりに払いますか?~JR九州FGT導入断念